3つのミネラルで糖尿病予防。血糖値を上げるホルモン5つ。 下げるホルモン1つ。

3つのミネラルで糖尿病予防。血糖値を上げるホルモン5つ。 下げるホルモン1つ。

3つのミネラルで糖尿病予防が期待出来る理由

米国の臨床実験で明らかになった3つのミネラルをしっかり摂ることで、
糖尿病の発症率4割も低下させて、インスリンの分泌を促進し血糖値を下げることが可能に!

詳細はこちら → 「ドクターズチョイス グルコサポート 120粒」
(もし数値が下がらなかったら返金してもらえます)

このサプリを摂取して食後の血糖値の変化やヘモグロビンA1Cの数値の変化を確かめてみて下さい。ご購入後90日以内でしたらどんな理由であっても返金してもらえます。返金保証制度があるので安心してお試し下さい。

天然由来原料を多く使用し、且つ添加物の使用は最小限
ドクターズチョイス グルコサポート 120粒

血糖値を下げるホルモン1つ

血糖値を下げるホルモンは、膵臓から分泌される”インスリン”ただ一つのみですが、【血糖値を上げるホルモン】は、5種類あります。

”インスリン”は、血液中にある食べた物の糖分を体の各細胞に届け、余った糖分は脂肪細胞に蓄えるという大変重要な働きをしており、分泌量が不足して十分に働かなくなると、血管の中の活性酸素が増えて、血管が老化、血管が破壊することもあります。

血糖値が上がり続けたまま放っておくと、網膜剥離、腎臓病、神経障害などの合併症が起こります。

血糖値を上げるホルモン5つ

甲状腺ホルモン><成長ホルモン><アドレナリン><コルチゾール><グルカゴン>の5つです。

血糖値が低すぎると(約70以下)、自律神経系統のダメージを受け、意識障害、動悸、不安などの症状が現れます。

グルカゴン>は、血糖値を上げる強力なホルモンです。膵臓から分泌され、”インスリン”に対抗しているホルモン、常にお互いのバランスが保たれています。

コルチゾール>は、腎臓の上あたりにある副腎皮質という組織から分泌され、強力な血糖値上昇力を持ったホルモンです。

アドレナリン>は、副腎の内側にある副腎髄質から分泌され、自律神経系統の機能をサポートしているホルモンです。

成長ホルモン>は、脳下垂体から分泌、肝臓に作用してグルコースを増やす働きをするホルモンです。

甲状腺ホルモン>は、甲状腺から分泌、甲状腺機能をサポートしています。

血糖値やヘモグロビンA1Cをしっかり下げる

血糖値やヘモグロビンA1Cをしっかり下げる「ドクターズチョイス グルコサポート 120粒」は数値が下がらなかったら返金してもらえます。臨床実験で明らかになった3つのミネラルをしっかり摂ることで、糖尿病の発症率を4割低下させて、インスリンの分泌を促進し血糖値を下げることが可能に! 詳細はグルコサポートのリンク先をご覧下さい。

血糖値測定器

米国Amazonでも高評価!
ACON社血糖値測定器本体セット無料キャンペーン
品質全米ベスト3! 10回測定分を無料で手に入れることが出来ます!(医療機関レベルの正確測定

管理栄養士監修の糖質制限御膳を宅配

糖尿病には血糖値コントロールが大切!管理栄養士監修の糖質制限御膳を宅配します。

関連記事

どのくらいの期間で血糖値を下げることができるのか?

血糖値を下げたい人!必見!血糖値の”上昇”を抑えるお茶ではない「ドクターズチョイス グルコティー」を実際に購入した人たちの口コミは?

 

コメント投稿(本文のみOK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)