ウェブライターで稼いでいる友人の事例から分かる点

私の知人の1人に、かなりのスキルをお持ちのウェブライターの方がいらっしゃいます。

ウェブライターとは、簡単に申し上げればネットで様々な文章を書く仕事ですね。たいていは完全出来高制が採用されていて、1記事幾らというお仕事なのですが。最近はそれで稼いでいるいる方も増加傾向にあり、知人もその1人なのです。

ウェブライターは、いわゆる在宅ワークの1つです。インターネット環境と文字の入力ができれば、基本的にはどなたでも稼げる方法です。

ところで知人は、その仕事をすでにかなり長い間続けています。もう数年ほど前にそれを始めていて、今ではかなり稼いでいます。多い月で、月収30万円のようですね。ちなみに時給換算で2千円なので、ある意味正社員よりも割の良い仕事とも言えるのですが。

ただそのレベルに至るまでは、知人は色々と苦労をしていたようです。とにかくどれだけ多くの記事数をこなすかを、常に試行錯誤していました。

結局のところ、文字数の水増しスキルを上達させるのがコツのようですね。あまり上手い文章を書こうと気張らない方が良いのだそうです。それを頑張ってしまうと、むやみに時間ばかりかかってしまい、あまり効率的ではないようですね。クオリティのことはあまり考えず、とにかくスピード重視で書くようにするのが良いそうです。それで時給換算で2千円なのですから、それで問題はないのでしょう。

ところが最近、ちょっと知人は大変な状況になっています。というのも目の調子が悪くなっているようなのですね。インターネットを色々と駆使しているので、それで体調がおかしくなってしまったようです。とは言っても、結局最終的にはその病気は治る見込みなのですが。

上記の事例から分かる点は、主に2つあります。まずウェブライターというお仕事は、稼げるという点ですね。

そもそも上記の話は、決してフィクションではありません。揺るぎ無い事実なのですね。クオリティを軽視して時給換算で2千円なのですから、あまり文章の上手さにこだわらないようにするのが、そのお仕事で稼ぐコツの1つなのでしょう。

ちなみに私も、そのような考えの持ち主です。以前までは私は、記事を書いたら必ず見直しをするようにしていました。

ところがある時から、一切見直しをしないようになったのですね。時間がかかるからです。

見直しをせずに試しに投稿してみたら、普通に審査に通りました。それで記事を量産していったら、確かに稼げるようになったのです。ですので上記の知人の話は、やはり本当だと思うのですが。

2つ目ですが、そのインターネットでのお仕事で稼ぐ時には、体調管理を徹底するべきという点です。上記の知人の場合、実は少々無理をしてしまっているのです。多い時で、1日に15時間ほど記事を書き続けているようですね。それだけ長い時間書き続ければ、やはり体調不良になってしまうのも当然です。

私は知人の話を教訓に、こまめに休憩を取るようにしました。それで作業効率が大きく向上したので、やはり体調管理は極めて大切な要素だと考えます。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)