かつて巨人が存在していた

世界各地で巨人の骨や頭蓋骨が発見され動画共有サイトにおいても見ることができます。最初のこの事実を知った日には腰が崩れ落ちるほどに衝撃を覚えたものでした。
生命学的にどうなのか、こんなことが有り得るのか、回りでこれに近いものと言えば大抵は2メートル60センチあるかというような高身長の人々が過去に話題に上がったことがあり、米国でもその写真が公開されてはいます。
しかし背が高いのであって巨人のように全体がバランス良く育っているわけではないもので、中には脳下垂体ホルモンの異常で背が予想外に伸びるケースもあります。我国でも高い部類の人々は少数ながら存在していたとも言えます。
部族としても比較的に背の高いものが存在するということはあったようですが、一般にネフィリムと呼ばれている巨人はスケールが違います。
現在こういうびっくり仰天のニュースがテレビ番組にも取り上げられないのはなぜかという疑問もあります。クイズ番組でも聞いたことがありませんし、まして世界発見のようなものでは一番興味深いテーマでありながらなぜか過去にも取り上げられていないふしがあるようです。
それとも研究者に準備がなされておらず只今研究中ということかも知れませんが。動画共有サイトにアクセスできない環境であれば情報自体が一般人の下へ入ってくることも少ないのかも知れません。もしあっても半信半疑で自分の目で見ないとトリック写真かと疑いそう簡単には信じられないことなのかもしれません。現地においては珍しいことでないのかも知れませんし、これらの発見は現代知られていますが、ずっと過去ではどうだったのかということもにも興味があります。
東日本大震災の折に崖崩れが生じた場所において、この巨人の骨が発見されたとされますが、すぐにブルーシートで覆われて何も無かったこととされているという話もあります。UFOについても同じく最初の頃は信じられないことであったし、米国はこれらの事実をことさら長い間隠そうとして来ました。
巨人についてはマンガにもなっているようですが、これは何が出典となったのかは不明です。過去1950年代に特殊撮影で知られるレイ・ハリーハウゼンの監督する映画においてストップモーションという1コマずつ撮影して行く手法でシンドバッド物の映画にこの巨人が登場したことがあります。我国でも1960年代に大魔神と称する巨人ものの映画が撮られたことがあり、これはチェコの映画の巨人ゴーレムが元になっているとされます。2010年に製作された映画ガリバー旅行記もある意味で巨人の映画と見ることもできます。
巨人ネフィリムは旧約聖書や聖書外典に書かれている種族の名前で、天から落ちて来た者たちという意味があるようです。彼らは神で地上における娘たちとの間で生まれた英雄とされていましたがそのうちに仲たがいを生じ共食いを始めたとされています。
動画では頭蓋骨の大きさも人間のものと比較しても格段に違い、実物大の模型が作られ展示されているところもあり、そこでは人間がまるでアリのように見えます。インドやチベット自治区、南アフリカやその他の地域で発見されていて背の高い場合はメートル換算で11メートル以上あったことが分かります。当時使われていた斧も見られますし、石の構築物と見られる場所や住んでいたとされる場所も残っているようで、石への足形でその大きさが推察されます。それにしても人間でも食べ物をたらふく食べることが出来ない当時において何を食べていたのかも興味がありますし、どういう生活を送り、不便なことやその記録もあれば知りたいものです。感謝されながら稼ぎるつけるビジネスをつくり、ビジネスの価値提供の楽しさや魅力を知りたいですか?
今なら無料で購読できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。