【女性の尿漏れについて】

尿漏れには二つのタイプがあります。
“切迫性尿失禁”

“腹圧性尿失禁”
です。
まず
“切迫性尿失禁”とはどんなものか?
これは何の前触れもなく、いきなり強い尿意をもよおします。
冷たい水を触ったり、水の音を聞いただけで、尿漏れを起こす人もいるそうです。
人間の膀胱に、普通150CCの尿がたまると、
「トイレに行きたいな。」と思います。
400CCまではためることが出来ます。←我慢出来ます。
切迫性尿失禁の人は、尿が膀胱に150CCもたまってないのに、トイレに行きたくなります。
これを多くの人は、“過活動膀胱”と診断されます。
もうひとつは
“腹圧性尿失禁”
です。
こちらは、スポーツをしている時や、重い荷物を持った時に、また、クシヤミをした時になります。
お腹に力を入れた時になることが多いですね。
尿漏れは症状が進むと、ただ歩いてるだけで、尿もれがおきます。
骨盤が緩くなることてわ起きるため、子供を産んだことある女性がなりやすいです。
〈治しかた〉
切迫性尿失禁は、原因が分からないものが多いです。
治療法としては、お薬を使います。
どんなお薬を使うのかと言うと、
“抗コリン薬”です。
それと同時に“行動療法”も、一緒にします。
過活動膀胱炎の人は、尿意を感じたとしても、まだ膀胱の中には、尿が入っていません。
尿意が起きるたびにトイレに行っていると、反対に膀胱自体が小さくなってしまいます。
そうなると余計に症状が悪くなります。
よくトイレに行くのを我慢したら、“膀胱炎”になると言う人がいますが、膀胱炎は尿道から菌が入ったら起きます。
“行動療法”は、尿が出るのを我慢して、膀胱に尿がたまる量を多くして、排尿間隔を開ける
《膀胱訓練》をします。
膀胱訓練で膀胱炎にはなりません。
◎お薬を飲んでも効き目が無い時は?
磁気刺激をします。
骨盤に電流を流します。
▲腹圧性尿失禁の治療法▲
女性は出産、妊娠で、骨盤がゆるくなります。
そうなると尿道の締まりが悪くなり、尿が漏れやすくなります。
治療は“骨盤底筋訓練”をします。
▲やり方▲
◎仰向けになる
↓↓↓
◎膝を曲げて、肛門をキュッと閉める。
(10秒)
これを30回してください。
尿漏れは、男性も女性もなります。
(みんなとは言いませんが。)
尿漏れをしてる人は、勇気を出して、病院や薬局に相談してみてください。感謝されながら稼ぎるつけるビジネスをつくり、ビジネスの価値提供の楽しさや魅力を知りたいですか?
今なら無料で購読できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