お腹周りのダイエットに最適?!ドローインを試してみよう

お腹周りが痩せるには、まずその原因を究明する必要があります。原因は人によって実に様々です。食事や運動量といった自分で改善できるものであれば努力の仕様なのですが、中には何か薬の副作用という場合も少なくありません。
特に薬の副作用の場合、その薬を使うと誰でもその症状が出やすいというものもありますし、太るのではなく浮腫んでしまう場合も見られてしまいます。この場合はまず医師に相談してみましょう。
さて、薬の副作用以外の原因といえば、食生活の乱れや運動不足、そして骨盤などの歪みが原因になる事が多いといえます。
特に女性は、妊娠時の体重増加を誤ってしまったりするもの。
昔のお母さん達は妊娠したら2人分食べなくてはいけない!と怒られたものですが、今では妊娠中毒症(高血圧、糖尿病など)の観点から元の体重+αの分が人によって異なっています。元が痩せている人はある程度許容範囲が広いのですが、少し大きめの方はあまり太ってはいけないのです。
また、これは更年期にも関係しますが、40代以降にはホルモンバランスの乱れで肥満の可能性がとても高くなるとされています。
こういった事から、今回は特に女性のお腹周りを痩せる方法について調べてみたいと思います。お腹周りが痩せる方法は実に様々ですが、一番効果的なのはやはりお腹周りの筋肉をしっかりとつける事でしょう。
しかし、ここで改めて知ってほしいのは、筋肉と脂肪では質が違うという事です。
お腹の脂肪というのは、元々臓器を外側の衝撃から守るためのいわばエアバッグとしてある存在であり、容易には減らせません。
その為、ただ脂肪を燃焼して筋肉にしただけでは、その筋肉が弛んだ際またいつ脂肪に戻ってしまっても文句のいいようがないのです。
そこで、筋肉を作ってからも脂肪に戻りにくくする為の筋肉質な体を作る事が大事であるといえます。
筋肉質な体を作り保つ為に必要なのは、まず体幹をちゃんと作る事です。
体幹とは頭と手足を抜きにした胴体全部。体幹がきちんとされていると、太りにくくなるのはもちろんの事、腰痛や肩こり、猫背の改善にも繋がります。
体幹を作るには、腹筋だけでなく、背筋など胴体全部の筋肉の動きを正しく知り、整えていく事が大事です。
特に女性は胸を支えなくてはいけない事から肩凝り、出産による骨盤の歪みから腰痛を発生しやすいもの。防止する為にも体幹作りをしっかりして痩せる体を作っていきたいです。そこで次は、痩せる運動について見ていきたいと思います。お腹周りが痩せる運動として最も有名な運動は腹筋運動だと思います。
しかし、前述した通りお腹周りが痩せるのに有効的なのはしっかりとした体幹を作る事。なので、間違った腹筋運動をしていては逆に姿勢を悪くし、さらに痩せにくくなる体になるといわれています。
まず運動をする上で大事な事は、脂肪には2種類あるのを知る事です。
お腹をつまんだ時、ぷにぷにと掴めるのが皮膚の下にある皮下脂肪。一方、胃や肝臓など内臓周囲につくのが内臓脂肪です。
この皮下脂肪と内臓脂肪の大きな違いは2つ。皮下脂肪は取りにくく女性につきやすいもの、そして内臓脂肪は取りやすく男性につきやすいものだという事です。
皮下脂肪と違い、内臓脂肪は脳梗塞や心筋梗塞といった生活習慣病を引き起こすリスクが高くなるとされていますから、特に注意が必要です。
もしあなたのお腹周りが大きい割につまめないのなら、この内臓脂肪を疑った方がいいでしょう。
さて、皮下脂肪をつまんでみて分かるのは、あまり温かくないという事。
皮下脂肪は熱に弱いので、無くすためにはまず燃やす事が大事だといえるのです。
そこで有効的なのが有酸素運動。ジョギングや水泳などがいいとされています。
中でも自転車は、足腰を動かす為にお腹周りの筋肉を非常に使います。走ると膝が痛いなどという方はこちらの方が有効的かもしれません。
通勤時、駅を利用せず自転車で行くというのもエコで経済的で一石二鳥なのではないでしょうか?次に、お腹周りのダイエットとして有効的なのを調べてみたいと思います。
まずダイエットで基本的な事は、摂取カロリーを消費カロリーが超える事です。
当たり前の事ですが、食べた分を動くのが大事。そこで、自分がどれだけ消費しなくてはならないのかをきちんと知る為に必要なのが、摂取カロリーを常に知っておく事が大事であるといえます。
近頃お腹周りのダイエットとして注目されているものといえば、ドローイン。
脇腹にある腹横筋が鍛えられるドローインは、いわば腹式呼吸の応用です。
腹横筋はお腹周りの筋肉の中でも特に内側にあるインナーマッスルの部分で、ここを鍛える事でコルセット代わりを果たしてくれる事になるので腰痛などを引き起こしにくくなります。
ドローインなら特にこれといった運動をする必要もないので、少し不器用な方や飽き癖のある方も続ける事が出来ると思います。
ドローインを初めてやってみる場合は、一度床に寝てみましょう。
床に寝てみた時、ちょうどウエストの辺りは床に当たってない事が分かりますか?
その隙間が深ければ深いほど背骨が曲がっている証拠。この状態でいくら腹筋運動をしても傷めてしまうだけなので注意が必要です。
もし腰が辛い場合は膝を肩幅に開いて立てると少し楽になります。では始めてみましょう。
まず最初は鼻から息を吸います。
この時胸や肩が上がっている場合は胸式呼吸をしている証拠。胸のすぐ下のくぼんでいる所(横隔膜が上がります)、前述した腰の隙間が膨らむのが意識できると腹式呼吸の完成になります。
そこから息を5秒ほど止め5秒かけて吐くというのを行ってみてください。
慣れたら吸う時間を短く、吐く時間を長めにし、寝ている以外の体勢でも行ってみましょう。
このドローインは速効性はないものの、慣れると何をするにも持久力がつくようになります。ぜひ、試してみてください。

もう一つ凄いダイエット法があります。

1週間で痩せて「リバウンド」しないダイエット【NiceBody(ナイスバディ)】です。

モデルのような美しいボディラインを手に入れ確実にキープ出来る。

※特別記念モニター[ダウンロード版+DVD版セット]

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

NiceBody(ナイスバディ)の詳細

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。