糖尿病の人のフットケアの重要性とは?糖尿病の人向けの靴下の選び方やおすすめはコチラ!

生活習慣病の1つでもある糖尿病は、血糖値が高い状態が続く病気です。
血糖値が高い状態が続くと、それによって様々な合併症を引き起こすことがあるため注意しなくてはなりません。

糖尿病の合併症の1つ、足病変は、足の組織が壊死してしまうこともある、怖い症状。
そんな足病変を防ぐために重要なのが、毎日のフットケアになります。

ここでは、糖尿病の人のフットケアの重要性や靴下の選び方、おすすめの専用靴下まで紹介していきます!
早めのフットケアが何よりも重要なので、ぜひ参考にしてみてください。

糖尿病のむくみは靴下で改善できる?

糖尿病の人は、足のむくみが起こりやすいです。
それは、高血糖が続くことで動脈硬化が進行し、末梢血管の血行不良が起こるため。
足の血行が悪くなることで、むくみを引き起こしてしまうんですね。

むくみは動脈硬化が進んでいる可能性もあるため、すぐにケアをしなくてはなりません。
そのためには、足の血行を良くすることから始めましょう。

マッサージなどもいいですが、簡単手軽に続けられる方法としておすすめなのは、最適な段階加圧機能のついた靴下を着用すること。
第2の心臓と呼ばれるふくらはぎを加圧することで、足全体の血行を良くすることができます。
足のむくみが改善されるだけでなく、全身の血液循環も改善することができるので、糖尿病の合併症を予防する効果も期待できるのです!

靴下を履くだけなら誰にでもできるので、手軽にむくみケアができますね。

最適な段階的加圧機能を持った着圧ソックス

「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎは、脚に溜まった血液を心臓に戻すポンプの役割があるので、
加圧することで血行を良くすることが出来ますので、最適な段階的加圧機能を持った着圧ソックスがおすすめです。

