子どもの頃に戻りたくなる。そんなきになる本とは「気になる子」のわらべうた クレヨンハウス (著:山下 直樹)

わらべ歌、それは子どもの頃に歌った思い出が詰まっています。

この本を読めばきっと、幼い頃の自分が脳裏に浮かんでくることでしょう。

・家庭でも歌えるきになる本

「気になる子」のわらべうた クレヨンハウス (著:山下 直樹)

「気になる子」のわらべうた

「気になる子」のわらべうた

山下 直樹
1,650円(09/30 02:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

・きになった理由とは

子どもの頃、わらべ歌を歌ったことのない人はいません。

この本は月刊クーヨンで連載されている『「気になる子」のためのわらべうた』が収められています。

お子さんがいたら一緒に歌ってほしい曲が沢山載っています。

コメント投稿(本文のみOK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)