おいしい水の贈りもの うるのん。ウォーターサーバー・宅配水!

公式サイトはコチラ→うるのん

「うるのん」は全国12万のお客様が使っている安心・安全ウォーターサーバー宅配サービスです。

富士の天然水は名水の産地から直接あなたのご家庭にお届けされます。

☆ポイント
・子育てママのお墨付き
・放射性物質検査で安心
・とっても経済的
・うれしい成分
・3年に一回の無料交換

登録料 0円
サーバーレンタル代 0円
メンテナンス料 0円
配送料 0円
さらに今ならお水代も 0円(2本)

※2本無料は、富士の天然水プランをお申込みの方で3週間に2本配送及び4週間に2本配送を選ばれた方に限ります。

うるのんとは?

おいしい水の贈りもの「うるのん」は安心・安全ウォーターサーバー宅配サービスとしてこれまでに全国12万のお客様が使っています。

富士の天然水は名水の産地から直接あなたのご家庭にお届け!

あなたは「日本は水が美味しい」という言葉を聞いたことはありますか。よく外国から来た人はこのように言うことがあります。確かに日本では各地に美味しい水が沢山あるのです。それに日本人は昔から水を大事にしてきました。だから今も水にこだわっているのでしょうね。

おいしい水を飲んで育ってきたのだから、自分の子供にも水の美味しさを知ってもらいたい。そういう意味で「うるのん」を選ぶ人が増えているのではないでしょうか。「うるのん」は未来の子供への美味しい水の贈りものなのです。「うるのん」は名水の産地で有名な静岡の富士山のふもとで取れた天然水を中心に美味しいお水を提供しています。より安全で身体にいい水を求める方の為に喜ばれています。

日本の水が美味しいのは山にしみこんだ雨水が長い年月をかけてろ過され湧き出しているからです。富士のふもとにわきだす水は最高です。「うるのん」がこだわるのは美味しくて安心し飲める水です。美味しさと安心、どちらも欠けてはいけないのです。そして、次に求めるものが便利というものではないですか。

いつでも、冷たい水が飲める。これがどれだけ、贅沢なことか判りますか。確かに冬なら、水道の水も冷たいでしょう。でも、夏真っ盛りの今の季節はどうですか。でも、ウォーターサーバーなら大丈夫なのです。冷たくて美味しい水が飲めるのです。逆に暖かいお湯も利用できるのです。これなら赤ちゃんのミルク作りも簡単なのです。というか、赤ちゃんの頃から富士の天然水を飲んでいるのも凄い健康的ですよね。

小さな子がいると火傷が心配ですが。こちらのウォーターサーバーでは温水レバー・冷水レバーにチャイルドロックがかかるので安心なのです。しかもですよ。三年に一度、無料で定期的に交換してくれるから、メンテナンスもばっちりなんです。

タイプは床置きと卓上の二種類なのです。カラバリエーションは三色なのですね。ブルーにオレンジ、ピンクでとてもオシャレです。お部屋にあわせて選んでみてはいかかでしょうか。そうそう、最近ではエコにもこだわっているのです。というか、使っていない時って機械が動いていると勿体無い気がするのですよ。でも、エコサーバーならそんな心配はなくなります。なんと電気代が15%削減ですからね。安全性はしっかり保障済みです。

ウォーターサーバー各種名称もホームページで確認できます。万が一の安全の為にしっかり覚えておくと便利かもしれません。申し込みもパソコン、スマホ、電話からでもできるのです。一家に一台、検討してみてはどうでしょう。

商品の種類

〔富士の天然水〕

富士の天然水は、名水の産地とも言われています、富士山の麓で採れた美味しい天然水です。富士山に降り積もった雪や雨が地中の中、奥深くに染み込んで、富士山の雄大な自然のフィルターによって長時間かけて磨きあげて作られた恵みの天然水です。

