便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?現代人に多い急上昇中の便秘とは?

【便秘と下痢を繰り返すのは、便秘?下痢?】
便秘というのは便が出ない事ですし、下痢というのは水っぽい便が止まらない事です。どちらも腹痛を伴う場合があります。便が出ないと出過ぎは正反対ですが、実際に便秘になったり下痢になったりを繰り返す症状を経験する人が多くいます。これを、痙攣性便秘と言います。一連の症状を便秘か下痢かと区別するならば、便秘になります。便秘だけに悩む人は昔から多いのですが、近年はこの痙攣性便秘という人が多くいます。
痙攣性便秘は、腸が活発に動き過ぎているのが原因です。活発に動き過ぎると、食べ物を消化したり吸収したりというリズムが壊れてしまって下痢や便秘を繰り返してしまいます。
【原因とは?】
なぜ腸が活発に動いてしまうのかというと、それは自律神経の乱れから来ています。
自律神経は、交感神経と副交感神経でできています。交感神経は体を活発に動かす神経で、昼間によく働きます。副交感神経は、リラックスするための神経です。眠りを誘うなど、夜によく働きます。この切り替えが上手くいっていないと、体は当たり前の事が上手にできなくなります。呼吸をする、食べ物を消化する、腸を動かすなどの自分の意思がなくてもできる事が上手くできなくなり、痙攣性便秘になりやすくなります。
先進国では5人に1人は痙攣性便秘になっていると言われており、もしかしたら気づかないうちにこの症状が現れているかもしれません。
【病院に行くべき?】
痙攣性便秘になったら、病院に行くべきなのか迷いますよね。便が全く出てないわけでもないのに、病院に行くべきなのか…。
もし病院に行くのならば、受診するのは内科や胃腸科です。そこで薬をもらう事になるのですが、痙攣性便秘で厄介なのは原因が分からないという点です。痙攣性便秘はストレスで自律神経が乱れているから症状が出てくるというのが一般的な考え方ですが、実はまだよく分からない便秘なんです。そのため、医師はストレスの有無、他の病気が隠れていないかなどを診察して治療となります。
つまり、病院に行っても便秘の対処だけで原因はよく分からない場合があります。どうしようもなく困っているならば病院に行くべきですが、まずは自分ができる事をやって痙攣性便秘を治していきましょう。
【どうやって治す?】
痙攣性便秘で病院を受診すると、患者や先生にもよるかと思いますが、漢方を処方されるケースもあるようです。漢方と聞くと体に良さそうなイメージがありますが、漢方を服用すれば便秘が治り、服用しなければ便秘になるという便秘の根本解決にはなりません。 
また、ストレスが原因だから、ストレスを発散しよう!とはなりますが、ストレスが発散できないから便秘になるのであり、発散できたらストレスなんて溜まりません。それに、発散はどうやってするの?とそれから分からない場合もありますよね。
ストレスが発散できればする、もしできなければ、あるプログラムをやると痙攣性便秘は改善するかもしれません。
【治すために役立つプログラムとは?】
痙攣性便秘を治すためのプログラムとは、 「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムです。便秘を薬で治すような応急措置ではなく、便秘に正面から向き合っている数少ないプログラムです。どうやったら自力で便秘を治していくのかという教材なので、薬や病院に頼らずに自分の力で腸をコントロールして、痙攣性便秘を解決していけるでしょう。
痙攣性便秘は自分の体調や精神の不調を訴えているものなので、放っておくのはあまりよくありません。便秘でも下痢でもないのが、健康な体です。便が全くでないわけじゃないから…と甘く考えないで、きちんと治していきたいですよね。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム