お前で失敗しても皆が納得だと言って、サヨナラスクイズ成功

私が高校野球の監督をしていた頃、夏の県予選でサヨナラ勝ち出来る場面に遭遇しました。

ワンアウト、ランナー三塁で打席には9番打者が入ろうとしていました。

彼は、小柄な二塁手でキャプテンです。

今まで、バラバラだったチームを纏め、一回戦すら勝てないかもしれないと思ったチームをベスト4まで持ち上げて来た陰の立役者です。

チームメイトの信頼は厚く、誰からも頼りにされる心の頼どころでした。

緊張している彼を私は呼び、何があっても皆お前に感謝している。3球目にスクイズのサインを出すが、例え失敗しても誰もお前を責めない。皆感謝していると言って打席へ送り出しました。

結果、スクイズ成功でサヨナラ勝ちし、決勝戦も勝って私達は、初めての甲子園出場を果たすことが出来ました。