私の好きなもの

ワキガの臭いは迷惑

人生に一度や二度は「この人、ワキが臭い‥。」と思った事がありませんか?臭いは周囲の人のイメージを一瞬でマイナスにしてしまう場合もあるのでワキガの自覚が無いと周囲に迷惑を掛けてしまうかもしれません。そこで改善への道へと入って行く事は自分の人生を豊かで幸せなものにする事に繋がりますので少しずつ知識を付けていきましょう。

ワキガの原因

ワキガの原因は、体にある3つの腺が原因です。体にはアポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺があります。主にワキガの原因はアポクリン腺にありますが、この腺から出る汗は無臭です。そこに皮脂腺から出る皮脂が混ざったり、エクリン腺からも出る汗と混ざります。3つの液が混ざり、さらに脇にいる菌まで一緒に混ざってしまうとワキガになって臭い匂いを発生します。さらにワキにある毛が汗や皮脂をそこに留めます。また、菌まで留めてしまいます。そうなると、菌や汗、皮脂がそこにずっとある状態になり、ワキガの臭いを継続させてしまいます。だからワキガの人はずっと臭いのです。
ワキガが発生する主な原因はアポクリン腺です。ここから出る汗は、白っぽい色をしています。そのため、それが服につくと服が黄ばみます。ワキガの人はシャツのワキの部分が黄ばんでいると言われるのはこのためです。また、アポクリン腺やエクリン腺から出る汗、皮脂腺からでる皮脂は全て液体です。そのため、ワキガの人はシャツのワキの部分が湿っていると言われます。
アポクリン腺は、思春期を迎える頃に発達します。思春期の頃は部活動などで汗をかきやすい時期なので、余計にワキガが気になります。だからワキガで悩む人が多いのです。

ワキガの治療

ワキガの治療として、ワキ毛を脱毛してしまうという方法があります。「ワキガの原因」でも書いた通り、ワキガはワキ毛が汗や皮脂、雑菌を留めてしまっているから臭いが続くのです。つまり、ワキ毛がなかったら雑菌が住みにくい場所となります。また、ワキの汗や皮脂は流れてしまうため、臭いがしなくなります。実際にワキの脱毛をしたいという人は、ワキガを治療したいからという理由の人もいます。
また、脱毛までいかなくてもワキ毛をカミソリで除毛する方法もあります。この場合は、ワキの皮膚を傷つけないように注意しましょう。ワキは腕や足と違ってでこぼこしています。しかも目視ではワキをきちんと見る事ができません。そのため、除毛で傷つきやすい箇所なんです。除毛するならば、男性の髭剃り用シェーバーではなく、女性のムダ毛剃り用シェーバーを利用すると傷がつきにくくなります。また、除毛は肌が痛みやすいです。そのため、除毛後は保湿ローションなどを塗りましょう。
また、脱毛を経験するとワキに汗をかきやすくなると言います。これは、ワキ毛が汗を塞き止めていないからです。汗の量は脱毛前と変わりません。ワキ汗が気になるならば、こまめにワキを拭きましょう。また、ワキに汗取りパットを着けるといいです。

ワキガの手術

ワキガの手術は、ワキを切除して行われる事が多いです。そして、ワキガの原因であるアポクリン腺を取り除きます。その取り除き方は、医師や患者によって様々です。
ワキを切除したら目でアポクリン腺を確認してはさみで切る方法もあれば、吸引してその腺をとる方法もあります。また、ワキ毛が生えている皮膚自体をカットして取り除いてしまう手術もあります。他にも、特殊な器具を使ったりと色々とあります。
切除するのはやだな‥というならば、切除しないでワキガの手術をする事もできます。それは、電磁波で腺を焼いて破壊するという方法です。
手術するデメリットとしては、ワキガが再発する可能性もある事です。無くしてしまったアポクリン腺は、成長期の体だとまた発達する可能性があります。また、アポクリン腺はワキだけにあるものではありません。そのため、ワキが匂わなくなっても他の部分が臭いという場合があります。他の部分は、性器や乳首周りなどです。乳首周辺でワキガの臭いがすれば、ワキから臭うと周りの人には思われます。こういったデメリットについては、医師に相談しましょう。
ワキガは健康保険が効く手術です。そのため、もしも悩むようだったら早めに医師に相談するといいです。

ワキガの自覚が無い人

ワキガの自覚がない人はいます。誰だって、人生に一度や二度は「この人、ワキが臭い‥。」と思った事がありませんか?ワキガは自覚症状で気づく場合もありますが、他人から言われて初めてワキガを疑ったという場合もあるのです。
そもそも、人間には体臭があります。それはフェロモンとして、時に人を魅力する時代もありました。また、犬は飼い主の臭いをしきりに嗅ぎます。さらに乳飲み子は、母親の母乳の香りを区別できます。こういった事から、体臭は嫌がられるものではないのです。しかし、行き過ぎたワキガなどの体臭は人から嫌われる原因になります。
ワキガは、日本人よりも外国人の方が多いです。しかし、外国人よりも日本人の方がワキガを気にする人が多いです。つまり、日本人は臭いに敏感なんです。また、香水をつける人が外国人よりも少ないからワキガが気になる人が多いのです。
ワキガの自覚症状がなくても、ワキガかもしれない‥という人は結構います。しかし家族や、よっぽど親しい人じゃないと「ワキが臭いよっ!」とは言えません。だから、気づかない人が多いのです。そして、ワキガについての知識があまりないがためにワキガ予防をしたり、ワキガ対策を知らない人もいます。もしもワキが臭いけど、あまり気にしてなさそうな人がいたらさりげなく教えてあげると親切です。

ワキガ対策

ワキガについて分かったところで、ワキガの対策についてお話します。まず、ワキガの対策の前に自分がワキガかどうかをチェックしましょう。そのチェック項目が以下です。

耳垢が湿っている、洋服のワキの部分が黄ばんでいる、ベタベタした汗をよく書く、肉が大好きでよく食べる、股間が臭い、洋服がなんとなく臭い気がする。
なにか一つでも当てはまるものはありますか?もしも当てはまるものがあれば、ワキガかもしれません。
もしもワキガだった場合、制汗剤で臭いをいくらか防ぐ事ができます。制汗剤は、汗がでないようにしてくれるスプレーです。そのため、アポクリン腺から出る汗を抑えてくれます。しかし、制汗剤の作用は一日中ではありません。また、ワキガを治すわけではありません。そのため、一時的な処置として利用しましょう。夏の間だけ汗をかくなどの短期間の利用におすすめです。
そして、アルコールでワキを消毒するという方法もワキガ対策になります。アルコールで雑菌の繁殖を抑えれば、ワキガの臭いが減ります。それと同時に、ワキ毛の処理もするといいです。
また、アポクリン腺から出る汗を抑えるために、肉類をほどほどにするのもワキガ対策です。肉は、汗の量を増やす作用があります。欧米人にワキガが多いのは、このためだと言われます。
軽度のワキガならば、こういった対策で臭いを防ぐ事ができます。しかし、それでも治らなければ手術も検討しましょう。

そして、当サイトで一番おすすめの多汗症・手汗・ワキガを改善する方法は「スッキリサラサラ7Daysプログラム」です。リンク先の文章を読むと驚いてしまうかもしれません…。

多汗症・手汗・ワキガを改善プログラム

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。