認知療法や認知の歪みを修正する方法の自助(セルフヘルプ)について

認知療法の自助とはなんでしょうか。

それを説明するためには、まず認知療法がなにか知らなくてはなりません。

認知療法とは、抑うつや不安感などのこころの問題を改善する療法です。

よって、認知療法の自助とは、認知療法を自らおこなうことになります。

自助とは、セルフヘルプのことで、自分で自分を助けるということです。

認知療法をするのはなぜか。

言いようのない不安感があったり、うつ傾向がある。

そんなとき人は心療内科などに受診します。

しかし多くの場合、かんたんなカウンセリングと調剤の処方で終わります。

その後もそれの繰り返し、投薬が変わるだけで症状の改善はあてになりません。

これは問題に対する、治療が噛み合っていないからです。

薬ではなく、こころのありかたや考え方を修正すべきなのです。

その方法が認知療法であり、とくに自分でやることが効果的になります。

認知療法、そのやり方。

認知療法は、自分の今の考え方に対し、別の考えを用いて改善を図ります。

例えると、一つの正しいとされる考えに、別の考えを当てはめて考えるのです。

そのうえで正しいとされることに、疑問や他の考えがあることを認知してもらいます。

うつや不安感のある人は、どちらかといえば否定的思考に傾きがちです。

そこにこんな考え方もあるんですよ、と選択肢をもってもらう。

そうすることで心に柔軟性を作り上げ、自ら直していく。

それが認知療法の自助というやり方です。

具体的にはどうすればいい。

7つのコラム法というステップで自助をおこなっていきます。

紙とペンを用意し、書き込んでください。

まずは状況、何があなたに起きましたか。たとえば、友人と口論になったなど。

気持ち、今どんな気持ちでいるのでしょうか。 気まずい気分でいる。

3、自動思考。 どんな考えが浮かびましたか。自分は間違っていないとか。

4番目、根拠 その考えの裏付けはなんですか。むかし、経験したなど。

5つめは反証、反対の事実はありますか。過去に自分が間違っていた。

6、見方を変えて考えてみる。相手の立場や第三者の視点でかんがえる。

7、気分の変化。コラムをやってどんな気持ちに変化したか。

このコラム法を自ら行うことで思考の幅をひろげ、解決していくのです。

認知の歪みを修正するセルフヘルプ教材は「サヨナラ・モンスター」

認知の歪みを修正するセルフヘルプ教材は「サヨナラ・モンスター」です。

有名なフリー百科事典ウィキペディアの記事をお読み下さい。

 認知療法を対話形式で行うことができる書籍も出版されている。うつ病に対する『いやな気分よ、さようなら』や『フィーリングGoodハンドブック』がそうである。

認知トライアングルの「思考」「感情」「行動」の「感情」に働きかけながら「認知」を変える方法として公開されているものが、「サヨナラ・モンスター」である。

引用元:認知療法 – Wikipedia

このように、セルフヘルプ教材や書籍もあります。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)