※逆に血流を悪くしてしまうソックスは使用してはいけません。

以下の第71回米国糖尿病学会での発表に関する記事からの引用文も読んでみて下さい。

 演者らは「今回は初期的な試験であったが、軽度の治療用圧迫靴下は、糖尿病患者の下肢浮腫の軽減に役立つことが示された」と結論した。

引用元:軽度の圧迫靴下で糖尿病患者の下肢の浮腫が軽減:日経メディカル

このように、「軽度の治療用圧迫靴下」の場合、浮腫みの軽減に役立つとのことです。

【糖尿病の神経障害は靴下で改善できる?】

比較的初期から現れる症状として、神経障害があります。

高血糖による代謝異常や、末梢血管の血行不良による末梢神経の圧迫などが原因で、感覚が麻痺してしまうのです。

気づかないうちに進行していることもあるので、
・睡眠中に足がつる
・ピリピリする
・感覚が鈍くなる
などの症状には敏感になってください。

神経障害を進行させない(改善する)ためには、血行を維持する対策が必要。

マッサージや糖尿病専用靴下を着用し、足の血行を維持していきましょう。

心臓から遠いところにある足は、健康な人でも血流が滞りやすい部位。

専用の靴下を履いて足の血行を維持し、神経障害を進行させないようにしていきましょう。

【アルコソックス糖尿病モデルとは?】

医療界での研究から生まれた、アルコソックス。

糖尿病患者をターゲットにした「糖尿病モデル」は、アメリカ糖尿病協会も推薦している靴下です。

血流を持続的に維持することができるよう、特許取得の段階着圧構造になっています。

足のむくみや神経障害の対策に、最適の靴下と言えるでしょう。

傷の迅速な発見のため、靴下の下部は白色になっています。

糖尿病の加圧靴下と言えばアルコソックス!というくらい定評がありますが、価格は6,000円超えとやや高め。

サイズはXS、S、Mの3種類があります。

【糖尿病の人のフットケアには靴下が重要】

糖尿病の合併症の1つ足病変は、悪化すると足を切断することにもなりかねません。

足を守るためにも、日々のフットケアを徹底していきましょう。

ポイントとしては、
・毎日足を観察する
・清潔にする
・靴下を履く
などがあります。

足を傷や細菌などから守るため、靴下は毎日履くようにしましょう。

吸水性の良い綿のものを選び、締め付けすぎないものが良いです。

毎日着用するフットケアのための靴下は、アルコソックスのような加圧タイプでなくてもかまいません。

こればかりは医師の考え方にもよるのですが、むくみや神経障害などが一切ないときには、通気性の良い靴下を履くことがおすすめ。

状態によって履き分けることが大切なのだと言えるでしょう。

尚、重ね履きは足の血行を阻害してしまう恐れがあるため、重ね履きはしてはいけません。

【糖尿病の人の着圧(加圧)ソックスの重要性】

糖尿病になると、血液中の糖が増えるため、血液はドロドロしてしまいます。

これまでにも何度かお話ししましたが、むくみや神経障害などが起こるのは血液の流れが悪くなるため。

デスクワークや立ち仕事をしていてもむくみは起こりますが、糖尿病の人は更に高い確率でむくみが起こるといえます。

そんなむくみや神経障害の改善のためにも、着圧(加圧)ソックスは必要。

血流を改善するための必需品とも言えるかもしれません。

着圧(加圧)ソックスにはたくさんの種類がありますが、やはり糖尿病患者専用のものがいいでしょう。

マッサージや血行促進のため、最適化されているからです。

糖尿病の場合は単なるむくみではありませんから、しっかり専用のものを選ぶようにしましょう。

アメリカではすでに糖尿病患者に専用の着圧ソックスの使用を広く推奨しており、購入費用の一部を保険で賄ってくれるそうです。

日本でも、糖尿病初期から着圧ソックスを履くべきという血管外科医、整形外科医も増えています。

日常的に履くべきといえますが、1日中着圧ソックスを履きっぱなしにするのはNG。

かえって血行が悪くなり、むくみや神経障害を進行させてしまう恐れがあります。

着圧ソックスを履くときには「何時間履いたら脱ぐ」などと時間を決めておいたり、医師に相談してから履くようにしましょう。

【糖尿病の人の靴下の選び方とは】

糖尿病の人は、フットケアのためにも靴下が欠かせません。

しかし、どんな靴下でもいいというわけではなく、きちんと「糖尿病のフットケアに良いもの」を選ぶようにしましょう。

選び方のポイントは、
・通気性の良いもの
・締め付けすぎないもの
・ずれて下がらないもの
・出血に気づきやすい白色のもの
など。

靴下は足を守るために履くので、縫い目などがないものを選ぶのも重要です。

締め付けはきつすぎても緩すぎてもダメなので、適切なものを探すのは難しいかもしれませんね。

そんなときは、次で紹介するドクターズチョイスの「ケアエックス」がおすすめです!

【ドクターズチョイスの糖尿病専用靴下、ケアエックスとは?】

ドクターズチョイスの糖尿病専用靴下ケアエックスは、アメリカの足専門医ミッケル・ジャーマンが提唱する「3つの条件」をクリアした、糖尿病専用の靴下。

アメリカの医療現場での支持率No.1靴下メーカーと共同開発しました。

ケアエックスは、アクリル、ナイロン、スパンデックスという3種類の記事を縫い合わせて作っており、よく伸びる仕様になっています。

糖尿病の人の足を守るため、締め付けはきつすぎず、緩すぎず適切な強さ。

サイズはMとLの2種類があります。

更に驚きなのが、ここまで糖尿病患者にこだわって作られているにも関わらず、価格は3足セットで1,680円とリーズナブルなこと。

毎日使うものだからこそ、価格にもこだわったおすすめの靴下です。

毎日使える糖尿病専用靴下を探している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

→ ドクターズチョイス 糖尿病専用靴下 ケアエックスの詳細

【まとめ】

糖尿病の人のフットケアの重要性や靴下の選び方、おすすめの靴下まで紹介しました。

いかがでしたか?

糖尿病=フットケアという認識はまだまだ少ないのですが、糖尿病になってしまったら必ずフットケアはしなくてはなりません。

放っておくと神経障害が進み、痛みや感覚の変化に気づかずに進行してしまうこともあります。

足を切断することを避けるためにも、日々のフットケアが何よりも大切。

靴下を履くだけなら簡単ですから、早速今日から靴下でフットケアをしていきましょう。

もちろん、食事や運動で血糖値をコントロールしていくことも忘れないでくださいね!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)