注目されているバナジウムやミネラル成分が入っています。天然ミネラル成分がバランス良く入っています。

〔オススメするポイント〕
◆天然水。
◆名水の産地である、静岡県の水。
◆バナジウムが、たくさん入っている。

〔商品の内容〕
◆商品名→富士の天然水。
◆採れた場所→静岡県富士宮市。
◆入っている量→12リットル
◆値段→ご利用プランにより違います。
◆賞味期限→半年間

〔富士の天然水さらり〕
富士の天然水さらりは、さらりとした飲み口をしています。また、硬度が低いために、小さなお子さまからお年寄りまで、様々な年代の皆さまに飲んでもらえます。

富士の天然水さらりは、富士山の麓で採れた、天然水です。富士山に降った、雪や雨が地中の深くに染み込んで、富士山の自然のフィルターにより長時間かけて磨きあげられた天然水です。

〔やわらか水〕
やわらか水は、極小浄化孔フィルター(RO膜)で、不純な物を徹底して、ろ過をしているため赤ちゃんも安心して飲めるお水です。まろやかな口当たりをした、やさしい水です。

〔スタンダードサーバー〕
◎冷水:4~12度
コックをひねったら、いつでも冷たくて、おいしいお水を飲めます。お酒を作るのにも、使えます

◎温水:80~90度
コーヒーや、お茶を飲むのに丁度良い、温度の温水です。
赤ちゃんのミルクを作るにも、良いです。

〔チャイルドロック〕
温水レバーには、チャイルドロックが付いているので、お子さまがいるご家庭でも安心して使えます。

〔3年に一度の無料交換〕
3年に1度無料で、定期交換をしています。
充実したメンテナンスで、安心してお使いいただけます。

〔スタイリッシュサーバー〕
スタイリッシュは、火傷を防止するため、ロックを解除してから温水が出てくる様になっています。また、5秒後に自動でロックされますので、ロックをかけ忘れた時の心配もありません。カラーは三色あるので、お客さまの生活スタイルに合わせて、お好きな色を選んでいただけます。オシャレな形をしているため、インテリアとしても、良いと思います。

料金プラン

富士の天然水さらり:1本1800円(税込み)
富士の天然水:1本1800円(税込み)
やわらか水:1本1285円(税込み)

【富士の天然水(富士の天然水さらり12リットル)・¥1800(税込み)】
の、料金プランを紹介します。

◎3週間に2本配達してもらう場合の、料金プラン。
[サーバーの種類・レンタル金額]
スタンダードの卓上タイプ、スタイリッシュ共に、レンタル料金は¥0(無料)になります。
エコサーバーは、レンタル料金が¥103になります。

◎4週間に2本配達してもらう場合の料金プラン。
[サーバーの種類・レンタル金額]
スタンダードの卓上と、スタイリッシュは、レンタル料金は¥0(無料)になります。
エコサーバーは、レンタル料金が¥103。なります。

◎6週間に2本配達してもらう場合の、料金プラン。
[サーバーの種類・レンタル金額]
スタンダードの卓上タイプ、スタイリッシュタイプ共に、レンタル料金が¥823になります。
エコサーバーは、レンタル料金が¥1028になります。

【やわらか水12リットル・¥1285の場合】の、料金プランを紹介します。

◎3週間に2本配達してもらう場合の、料金プラン。
[サーバーの種類・レンタル金額]
スタンダードの卓上、スタイリッシュ共に、レンタル料金が823円になります。
エコサーバーのレンタル料金は、1028円になります。

◎4週間に2本配達してもらう場合の、レンタル料金は。
[サーバーの種類・レンタル金額]
スタンダード卓上タイプ、スタイリッシュタイプ共に、レンタル代が823円になります。
エコサーバーは、レンタル代が1028になります。

レンタル料金の例として言いますと、、、
“富士の天然水”
を6週間に2本、配達してもらうやつを選んだご家庭は、

スタンダードサーバー(床に置くやつ、机の上に置くやつ。)と、スタイリッシュサーバーは、レンタル料金、、¥823で借りることが出来ます。
エコサーバーの方のレンタル料金は、¥1028で借りることが出来ます。

また、はじめて、注文されるご家庭や、追加で注文されるご家庭は、2本単位での注文となりますので、ご了承下さい。

☆一部の地域(山間部や、離島)にお住まいのご家庭には、
この“富士の天然水”や、“やわらか水”を、配達してもらえない地域もあります。

☆3年に一度、無料で定期的に交換してもらえる、サービスもあります。

☆はじめてのレンタルサーバー代金は、
設置日によっては、日割り計算になります。

家の水道水も、確かに美味しいけど、この富士の天然水は、もっと美味しいです。

ご利用の方、お考えになっては、いかがですか?

