ワキガに悩むあなたへ!原因と対処法!

ワキガに悩むあなたへ!原因と対処法!脇の臭いに悩む方は多いものの、その原因や対処法などを知らない方も多い。

今回はワキガのメカニズムや治療法、対策などをご紹介しよう。

【ワキガの原因】

まずワキガの原因だが、それを伝えるためには汗腺の種類を説明しなければならない。

私達の脇の下には3つの分泌腺がある。
その3つとはエクリン汗腺、皮脂腺、アポクリン汗腺だ。
それぞれの仕組みとして、エクリン汗腺は運動した時や暑い時にかく汗を分泌する。
ここから出る汗は99%の水分と1%の塩分で構成されているため、さらっとした汗になる。
このエクリン汗腺からの汗は無臭だが、汗ではなく油脂成分が分泌される皮脂腺との関係が深く、皮脂腺から分泌される油脂成分を取り込むと汗臭さの原因になる。
さて、問題となるワキガだが、これはアポクリン汗腺が関係している。
ここから出る汗は脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどで構成され、粘り気のある汗になる。
アポクリン腺から出る汗も無臭だが、皮膚にある常在菌と合わさって分解されることで、エクリン汗腺からの汗による汗臭さとは違う、ワキガ特有の臭いの発生原因となる。

つまりワキガの原因は汗だけでなく、汗と皮膚の常在菌にあるのだ。
治療や対策をする上で、この仕組みを知っているのと知らないのとでは大きな違いが出てくる。
ワキガの原因、その仕組みをを踏まえた上で、この後の項目では治療や対策、セルフチェックの方法など、ワキガ改善に役立つと思われる情報をいくつかお伝えしていきたいと思う。

【ワキガの治療】

ワキガに悩む方のほとんどは、どうにかしたいと思われているだろう。
この項目ではワキガの治療法をお伝えしていこう。

ワキガの治療として、一般的には手術でアポクリン腺を取り除く方法が取られている。
先程お伝えしたように、アポクリン腺から出る汗が常在菌と合わさって分解される際に臭いが発生するため、その大元であるアポクリン腺を取り除くことで、ワキガの根本的な治療になるのだ。
ワキガの治療に関しては、個人差があるとされているが、基本的には手術以外では治らない。
と言うのもワキガに悩まされている方の多くはアポクリン腺が多いからだ。
臭いを抑える対策は出来ても、根本であるアポクリン腺をどうにか出来なければ、治るということはないのだ。

今では家庭用の紫外線治療機なども多く販売されているが、これは刺激を与えることで一時的にアポクリン腺からの汗の分泌を抑える効果があるとされているもので、これでは根本の治療にはならず、ワキガの治療としては効果が期待出来ない。
また、汗の臭いを抑えるデオドラント剤も対策としては有効だが、一時的に臭いを抑えるだけに過ぎないため、治療としては効果がない。

ワキガの治療をされた方の中にはレーザー治療をされた方もちらほらいらっしゃるようだが、一般的にワキガは手術でしか治らないと言われていることを再度お伝えしておく。

【ワキガの手術】

さて、先程治療に関する項目で”手術でしか治らないと言われている”と書いたが、今度の項目ではその手術にフォーカスを当て、ポイントや注意点をお伝えしよう。

まずポイントとして、手術は片側ずつ行うのがベストだということをお伝えしておきたい。
何故かと言えば、経験豊富な腕の良い医師であっても、片側だけで最低1時間はかかってしまう。
つまり、両脇を同時に行うことで汗腺を取り残しやすくなってしまうのだ。
また、手術後最低3日間は脇を動かさない方が良いとされているが、両脇同時に行うことで両腕が使えなくなってしまい、仕事や勉強も含め、日常生活に支障が出てしまうことも理由として挙げられる。

そして何よりも伝えたいことは、ワキガの手術は健康保険が適用されるということだ。
保険適用と聞いて安心された方もいらっしゃるかと思う。
ワキガの手術に必要なものは高額な治療費ではなく、医師の知識や経験、技術、そして十分な手術時間だということを覚えておいて頂きたい。

予め、かかる病院の口コミなどをインターネットで検索したり、或いは病院に問い合わせてみるなど、どのような病院であるかをある程度であっても手術前に知っておくと、安心なのではないかと思う。

