女性で足が臭い原因は?あなたは「もわっ」とする足が臭い人をどう思いますか?コメント投稿をしてみて下さい!

 

1.女性で足が臭い原因は?

「足の臭い」これは男女共通のものだと認識していましたが、どうも違う部分があるようです。確かに、男性でも女性でも外出先から帰ってくると足が臭くなっているのは当たり前の事です。では、男女では何が違うのか。

女性の場合は、男性と違い、足に「菌が繁殖しやすい」状態になりやすいのです。その菌が臭いの原因となっているのです。ではなぜ菌が繁殖しやすいか。それは通気性の悪いブーツ、ストッキングなどを装着している為です。

男性の足も臭い臭いと言われます。アニメのクレヨンしんちゃんなんかでは仕事帰りのパパの靴下が凄く臭うと良くネタにされています。ですが、女性だって男性と同等、もしくはそれ以上の臭いを秘めてる可能性が高いのです。

2.女性で足が臭い対策法は?

では、女性の足の臭いはどうにもならないのでしょうか?世の中には様々な消臭グッズなどがありますね。そういったグッズももちろん効果的ではあるんですが、そういったグッズなどよりも、足の臭いを元から断つ方法があるのです。そのポイントとなるのが「重曹」と「クエン酸」を組み合わせた足湯です。準備するのはさっき挙げた「重曹」「クエン酸」に「洗面器」と「お湯」をプラスして用意するだけ!ちなみに重曹とクエン酸は、スーパーやドラッグストア等で安価で購入できます。

やり方も簡単で、洗面器にお湯を張り、重曹とクエン酸を大さじ3杯ずつ入れて足湯をするだけです。とても足が臭いという人でも、この足湯を数日行っただけで、足の臭いが解消され、更にはクエン酸の働きでかかとの角質も取れるので、足の臭い対策にとてもおすすめです。

3.洗っても足が臭い原因は?

良く、丁寧に足を洗っているのに臭いがなかなか取れない時があります。それは何故か。まず、足が臭いを発する要因として、「汗」「角質」「皮脂」「垢」があります。

ですがこれらだけでは臭いを発する原因とはなりません。先程挙げた、ブーツ等で蒸れて足に溜まった雑菌が、これらを分解します。ここで生成されるのが「イソ吉草酸」と呼ばれるものです。このイソ吉草酸が発生すると、非常に不快で強い臭いを発します。更に、このイソ吉草酸は洗っても大変臭いが落ちにくいものなのです。これが足を洗ってもなかなか臭いが取れないと言われる所以です。

また、足を洗う際に、爪の中の汚れを軽視している人もいると思います。確かに洗いにくい場所ではありますが、放っておく事で爪の中の汚れからも悪臭が発生する原因にもなってしまいます。

4.足が臭い時に考えられる病気は?

足が臭いだけで病気とは考える事はあまりありませんが、もしかしたら…という場合もあります。次は足が臭い時にありえる病気を挙げていきたいと思います。

・水虫
水虫は白癬菌(はくせんきん)による感染症です。日本人の25%、女性に限って言えばなんと70%の人が感染しているであろうと言われるポピュラーな病気です。

水虫改善はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【定期購入】 爪水虫と水虫完治セット

・多汗症
多汗症とはその名の通り汗をたくさんかく症状です。本来は体温の調節に必要な分だけ汗が放出されますが、交感神経の働きが狂い、通常以上に汗をかいてしまうものです。たくさん汗をかくと、いつも以上に古い皮脂や角質が流れ出ますから、足に住む皮膚常在菌の栄養源が多い状態になります。つまり、多汗症でない人と比べて足の臭いの原因になりやすいのです。

・内蔵疾患
内蔵に何らかの異常がある場合に足の臭いの原因となる場合があります。ただ、先に挙げた水虫や多汗症は足が中心に臭う場合が多いのに対して、内蔵疾患の場合は体全体が臭う場合がほとんどです。内蔵の働きが弱くなると体内の免疫力が下がり、本来備わっている抗菌力が弱まった状態になります。
従って、足の臭いの原因となる菌が繁殖しやすく、足の臭いの原因になるという事になります。

成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ

5.足が臭いと水虫について

足が臭いと水虫になりやすいのは当然だと思います。なぜなら、足が臭くなる時点で足には菌がたくさん繁殖していると言えるからです。
そもそも水虫はカビの一種である白癬菌が皮膚に感染する事で発症します。白癬菌は高温多湿の状態になると急成長していきます。
高温多湿とは、温度が18℃以上、湿度が80%の状態です。
水虫に感染する時点で、水虫の原因となる菌のみならず、その他の雑菌などが多数存在していてもおかしくない話なのです。足の臭いの元はそれらの繁殖した雑菌が汗や角質を分解する事で発生するので、水虫に感染している時点で普段から足が臭いのは明確でしょう。

更に水虫の原因である菌は、一度感染すると完治するのに時間がかかるという特徴があります。足の臭いは水虫と違い、すぐ体に表れるので対策しやすく、即座に効果が発揮される場合が多いです。足が臭いかなと思ったら早めに対策する事で、水虫の感染も防ぐ事が可能になります。

6.足が臭いのは靴?

履いている靴が足が臭くなる要因になるのは十分に有り得ます。ただし、順序があります。靴だって最初から臭いわけではありません。臭いを発するのは間違いなく人間の足からなのですから。

今までの説明で十分理解出来ていると思いますが、足が臭う原因は、足の汗や垢を雑菌が分解する事によって発生する「イソ吉草酸」です。

そのイソ吉草酸の発する臭いが靴に染み付く事により、なかなか不快な臭いが取れない靴の出来上がりです。

こうなるとこの靴の臭いはなかなか取れません。イソ吉草酸は非常に不快な臭いと、洗ってもなかなか落ちない頑固さがあります。

こんな靴に、たとえ無臭状態であろう足を突っ込んでも、その臭いが即、染み付いてしまいます。
従って、足が臭いのは靴が原因でも起こりますが、元を返せばその臭いは足から発せられたものなのです。

7.即効できる足が臭いのを隠す対策法は?

足の臭いに即効性のあるものが欲しいですよね。特に、簡単に出来て効果が期待出来る対策は、多忙の時なんかはとても助かります。その方法を挙げていきます。
・五本指ソックス
普通の靴下と違い、五本指ソックスを履くと足の指と指同士が接触しないようになります。接触を防ぐと菌、垢が発生するのを抑える事が出来て、臭いの発生を防ぐ事が出来ます。
女性の場合、五本指ソックスはちょっと親父くさい見た目が気になると思います。そんな時は、普通の靴下の下に履いて五本指ソックスを隠すといいでしょう。特に最近はハーフサイズの物も出回っているので、2重に履いてもあまり気にならないはずです。

・靴、靴下の替えを用意しておく
外出先であらかじめ靴を脱ぐ機会があると分かっている方はこれが一番効果的なのではないかと思います。欠点としては荷物がかさばる事です。

すぐ対策できる方法で、効果的なものは数限られます。足の臭い対策で大切なのは「普段からの予防」です。重曹足湯なんかは基本的に家の中でしか出来ない対策で、手間もかかりますが、こちらは効果は抜群です。なかなか頑固な足の臭い。上手に付き合っていきたいですね。