B型肝炎訴訟とは

  • 2015年7月10日
  • 2015年8月21日
  • 未分類
  • 0件

実際、何故、こんな訴訟が起こったんでしょうか。
それから考えていく方がいいと思います。
というのも、たまたま対象がB型肝炎だったというだけでひょっとしたら、もっと別な病気になっていたのかもしれないからです。

そもそも、原因は注射器の使いまわしです。

結局、幼少時、大抵の人が集団予防接種を受けるんです。

その予防接種は昭和23年から昭和63年までの間の集団予防接種等になります。
そこで注射器が連続で使用した結果です。
そのせいでB型肝炎ウイルスに感染しまったというわけです。

B型肝炎の怖いところは発症しないキャリアという存在がいるからです。
なんでも、免役力の低い乳幼児にウイルスに感染すると体の中に抗体ができないのでウイルスがずっと体内で生き続けてしまうのです。

別に体内でウイルスを飼っているだけで発症しなかったら何も問題がないと思うかもしれません。
ところがウイルス保有者の一部には慢性的な肝臓病になる人もいるのです。

だから、集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染した人は大変です。

現在、発症しなくてもいつ発症するか判らないのです。

そこで集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染した被害者が国を相手に訴訟を起こしたのです。
そして救済対象に給付金を支給されます。

ただ、給付金を受け取るために国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起する必要があります。

B型肝炎でお悩みの方は最大で3,600万円の給付金を受け取れる可能性があることをご存知ですか?詳細をお読み下さい。
B型肝炎訴訟詳細はこちら