口臭について

口の中には口臭の原因となる要素が潜んでいます。
中でも舌に白く溜まる舌苔は、口臭の一番の原因でもあり口臭の6割を占めます。
食事中にしっかり噛まないと舌苔は増えてしまい、舌苔が舌に厚く溜まってしまうので、食事中は良く噛んで食べる事が大切です。
また、揮発性硫黄化合物は口臭の原因とされています。
歯周病原菌は、悪臭のあるメチルメルカプタンを作り出しますが、これは硫化水素よりも悪臭が強いものですので、歯周病になると口臭が強烈になります。
肝臓病になると匂った物質が肺から出てくる事もあります。
健康な方でも肺からガスが出てきますが、この場合は低濃度ですから口臭の原因になる要素は低いとされています。
また、ニンニクを食べると口臭が気になるという方もいますが、これは腸を介して肺から出てくるものなので、口臭の原因の一つにも挙げられます。
口臭は自分ではなかなか気づかないものですよね。
他人に不快感を与えてしまったり、指摘される事は辛いものですので、日頃から口臭予防を心がけておく事が大切でしょう。
感謝されながら稼ぎるつけるビジネスをつくり、ビジネスの価値提供の楽しさや魅力を知りたいですか?
今なら無料で購読できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