あがり症の克服に大事なプラス思考は比較しない思考

  • 2014年7月16日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考ってご存知ですか?プラス思考のようにそのようにするには偏ったネガティブ思考ではない考え方にチェンジさせるということが大切なんです。

人とは違う人思考の方々に共通する好ましくないクセと特有的なのは自分以外の誰かか自分といった身近な人比べてみて「世の中不公平だ」という暗い考えをを持ち日々を暮らすことを言う。

もしも友人が結婚するといったを聞いたら貴女は何を感じた?口では「結婚オメデトウ!」と友人の幸せを祝福していようとも内心では「祝福するべきことだけど僕には想い人みたいな人さえいないし結婚したいのに眠れない+A48」などというように、こんな感じの憂うつな気持ちなどを覚えたりしてない?これがネガティブな思考で、これらの周りと区別して悪い方に思い込むすることなどなどをやめれば明るい思考になるはずだ。

ぶっちゃけ人と比べるものではなく分けて考えることが重要である。

自分自身のいいところがあり相手には相手の長所がありみんないいところがあるといういう事実と100%理解する大事なのです。

楽観的な思考もマイナス思考などは実際のところ「癖」で決まります。

ポジティブ思考が当たり前になってしまっている人はどんなことになっても楽観的に捉えて、人とは違う思考が癖になっている方はダメな方に考えるような思考が作られているのです。

例えばの話友人のおめでたいことや取引先と契約が決まった場合は「私はもういいや」と思うことをやめて「私だって友達のようになれる」という思考や考え方を大きくして決めていき、定着すれば楽観的な思考になれるのです。

他人の幸福と私の幸せ、どっちが良いか悪いかといったようなことは数え切れません。

楽観的な思考の人は幸せな気持ちを人と天秤に掛けません。

ありのままで幸せ。

「自分は自分、人は人」そういった気持ちがあれば大丈夫です。

今からは自分と他人を分けて考えて比べることをやめて、めいめいが「ハイポテンシャルの個性」なんだとことを把握して尊重いきましょう。

そのようなことで楽観的な思考などの前向きな思考になっていくことができるでしょう。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。