バストアップするには女性ホルモンが大切なんです。

バストアップするためには、バストがなにから出来ているか知る必要があります。
バストは乳腺と脂肪からできています。特に脂肪が占める割合が多く、なんと90パーセントも脂肪なんです。
しかし当然ながら、脂肪を増やす事は太る事を意味します。
そこで、バストアップするには乳腺に目をつければいいんです。
乳腺と女性ホルモンは深く関係しています。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌をよくすれば、バストアップに効果的なんです。
エストロゲンの分泌を良くするには、ボロンという成分が必要です。
ボロンはあまり聞きなれない言葉ですが、キャベツに多く含まれています。
また、イソフラボンという女性ホルモンと一緒の働きをする食べ物は豆類に多く含まれています。
さらにバストアップのためには乳製品も欠かせません。
乳製品はたんぱく質で、たんぱく質は体の組織を作る、栄養素の中でも大切なものなんです。
たんぱく質といえば肉や魚もそうです。
食べ物だけでバストがメキメキ大きくなるなんて事はあり得ませんが、食べ物はバストにとって大切なんです。バストアップのためのマッサージやエクササイズを取り入れながら、食べ物にも気を配るぐらいの気持ちでいいと思います。