【ワキガの自覚がない人】

ワキガの方の中で、その自覚がない方はどのくらいいらっしゃるのだろう。
実は約8割もの方が自覚がないと言われている。
徐々に発生し、徐々に悪化していくため、他の人には不快な臭いであっても、自分では気が付かないことも多い。
つまり、”自分の臭い”であることが、気付きを阻む壁になってしまっているのだ。

ここまでお読み頂いて「もしかしたら自分も…」と不安に思われた方もいらっしゃると思う。
家族や友人など、周りの人が教えてくれれば良いのだが、中々伝えにくい内容であることも事実だ。
出来れば自分で気付きたいものだが、先程お伝えしたように自分では気が付けない。

そこで、臭いではなく別の視点からワキガをチェックして行きたいと思う。

セルフチェックとしては
▽耳垢が湿っている。
これは耳の中のアポクリン腺が多いことが考えられる。

▽両親や兄弟にワキガの人がいる。
ワキガは遺伝的要素が大きいとされていて、両親のどちらかがワキガだと50%、両親のどちらもがワキガだと80%もの確率で子供がワキガになると言われている程だ。

▽脇毛や体毛が濃い。
体毛、特に脇毛が多い人はアポクリン腺も多い傾向にあると言われている。

▽服の脇が汗で黄ばむ。
アポクリン腺から出る汗によって出来る汗じみは通常の汗じみよりも黄ばむ傾向がある。
そのため、服の脇が汗で黄ばむようなことがあれば、ワキガの可能性は高いと言えるだろう。

しかしながら、これらはあくまでセルフチェック、目安であるため、100%とは言えない。
不安であれば、病院で診察してもらうことを薦める。

【ワキガの対策】

さて、ワキガの治療法に関しては先程お伝えした通りだが、治療とまでいかなくとも、とりあえず一時的にでもワキガを抑えたいと思われている方もいらっしゃるだろう。
最後の項目では、ワキガの対策と題して、今までお伝えしてきたことを振り返りながら、一時的な対策法をお伝えしたい。

▽汗をかいたらすぐに拭く。
最初にお伝えしたように、汗そのものが臭うのではなく、アポクリン腺からの汗が皮膚の常在菌と合わさって分解される時に臭いが発生するため、汗をかいたらタオルやウェットティッシュなどですぐに拭くことが効果的だ。
この時、デオドラント剤を併用することでより大きな効果が得られる。
アポクリン腺から出る汗も、それ自体は無臭のため、すぐに拭き取ることで、分解されて臭いが発生する前に取り除くことで、ワキガ特有の臭いを防ぐことに繋がる。

▽入浴はシャワーだけではなく湯船に浸かる。
ワキガに悩まされている方の中には、なるべく汗をかかないようにと入浴をシャワーだけで済ませてしまう方も多いが、暑さで出る汗はエクリン汗腺からのものであり、ワキガの原因となるアポクリン腺からのものではない。
しっかりと湯船に浸かることで、皮膚の常在菌を洗い流し、一時的にではあるが、臭いを抑えることが出来るとされている。

▽こまめに下着や肌着を取り替える。
エクリン汗腺や皮脂腺もそうだが、アポクリン腺も脇だけにあるのではなく耳や陰部などにもある。
顔や脇と違い、汗をかいていると感じにくく、けれども実際には汗をかいているということも多い。
それを下着や肌着が吸収しているため、可能であればこまめに取り替えることで、アポクリン腺からの汗を吸収した下着や肌着からの臭いを防ぐことが出来るのだ。

如何だろうか。後の2つはともかく、汗を拭き取るという対策は、外出先でも隙を見つけて行うことが出来るはずだ。

原因を知った上で対策や治療を行うことで、誤った選択をせずに済むこともあるだろう。
ワキガに悩まされている方には、正しい知識を持って自分の体と向かい合って頂きたい。

ワキガの改善はそこから始まるのだ。

そして、当サイトで一番おすすめの多汗症・手汗・ワキガを改善する方法は「スッキリサラサラ7Daysプログラム」です。リンク先の文章を読むと驚いてしまうかもしれません…。

多汗症・手汗・ワキガを改善プログラム