ニキビの原因。子供と大人でニキビの呼び名は違う?ニキビができる場所の違い?正しいケア方法!

今、ニキビで悩んでいる人は非常に多いと思うんです。9割近い人がニキビを今までに経験をされていると思います。ニキビは大人だけの問題ではなく、子供でもニキビに悩んでいる人は多いんですよ。ニキビは治ることが多いですが、ケア方法を間違えると悪化したり、ニキビ痕になったりします。
ニキビについて正しい理解をしましょう。まとめていますので、参考にして下さいね。

■子供と大人でニキビの呼び名は違うの?
ニキビには、「思春期」と「大人」のニキビがあります。これは、できる原因が違うんですよね。
まず、思春期ニキビですが皮脂の過剰分泌が原因でニキビになってしまうんです。思春期は新陳代謝が活発な時期になるので、皮脂の分泌も増えてしまうんですね。これは、大人に成長する過程でホルモンのバランスが崩れることで起こってしまうんです。
そして、大人ニキビですが皮脂の過剰分泌の他にストレスや食生活の乱れなどでホルモンのバランスが崩れるんです。現代、ストレスのない生活を送ることが難しかったりするとは思うんですが、様々な要因でニキビになるんです。

■ニキビができる場所に違いがある?
「思春期ニキビ」「大人ニキビ」では、ニキビができる場所に違いがあります。「思春期ニキビ」では、額、顔、鼻部分にできることが多いんですが、「大人ニキビ」は頬や口の周り、顎などにできるのが特徴ですね。20才までは「思春期ニキビ」と呼びますが、20歳を越えると「大人ニキビ」と分類されるんですよ。

■正しいケア方法
ニキビを改善するのには、正しいケアが必要になります。まずは、「洗顔」と「保湿」が基本的なことになってきます。
皮脂が多いからと言って、何度も洗顔をするのはNGです。皮脂を取り除きすぎて肌を乾燥させてしまいます。肌の乾燥もニキビの原因となるんですよ。洗顔は1日2回が基本です。朝は、水またはぬるま湯だけで顔を洗い、洗顔後はすぐに化粧水などで保湿をすることを忘れないで下さいね。夜は、洗顔料で丁寧に皮脂や角質、毛穴の汚れなどをキレイに取り除きます。洗顔料をしっかりと泡立てて、泡だけで洗うイメージで泡を転がすようにして洗顔していきます。洗顔後は成分が残らないようにしっかりと洗い流し、化粧水や乳液などで保湿をしっかりすることが大切です。

夜に洗顔料で汚れなどを落としているので、朝は水またはぬるま湯で洗うので十分です。必要以上に洗顔をすると角質層の水分を失ったり肌を傷つけたりすることがあるので過度な洗顔はしないように注意をしましょう。洗顔後は必ず保湿ケアを忘れないようにしましょう!

■ニキビの状態について
ニキビには、順番があるんです。進行するにつれて「ニキビ痕」となって治癒させるのに時間がかかる場合があります。
まずは、自分のニキビの状態を把握することが大切ですね。

○白ニキビ
ニキビができ初めの状態で「初期段階」の状態です。ニキビが悪化する前に正しいケアをすることで改善されることが多いです。自然に治癒することが多いんですよ。

○黒ニキビ
ニキビが空気に触れることで酸化します。酸化することで黒く変色をするんですね。まだ初期の段階ではあるので「白ニキビ」同様に洗顔と保湿のケアで改善されることが多いです。ここからは進行させないように気を付ける必要があります。

○赤ニキビ
皮脂や角質が毛穴で詰まり、毛穴の通気が悪くなりアクネ菌が繁殖した状態です。赤ニキビになると腫れて痛みを伴う場合があります。まずは洗顔と保湿ですが、悪くならないように食生活など改善しなければなりません。食生活、ストレスを溜めない、睡眠をしっかり取るなど日常生活を改めることが重要です。赤ニキビになるとまずは皮膚科の受診をお勧めします。塗り薬などを使いながら改善することで痕が残ることなく治癒させることができます。

○黄ニキビ
赤ニキビが進行した状態で、膿が溜まった状態です。腫れだけでなく痛みも伴っています。黄ニキビは毛穴の奥深くまで膿が溜まっているので排出させなければなりません。皮膚科にいくかどうかを躊躇している状況ではありませんよ。すぐにでも皮膚科を受診しなければ進行すると「クレーター」になって自費診療でなければ治癒させることはできなくなってしまいます。これ以上悪化させないように注意が必要です。

○紫ニキビ
膿と血が混ざり、皮膚が固くなっているので「切開」をして膿を排出させなければなりません。ここまでくると治癒までにかなりの時間がかかりますし、キレイに治るかどうかはわかりません。要するに「末期」の状態なんですよね。ここまで進行するまでに改善が必要だったんですよ。保険診療ではまずもとの肌のように治癒は難しいと考えた方がいいでしょう。自費診療でレーザーなど高額な費用が必要になります。高濃度ビタミンの点滴やレーザー、ピーリングなどかなりの金額がかかってくるはずです。
この状態になる前に手を打っておく必要がありましたね。でも、諦めないでください。できることもありますので、すぐにでも皮膚科に駆け込みましょう!1つ1つできることから改善をしていくことで徐々に症状は良くなってくるはずです。

■まとめ
ニキビについて理解は深めることができましたか?症状が進行することで「治癒」までに時間がかかったり「クレーター」のように痕が残ってしまうことがあるんです。ニキビは恥ずかしい病気ではありません。早期の治療開始が本当にキーポイントになるんです。少しでも参考にしてもらい、早めの受診をお勧めします。明るい明日を迎えるためにも一歩踏み出すところから始めましょう!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)