軟水と硬水

よく軟水と硬水、この二つの言葉を聞くでしょう。
で、その違いってどこにあるんでしょう。
というか、無味無臭の水に柔らかい、硬いって区別がつくのだろうか。
などという、疑問が出てくるんですが。
カルシウムやマグネシウムの含有量で、硬度が違ってくるんですね。
つまり、多いか少ないかなんですが。

ちなみに日本では軟水が断然、多いんです。
で、ヨーロッパでは硬水が多いと言われています。
ですが、大地を形成している物質や、地形が関係しているので日本でも硬水があるんですね。
また、逆の場合もあります。

それはさておいてなんですが。
軟水と硬水、どちらが美味しいのっていう話なんです。
結局、水って無味無臭なんですけどね。
それでも軟水と硬水、味の違いがあるみたいです。
でも、やっぱり、人間って住み慣れた地の水が一番なんですね。

富士のふもとの天然水、これは軟水の部類に入ります。
で、軟水の特徴は料理に使うと素材が一層、引き立つんです。
ぶっちゃけ、軟水で炊いたご飯はふっくらもちもちですからね。
特にお茶を入れるなら断然、軟水の方がいいんです。
けど、軟水と硬水、それぞれ、良さがあるんです。

硬水はミネラルがたっぷりなので、ミネラル不足になりがちな最近の食生活にはなくてはならないものですし。
ただ、硬水は料理に向かないんですが。
なので、硬水が多い、ヨーロッパ方面ではワインとかで煮込んだ料理が多いわけです。
でも、向こうはどうしても肉中心ですからね。
足りないミネラルを水で補うというところでしょうか。

でも、やっぱり、日本人は軟水が飲みなれていますからね。
硬水を飲んだことがなかったら、最初はくどく感じるかもしれません。
でも、どちらも体にいい、特徴があるので軟水と硬水、用途に合わせてみてはどうでしょう。
とはいうものの、水道水では軟水と硬水の飲み分けができませんよね。
結局、買ってくるしかないんです。

ということで、ウォーターサーバーなんてどうなんでしょう。
なんといっても、料理には軟水を使いたいですし。
軟水と硬水、比率を考えたら軟水の方が割合が大きいんです。
だから、ウォーターサーバーには軟水で、硬水は冷蔵庫で保存するんです。
これなら、余計に設備を置かなくてもすむと思いませんか。

ちなみにウォーターサーバー、うるのんは富士のふもとの天然水。
軟水なんですよ。
いつでも、冷たい水や温かいお湯が利用できます。
しかも、三年に一度、無料でサーバーが交換てきるんですよ。
なので、我が家も購入を検討中です。

水と健康

生きていく上で水は大切なものです。
というか、人間の体の半分以上は水で出来ているんです。
だから、水がないと人は一日と生きていけないんです。
なので、水にこだわりを持ってみませんか。
というか、水がいいと人は健康になれると思いませんか。

とっておきの水で体に潤いを与えるんです。
実際、暑い夏場ほど、こまめに水分補給が必要になってくるんです。
それが熱中症にならないコツなんです。
何しろ、汗や尿などで一日、2リットル以上も失っていくんです。
その分、補強が必要なわけなんですね。

ちなみに人間で一番、水分が多いのが赤ちゃんだそうです。
そういえば、果物だってもいだ時が一番、水分を含んでいるんですね。
で、段々、時間がたつにつれてどんどん、水分がぬけていくんです。
人間だって同じなんです。
老化と共に水分が抜けていき、皺ができるんですね。

