セルフヘルプは自分で自分を助ける勇気ある選択!セルフヘルプ教材のサヨナラ・モンスターに取り組むと心の問題が減っていく!

セルフヘルプは自分で自分を助ける勇気ある選択!セルフヘルプ教材のサヨナラ・モンスターに取り組むと心の問題が減っていく!

サヨナラ・モンスターは、本当の自分を取り戻して恐怖も減らせる教材です。恐怖や自分を取り戻すと聞くと、カウンセラーに相談しなければいけない気がしますよね。しかし、サヨナラ・モンスターは自分で解決するのが目的です。それがセルフヘルプです。

セルフヘルプとは

セルフヘルプとは、専門家の助けなしで自分で自分の事を解決する事です。自己解決って事ですよね。日本語でセルフヘルプは自助と訳し、つまり、精神的な自立が出来ている人ほど「セルフヘルプ」をするのです。自分で自分を助ける勇気ある方法がセルプヘルプです。

 

セルフヘルプの歴史は古い

セルフヘルプは最近できた解決方法ではありません。江戸時代にはセルフヘルプの呼吸法がありましたし、1932年にドイツの精神科医によって自己催眠法が作られました。また、1950年~60年に自助グループが世界中で作られました。つまり、昔から「自分で自分を助ける勇気ある人たち」がいたということ。

自助グループとは心理的に障害などを持つ人やその家族が集まり、自分達で同じような悩みを持つ人達と繋がったグループです。専門的な医者や法人が経営するグループではなく、悩みを持つ人達が主体で動く組織です。専門家の力を借りることは良いですが、専門家の力借りずに自分でよくなれらた尚良いですよね。悩みを持つ人自らが動く事により、精神的な自立に近づく可能性があり、より大きな成長が期待できます。

そして、近年でもセルフヘルプの本や、良質な情報教材が出版されるなど、セルフヘルプは心や精神に問題を抱えた人が中心となり、そうではない人も、自己成長のために、活用されています。

セルフヘルプのメリットとデメリット

セルフヘルプのメリットは、自らが動く事で大きく成長できる点です。自分で自分を助ける、素晴らしいことです。自分を他人に助けさせようとしているうちは、まだまだ精神的な自立は出来ません。

自分で自分を助けるセルフヘルプのデメリットは、何でしょうか。今は思いつきません。自分で自分を助けることのデメリットは、ないのかもしれません。

サヨナラ・モンスターとは

サヨナラ・モンスターは、カウンセラーに頼らずにセルフヘルプするための教材です。読む文章と実践するツールで構成され、実践しながら心の変化を感じられます。

サヨナラ・モンスターによると、心の問題は未消化の感情と「まとまり」が作り出したものです。このまとまりがモンスターになり、恐怖を生み出している場合もあります(人によって全然違う)。未消化の感情とまとまりとは何か?というのは、サヨナラ・モンスターで取り組むにあたり、大事な部分です。それを知り、知ったつもりではなく理解を深め、自分が自分の親になる事で、問題を解決していくのです。

サヨナラ・モンスターは書く事でセルフヘルプ(自分で自分を助ける精神的な自立)をします。書く事は、様々な研究からわかっているようカタルシス効果など、プラス効果があります。自分の感情を吐き出す事で、吐き出せば解決への道筋が立ちます。ただ表面上の感情を吐き出すのではありません。それでは一時的なもので、あまり良い変化には繋がりにくいです。サヨナラモンスターの本質を理解するには、実際に大きな変化を身近らに起こした人だけが、深い理解が出来るようになります。

サヨナラ・モンスターを読むのも、書くのも、吐き出すのも自分です。それがサヨナラ・モンスターでセルフヘルプする方法の一部です。

信頼度抜群の、有名なフリー百科事典ウィキペディアからの引用文をお読み下さい。

心理的な問題の一部を自らで解決したものとして、公開されているものが「サヨナラ・モンスター」である。この方法は、認知トライアングルの「思考」「感情」「行動」のうち、「書くこと」を通して「感情」に働きかけながら「認知」を変えていく方法である。「感情」を入り口にして、新しい解釈や視点を手に入れて、深い部分の認知に働きかけて、認知の歪み10パターンの「マイナス化思考」を中心に働きかけていくセルフヘルプの方法である。うつ病の認知療法の創始者である精神科医アーロン・ベックの弟子であるデビッド・D・バーンズによれば、認知の歪みの10パターンのうち「マイナス化思考」が最もたちが悪いとされている。この最もたちが悪い「マイナス化思考」を自ら修正することで、心理的な問題の一部が解決されたとして公開されたのである。

