私の体験談

 子供が産まれた日
何が一番、感動するといっても、やはり子供が生まれた日でしょう。
大体、自分が母親になった日ですから。
確かに妊娠した時点で母になった実感があったんですが。
それが日に日に大きくなって、思いもついに母親になったんです。
さすがにここは、生まれてきてくれてありがとうでしょう。
ともかく、生まれるまでなかなか、大変でした。
というのも、妊娠したらもう自分一人の体ではないんですから。
というか、当たり前の話なんですが。
でも、母親になるための勉強も必要です。
ということで母親学級にはかかさず、通っていたわけです。
でも、結局、切迫流産になりかかって入院。
といっても、早期発見のため、半月、入院ですみました。
子供も予定日より十日だけ早かっただけで無事、出産。
さらには初産は時間がかかると思っていたんですが。
たった六時間で生まれたわけです。
誰もが感動する卒業式
三月になる卒業式シーズンに突入するわけです。
ここで大切なのは何故、卒業式で泣いている子がいるのでしょう。
確かに感動しているのですが。
結局、私は泣けなかったのです。
というか、先に泣かれてしまったからです。
先に泣かれると何故か、涙がひっこんでしまうというものです。
しかも、卒業生と在校生がお互い、歌を歌いあうというのも感動シーンもあるのですが。
それでも泣けなかったんです。
泣けないけれど、感動があるのです。
卒業式は別れだからでしょうか。
卒業してしまえば、会えなくなる子もいます。
それを考えたら、つい涙がでてしまうのでしょうか。
正直、私も卒業式で泣きたかったんです。
なんたって、女の子ですから。
中には泣いている子につられて涙ぐむ子もいるのになんで、自分は泣けないのだろうかと疑問に思ったものです。
案外、感動することは身近にある。
ぶっちゃけ、本を読んでいて泣いたことがあります。
別に悲しい話ではなかったんですが。
それに泣くといっても大泣きではないんですが。
読んでいて、涙が一筋、こぼれたのです。
正直、本で感動するなんてそんなにないと思うんですが。
でも、その本は映画にもなりましたし。
本を読んで感動するというのもなかなか、いいと思うんです。
といっても、こういうのは本好きでないと判らないことかもしれないんですが。
実際、誰かの物語を本にしてみたいなんて案外、あるんです。
私の父なんですが。
といっても、父の伝記を私が書きたいというわけではありません。
父は祖母の書いていた短歌を歌集にしたいと常々、言っていました。
結局、その夢は適わなかったのですが。
それだけ父が自分の母の思いが強かったんでしょう。
 感動して泣いた時のこと
感動の種は案外、あるものです。
確かに子供がいると些細なことでじわっとくるわけです。
実は生後半年で二人目の子を亡くしたんです。
そのせいか、次に出来た子が無事に生まれてくるか不安だったんです。
しかし、かなり大きい子が生まれたんです。
でも、亡くした子のことが気になって三ヶ月までびくびくでした。
というのも、前の子は生後三ヶ月で発作を起こしたんです。
ひょっとしたら、生まれた子も再び、発作が起きるかもしれないかと不安だったんです。
結局、その心配も無用だったんですが。
だけど、一才になる前に肺炎で入院ですよ。
しかも、その前にひきつけを起こして呼吸が止まったりしたんですから。
本当にはらはらさせられたものです。
幸い、誕生日に退院できたのですが。
日をあらためて誕生日のお祝いをした時は感無量な気分でした。
誕生日ケーキを前にした娘を見て涙が出ました。
その娘も今年、高校三年生になります。
感謝されながら稼ぎるつけるビジネスをつくり、ビジネスの価値提供の楽しさや魅力を知りたいですか?
今なら無料で購読できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