あがり症の克服に大事なプラス思考は比較しない思考

  • 2014年7月30日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考になるようにするには少し傾いたネガティブな思考などをチェンジさせるにするとても大切なんです。

嫌な考え方に陥った場合に共通する好きではない考え方のクセというのは、そばにいる人もしくは目の前の人と比較して「自分は不運だ…」と消極的な考えをに日々を暮らすことである。

例えば自分以外が結婚するという報告をしてきたとき君個人としてはいかがですか?口では「結婚おめでとう!」と祝福していたとしても深層心理では「祝いたいけど私なんて想い人がいないから結婚出来るのかが心配だ…」などというように、こういった悩ましい気持ちのようなものを持ったりしていませんか。

このような気持ちがマイナス思考はよくないのでこういった他人と比較してより悪い方に思い込むしてしまうこというのを改善したら楽観的な思考になるはずだ。

現実は他人と比べるものではなく違うと認識することみることが必要なのです。

自分自身にはよさあなたにはあなたの素敵なところみんないいところがあるという事実と正確に理解するようになることが肝心です。

ポジティブ思考または異常な思考なんかは、結局は「考え方の癖」が原因です。

プラス思考が癖になっている場合は何でも明るく捉えて、消極的な思考当たり前になってしまっている人悪い方に捉えるようなメカニズムがあるのです。

もしもの話をしよう友達が結婚したり取引先と契約が決まった場合は「私は何もできない」と思考するのはやめ、「友達も出来たんだから私にも出来るはず」という感情や読み取りを増大させ癖にしていき、それが定着したら物事を前向きに考えるプラス思考になる。

人の幸福と自分の幸福、どちらが幸せか不幸かの不毛な悩みはキリがないのです。

幸せになる為のプラス思考の人は幸せな気持ちを他者と比較するなんてことはしません。

今幸せだなあ。

「みんな違ってみんないい」その気持ちがあればいいのだ。

これからの考え方としては自分と他人を同じにせず比較をやめて、各個人が「素晴らしい個性」なのだというリアルを見出して尊敬しあいし合っていきませんか。

そうすれば楽観的な思考ないい方向になれるでしょう。
あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。