引用元:セルフヘルプ – Wikipedia

サヨナラ・モンスターでセルフヘルプできる理由

サヨナラ・モンスターを実践した人の口コミはかなり良い声が多いのですが、なぜセルフヘルプできるのか?その理由は2つです。

まず、サヨナラ・モンスターを書いたのはメンタルケア心理士の資格を持っている人だからです。専門的な知識の上でセルフヘルプを実践できるため、全くの0からのスタートではありません。
ただ、専門的な知識の上でと言っても、難しい教材ではありません。誰にでも分かるような簡単な文章で書いてくれています。専門的な話でも、噛み砕いて話をしてくれているので非常に分かりやすいです。
セルフヘルプ関連の書籍は他にもありますが、見るからに難しそうな本もあります。しかし、サヨナラ・モンスターは誰でも取り組みやすいように制作されているので、普段から本を読まない人でも理解できます。

億単位を稼ぎ出す社長さんたちは、「情報教材は如何に簡単化出来るかが最も大切なポイントであり、簡単化出来る能力はとても高い」と仰っていました。サヨナラモンスターは、非常に高レベルな方法が、簡単化されている優れた情報教材です。

2つ目の理由は、実践できるからです。書籍だと読むだけの本もあると思います。また「こうやればセルフヘルプになる!」や「これがセルフヘルプだ!」と書いてあったとしても、書いてあるだけでそれを実践するかどうかは読み手次第です。
サヨナラ・モンスターは、実践ありきの教材です。ま実践する手順は細かく教えてくれていますし、気持ちの変化もきちんと書きだすことで、アウトプットも出来ますし、カタルシス効果も期待できます。自分の気持ちに気付きながら進めていけるので、セルフヘルプ(自分で自分を助ける素晴らしいこと)をしやすい教材です。

サヨナラ・モンスターの体験談

私は他人と関わるのが苦手で、言いたい事を言いづらい性格です。それが災いして嫌な仕事を押し付けられたり、モヤモヤした気持ちがずっと抜けない事がたくさんあります。そんな私が、サヨナラ・モンスターでセルフヘルプをしてきました。そして、気付いたことがあります。

1つ目の気付いた事は、嫌な事や自分の気持ちを書くのはセルフヘルプの大きな一歩になる事です。書く事はとても簡単で、文章になるので頭が整頓でき、目で文章を追えば客観的になります。音読をすれば脳の前頭前野が活性化します。自分で自分の嫌な事や負の感情を客観的に考えられるのです。そして客観的に考えると、今まで気付かなかった解決方法や自分の気持ちが分かります。自分が親になって、自分に教えてあげれるイメージです。

しかし、ただ書くだけでは文章にならなかったり、乱雑な文章で、最初は整頓できません。サヨナラ・モンスターが上手くリードして次に何を書けば良いか分かるため、文章が出やすいです。とても書きやすいです。

もう1つの気付いた事は、自分が嫌だと感じてしまう事はすぐに良く思えないことです。これは当然ですが、自分が嫌だと感じてしまう事を押し付けられてサヨナラ・モンスターでセルフヘルプしたつもりでも、次にまた同じ事をされたら嫌だと感じてしまうこともあります。それはこれまでの癖が強いからです。しかし、サヨナラ・モンスターで少しづつ嫌だと感じることへの見方を変えると、負の感情が自然と出てこなくなります。

その繰り返しがセルフヘルプで心の問題解決に続く道なんだなと思いました。心理学や精神学でセルフヘルプは活用され続けています。自分で解決する、その自信を少しづつ付けてくれるのが、サヨナラ・モンスターです。人は1人で生まれてきて1人で死にます。自分で自分の心を助けるセルフヘルプを身に着けることは、誰にとっても必要なことではないでしょうか。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)