あがり症の克服に大事な深く愛される女はプラス思考です!

  • 2014年7月19日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

幸せになる為のプラス思考のような考え方に考えを持つためには末期的な消極的な思考ではない考え方に変化させることが意味あるなことです。

マイナスな思考のような方の好ましくない慣れていることで特徴的なのは隣の席の人か他の人見比べてみて「自分は幸せではない…」というようなネガティブな考えをを持ち流されることである。

例として友人が結婚するといった知らせをよこしてきたとき君はどう思う?口では「いい報告を聞けて嬉しい」喜び祝福あげていても腹の中は「祝福するべきことだけどこちらの方はパートナーみたいな人さえいないから結婚が出来るか怖い…」ようなこのような病んでいるようななどを抱いてはしてる?こういったマイナスな思考なので、このように照らし合わせてよくないように捉えたりしちゃういうのをやめてしまえばプラスになるような思考をすることができる人間になるのです。

もともとは他人と比べるものではなく分けて考えることを持つことが重要である。

人には人の素晴らしさがあり相手には相手のよさ素敵な個性があるんだという思いをちゃんと認識する必要があるのです。

幸せになる為のプラス思考またはネガティブ思考は本当のところ「癖」が原因です。

ポジティブ思考が癖になってる人はどんなことになっても良い方に考えてマイナス思考がクセになっている人はマイナスに捉えるような体制があるのです。

例えば友達の結婚が決まったり、先輩に褒められた場合は「私は友達のように出来なくてダメだ…」と思わずに、「友達も出来たんだから私にも出来るはず」という意志や解釈を増やして慣れさせていき、定着すれば前向きな考えになります。

他の人の幸せと自分の幸運、どちらが幸か不幸かの不毛な悩みは数え切れません。

ポジティブ思考の人は自分の幸せを他人と比べません。

ありのままで幸せ。

「うちはうち、よそはよそ」その考えがあれば問題ありません。

今度から他人と区別して比べるのをやめて個人個人が「輝ける個性」なのだということを見識し周りの人を尊敬してしてはどうですか。

そうしていけば明るい思考になっていけるのです。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。