あがり症の克服に大事なプラス思考は潜在意識レベルから尊重の感情を!

  • 2014年7月17日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

時間が空いたので以前から気になっていたプラス思考について調べてみました。

プラス思考に自分の思考を向けるには偏っているネガティブ思考なんかを正すのが意味あるなことなのです。

異常な思考に陥った人の常用的な好ましくない当たり前になってしまったで目につくことは身近な人と比べてみて「自分は幸せではない…」という風にマイナス思考な考えに陥って生活するです。

例として友人が結婚するといったなどを報告されたら一友人としてどのように思うでしょうか言葉では「オメデトウ!」とお祝いあげていても本音では「祝福するべきことだけど自分なんて彼なんて存在しないから結婚出来るのかがきつい」と、こういった不安心のようなものを抱いてはしてない?このような考え方がネガティブ思考なので、こんな比較し良くない方に思い込むしてしまうことなどをやめさせていい考え方の考え方になっていくのです。

実際は比較するべきものではなく区別いくことが必要です。

自分には自分自身の優れたところがあり相手には相手の自慢できるところ比較しようがない個性があるがあるとことを理解することを100パーセントの納得をすることが大事です。

明るい思考なんかやネガティブ思考などは実際は「習慣」です。

明るい思考が当たり前になってしまっている人はどんなことになっても楽観的に捉えて、ネガティブ思考がクセになっている方はネガティブに捉えるようなシステムが完成してしまっているのです。

もしもの話をしよう友達の結婚が決まったり、仕事でうまくいった場合は「なぜ友達ばかりが幸せになるのかな…」と思うのではなく、「友達に出来たなら私にもきっと出来る」という思いや持論を増やして慣れさせていき、定着すれば明るい思考になります。

相手の幸せと自分自身の幸運、どっちが幸か不幸かなんて考えていたら数え切れません。

前向きの姿勢の人は幸せと感じることを人と比べません。

今も充分幸せ。

「自分は自分、人は人」その気持ちがあれば大丈夫です。

これからは他人と区別して比べずに各々が「素敵な個性」なんだってリアルを認めて尊敬しあいしていきませんか。

そうすることでプラス思考などの前向きな思考になっていけます。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。