医療レベルで関節炎にアプローチできる「N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン」を実際に購入した人たちの口コミ

医療レベルで関節炎にアプローチできる「N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン」を実際に購入した人たちの口コミ

グルコサミンやコンドロイチンのサプリはCMでもお馴染みですよね。「ドクターズチョイス N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン 240粒」は、日本で唯一の医療レベルで関節炎にアプローチできるサプリです。

関節炎のためのコンドロイチンとグルコサミン

グルコサミンは、アミノ酸と糖が結び付いたアミノ糖と呼ばれる成分です。軟骨を作る主成分、プロテオグリカンの材料となるのがグルコサミンです。軟骨は体を動かした時にクッションとなる部分ですが、加齢と共にプロテオグリカンは減って行きます。50代では20%しか残ってないため、40~50代で関節の痛みを訴える人が多くなるのです。

コンドロイチンは軟骨を柔らかくするための成分です。細胞同士を繋げる役割をしていて、保水能力に優れています。十分な水分があると言う事は、弾力があると言う事です。コンドロイチンはプロテオグリカンの中に存在し、栄養を運んだり不要な物を排出したりする働きもあります。コンドロイチンも加齢と共に減少し、40代では5%しかない貴重な成分です。

ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンが医療レベルの理由

「ドクターズチョイス N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン 240粒」が医療レベルなのは、グルコサミンやコンドロイチンが関節炎にアプローチできるボーダーラインの量を含んでいるからです。

関節炎対策に必要なコンドロイチンは1500mg、N-アセチルグルコサミンならば800mgが必要ですが、ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミンは1000mgが配合されています。これをグルコサミンに換算すると、1875mgにもなります。

コンドロイチンが関節炎に必要な量は1100mgであり、ドクターズチョイスは同量を含みます。

そして関節炎にアプローチできるのがMSM(有機イオウ化合物の一種)であり、500mgが必要です。MSMはグルコサミンの吸収を助ける働きがあり、ドクターズチョイスでは最高品質のMSMを配合しています。

他社製品と比較

ドクターズチョイスが他のグルコサミンやコンドロイチンサプリと違う点は、成分の配合量とMSMが含まれている事です。関節炎のための配合量であり、ただグルコサミン配合と書いてあるサプリとは違います。また、MSMはあまり聞き慣れない言葉ですが、関節炎の鍵となる成分でそれもきちんと配合しています。

さらに、ドクターズチョイスではグルコサミンではなくてN-アセチルグルコサミンを配合しています。グルコサミンは体に吸収される時にN-グルコサミンとなります。そのため、N-アセチルグルコサミンを最初から配合していた方が吸収率が3倍にもなるのです。

必要な物をきちんと配合し、吸収率まで考えられているのが「ドクターズチョイス N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン 240粒」なのです。

 

実際に購入した人たちの口コミ

他の関節炎サプリよりも体の調子が良いです。

90歳になる母が2年愛用しています。飲み始めて1年ぐらい経ち、膝の痛みがなくなってきて座れるようになりました。

飲み始めて2~3日で効果を感じ始めました。

医療レベルのサプリだからこそ、関節炎や痛みにアプローチしやすいのが「ドクターズチョイス N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン 240粒」なのです。口コミで、それが証明されています。

 

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)