従業員にやる気を出してもらう主な方法

従業員にやる気を出してもらう主な方法

何らかの活動を続けていますと、成果が実感できる事もあります。それでやる気が出てくるケースも多々あるのです。やる気を出してほしい時は、結果が一目で分かるようにしてみると良いでしょう。

漫然とした活動ではやる気が出ない

人によっては、なかなかやる気を出してくれない事があります。漫然と活動を続けているだけでは、やる気が出てこないケースも多いです。
例えば箱などを作る仕事を考えてみましょう。ひたすら箱を作り続けるだけでは、モチベーションが出てこない事もあるでしょう。忙しく箱を作るだけでは、毎日が退屈になってしまいます。
それでは生産効率も落ちてしまうでしょう。多くの企業は、その効率に関する悩みを抱えています。なかなか生産性が伸びてくれないので、現状の問題点を解決したいと思っている方も多いです。

成長を実感するとやる気が出る

ところが成果を実感できるようになると、だいぶ変わってくるケースもあります。
例えば、従業員に記録させるやり方があるのです。上記のように箱を作っているなら、3時間ごとの生産数などを自己申告させてみるやり方があるでしょう。
例えば20日の午前中の3時間は、10箱作る事ができました。その1週間後の27日の午前中は、3時間で13箱作る事ができたとします。従業員によっては、それだけでやる気を出してくれる事があるのです。
上記のように13箱は生産できている訳ですから、少なくとも1週間前よりは生産効率が伸びている事になります。13箱を生産した従業員としては、自分の成長を実感できている可能性があるでしょう。自分の成長をきっかけに、自然とやる気が出てくるという話はよくあるのです。
多くの企業が日報などを採用しているのも、そこに理由があります。日報という形で、日々の数字を記録させてみると、従業員は自分の成長を実感してくれる可能性もあるでしょう。ですから数字を記録させるのは、とても大切なのです。

ライバル意識によってやる気が出る

しかも会社では、従業員同士がライバル感を抱いてくれることがあります。従業員によっては、他の人物に負けたくないと思っている事もあるのです。ライバルに負けたくないという気持ちと思ってくれれば、自然と箱の生産数などを競い合ってくれる事もあります。
つまりライバル感は、やる気の源になる訳です。

やる気を創る心の技術(Amazon)

やる気を創る心の技術(infotop)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)