私のプラス思考を作り上げてくれた営業の仕事

私の事をプラス思考だと言ってくれる

私は自分がプラス思考の人間だと考えています。自分で言うのも何ですが確かにプラス思考ですね。 そもそも人生というは、時には大変な事もあります。それで心が折れそうになる事もたまにありますが、結局乗り越えていることが多かったですね。現に私の友人の多くは、口を揃えて私の事をプラス思考だと言ってくれます。

悲観的に捉える自分だったのに

ところでなぜ私がプラス思考なのかと言うと、実はそれは生まれつきのものではありません。以前の私は、どちらかと言えばマイナス思考だったと思います。人生の全てを悲観的に捉えるような人間だったのですね。 そのような私でしたが、ある時に営業職で働く事になりました。あれはなかなか良い経験だったと思います。

営業職というのは、正直我慢をしなければならない事も多々あります。上司から怒られてしまう事もありますし、お客様からお叱りを受けてしまうケースもしばしばありました。 それでも私は、そのお仕事を続けなければなりませんでした。どうすればお仕事を続けられるかを色々と模索している内に、だんだんとプラス思考が身についたのだと思います。

お叱りを受けることも度々ありますが、ある時から私はそれをあまり気にしないようになりました。むしろ叱られるのが当たり前と開き直ったのですね。それを覚えてから、だいぶ気が楽になりまた。 何もお叱りだけに限りません。あの営業職のお仕事は、私を色々と鍛えてくれたものだと思いますね。

その仕事を長く続けていると、知らず知らずにプラス思考が身についてしまうものなのです。 それを考慮すると、「営業職のメリット」とは「プラス思考が身につくもの」だとも思いますね。

くり返し、くり返し、トレーニングのように鍛えられていたんだと思うと営業職は良かったと思います。