赤ちゃんみたいなプルつやな肌になりたかったらこまめに水分補給なんですね。

しかもです、寝ている間にも水分はどんどん、抜けていくんですよ。
なんでも、寝ている間にも汗をかくんです。
ぬけていった水の替わりに起きぬけの一杯なんてのどうですか。
それだけでも随分、体のためになると思うんです。

で、ここで一杯の水、水道で汲みますか。
なんていう話になるわけなんですね。
実際、水ならなんでもいいってことはないと思うんです。
どうせなら、体が欲しがる水が一番だと思いませんか。
というか、体にいい水が一番なんです。

ここで登場するのが美味しい水の贈り物のうるのんなんですね。
ウォーターサーバーならいつでも冷たくておいしい水が飲めるんです。
しかも、お湯でも大丈夫なんです。
なので、水だけではなくて朝、起きてコーヒーの一杯というのもよさそうです。
ちなみにうるのんは富士の天然水ですからね。

何故、天然水がいいのでしょう。
それは水にもいろんな成分が含まれているわけです。
が、もしも、飲んでいる水が汚染されていたらどうしますか。
汚染された水を飲めば人間の体は病気になります。
それが自然の摂理というものです。

もっとも、水道水が必ずしも汚染されているわけではありませんが。
逆に、日本は水道水については他国よりも進んでいるんです。
だから、安心して飲むことができるんですが。
ウォーターサーバーでの水の方が安心して飲めるです。
何故なら、定期的に家まで水を宅配してくれますし。

それでなくても長い時をかけて濾過された天然水は清らかでとても美味しいんですよ。

水と料理

水と料理は切っても切れない関係にあるんです。
というのも、水が美味しくなかったら結局、美味しい料理なんてできないんですよ。
で、水にこだわっている人もいるのではないでしょうか。
そして一番の問題が硬水と軟水、はたして、どちらの水が料理に適しているんでしょう。
主婦にとってはそれが気になるところなんです。

日本は素材本来の味を引き立てる料理が多いんです。
というか、西洋と違ってソースというものが進化しなかったんですが。
その理由は醤油という優れた調味料のおかげなんです。
醤油を引き立てるためにも淡白な素材の味が求められたんでしょう。
が、日本の土地に流れる水の殆どが軟水のせいかもしれません。

例えば、軟水で炊き上げたご飯はとても美味しいですよね。
米の一粒一粒がたっていて、ふっくらとした仕上がりです。
しかも、軟水はだしをとる昆布や鰹節と相性がいいんです。
軟水を使った椀物は一味、違うような気がします。
これぞ、日本の食文化といったところでしょうか。

逆に西洋では料理に硬水を使います。
何故なら、欧米は硬水が多いからです。
なので、硬水を生かした料理が生まれたんですね。
素材を長く煮込んだシチューとかがそれに当たるのではないでしょうか。
硬水と素材を煮込むことによって硬水のミネラル分が素材のアミノ酸に結びついて料理を引き立てるんでしょう。

大体、水って無味無臭で軟水も硬水もそんなに違いがないように感じるんですが。
やはり、どこかが違うんですね。
で、その違いは料理の味となっていくんだと思います。
ただ、軟水が圧倒的に多い日本に生まれた私たちには軟水を使った料理が一番、口に合うのではないでしょうか。
水も料理の素材っていうことなんですね。

ただ、軟水でも場所によってはある程度、硬いんですが。
それも使い分けていくとますます、味のバリエーションが広がっていくんです。
なので、水から目が離せないわけなんですね。
で、ここで問題です。
果たして、水道水は軟水になるんでしょうか。

しかし、水道水は軟水ではありません。
だから、軟水で料理を作りたかったならウォーターサーバーを利用すべきです。
で、ここで登場するのがウォーターサーバー、うるのんなんですね。
ちなみにうるのんは富士のふもとでとれた天然水なんです。
勿論、軟水ですから。

なので、料理との相性は最高です。
しかも、サイトではうるのんの水を使った料理のレシピも沢山、掲載されています。
見ているだけでも作ってみたくなります。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)