辛い二日酔い対策と予防なら米国の臨床実験でも証明されている二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」を分解してくれる「N-アセチルシステイン」という成分配合のコレを飲む30分前に1粒!

辛い二日酔い対策と予防なら米国の臨床実験でも証明されている二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」を分解してくれる「N-アセチルシステイン」という成分配合のコレを飲む30分前に1粒!

正規品飲む30分前に1粒飲むだけ!
お酒を飲んで後悔する前に二日酔い対策をしませんか。お酒を飲む前に「ドクターズチョイス N-アセチルシステイン プラス(二日酔い用)」1粒摂取することで二日酔いを防ぐことが出来るので気にせずお酒を楽しむことが出来ます。

こちらのサプリに含まれている主成分の「N-アセチルシステイン」が、二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド(毒素)」を素早く分解してくれます。これは、米国の臨床実験で証明されていることです。臨床実験についての詳細は「公式サイト」の「臨床実験内容~分析方法~結果」の部分でご確認いただけます。

二日酔いの原因…主成分のN-アセチルシステインとは?

大量のアセトアルデヒド(毒素)を分解しきれないから二日酔いに!
二日酔いが起こる理由は、飲んだアルコールにより発生した「アセトアルデヒド(毒素)」を分解できなかったからです。お酒を飲み過ぎると肝臓の分解する力が追い付かず、「毒素(アセトアルデヒド)」を体内に残すことになるのです。肝臓はアセトアルデヒドと呼ばれる毒素を分解し、二日酔いを防いでいます。しかし大量のアセトアルデヒド(毒素)が体内に入ると、肝臓は分解し切れません。それが二日酔いの原因です。アセトアルデヒド(毒素)を分解してくれる成分
そこで役立つのが、N-アセチルシステインという米国の臨床実験で証明されている成分です。この成分はアセトアルデヒドを分解する力を持っています。

アメリカの国立生物工学情報センターでは、ねずみを使ったアルコール実験を行いました。アルコールを摂取したねずみと、アルコールを摂取してさらにN-アセチルシステインを摂取したねずみとを比べた結果、N-アセチルシステインが二日酔いの症状を抑えるのが分かったのです。さらにこの実験から、アセトアルデヒドを分解しきれないと悪玉コレステロールが高まるのも分かりました。

N-アセチルシステインは、実験から二日酔いを防ぐのをサポートするのが証明付けられたのです。

ドクターズチョイスのN-アセチルシステインプラスの特徴

分解スピードが早い成分!値段が安い!含有量が多い!
ドクターズチョイスのN-アセチルシステインプラスは、プラスと商品名に付いているようにN-アセチルシステインだけが配合されている訳ではありません。ビタミンCとビタミンB6まで配合されています。

ビタミンC  → アルコールの分解をサポートして体外へ排出促進!
ビタミンB6 → 体内でN-アセチルシステイン(毒素分解)の効果を長持ちさせる!

ビタミンCはアルコールの分解をサポートし、体外に排出するのが期待できます。ビタミンB6は、体内でN-アセチルシステインが効率的に働くのをサポートしています。この2つのビタミンが、N-アセチルシステインの働きを効率良くしているのです。

N-アセチルシステインという成分が二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」をすスピーディーに分解してくれることは米国の臨床実験でも証明されていることです。ですので、お酒を飲む前に1粒飲むことで二日酔いの心配がなくなります。

こちらのドクターズチョイスのN-アセチルシステイン プラスの含有量は、なんと500mg!

【 ドクターズチョイス】L-システイン 500mg(二日酔い用)

ドクターズチョイスのN-アセチルシステイン プラスの口コミ

若い時は気にせずに飲めていたのに、40代になったら翌日を気にするようになりました。しかしN-アセチルシステインプラスを飲む前に摂取すると、全く二日酔いにならずに済みます。

1粒飲むだけのお手軽サプリなのに、翌日は元気に過ごせます。

胃と肝臓を壊してから、酒に弱くなりました。しかし、飲まなきゃいけない日は事前にN-アセチルシステインプラスを飲んでいます。ウォッカやシャンパンなどを飲んでも、寝る前にまたN-アセチルシステインプラスを摂取すれば体が軽いです。

親戚一同が集まる飲みの席では、大人はみんな二日酔いになってしまいます。そこでN-アセチルシステインプラスを皆に飲ませた所、全員が二日酔いにならずに済みました。

 

二日酔い解消の為にも原因を知りましょう

二日酔いが起こる原因には大きく分けて二つありまして、その一つがアセトアルデヒド(毒素)になります。アルコールが体内に入ると肝臓で分解をしてアセトアルデヒド(毒素)に変化をします。なのでアルコールを摂り過ぎるとアセトアルデヒド(毒素)が全身に回り神経細胞に影響を与えるために二日酔いの状態を引き起こします。

また二つ目は逆流性食道炎が原因となる場合です。普段は胃と食道は逆流をしない為に細くしまっているのですが、飲酒をするとアルコール作用で緩んでしまいます。そうすると胃液が食道に向かって流れてしまいますので吐き気や胸焼けなどの胃の不調を発症してしまうのです。

これらの原因を知っておくことで二日酔いへの対策を立てる事ができますので、二日酔いの時は体の中で何が起こっているのかをしっかりと把握しておきましょう。

【二日酔いを直す方法】

では次に二日酔いを直す方法についてお話をいたします。二日酔いの体の状態としては一言で言いますと、カラカラの状態となります。ですので水分補給がとても大切になるのです。しかしだからと言って水分であれば何でも良いのかと言うとそう言う訳ではなく、特にお勧めの飲料と致しましては塩分や糖分が含まれていて体の吸収にも良いスポーツドリンクになります。特に二日酔いの場合には胃が荒れているケースが多いので真水よりもやや塩分が含まれていた方が胃にも優しくて刺激が少ないのです。また尿の排出が多くなるので糖分も不足しがちですのでこれが怠さの原因にもなるのです。またつい冷えた水を飲みたくなってしまいがちですが、常温で飲む事が一番良いとされています。

【二日酔いに聞くツボ】

最初にご紹介するのは期門(きもん)になります。これには辛い二日酔いを早く解消させてくれる効果があります。因みに飲む前に刺激をすれば悪酔いや二日酔いを低減させる事が期待できます。ではこの期門は何処にあるのかと言いますと両側の乳頭と真下の肋骨が交わる部分に位置しています。また押し方と致しましては実は右側の期門のみとなります。ですので右の期門に両手の人差し指、中指、薬指、小指を当てて状態を倒しながら刺激をしてゆきます。また手のひらの中心、やや手首よりにある健理三針区も親指で強くおしたり、また爪楊枝を10本位束ねて輪ゴムでまとめ、健理三針区がほんのり赤くなる程度まで軽くつつくと二日酔いに効果があるとされています。特に普段ツボ押しをしていない人は本当に二日酔いのツボなんで押しても効果があるのだろうかと不信になる場合もあるかと思いますが、案外効果があるので是非試してみて下さい。

【二日酔いで吐く事を阻止するには】

お酒を飲み過ぎると言う事は食べ過ぎと同じく胃もたれや胸焼けを起こします。またアルコールが胃を刺激して食べた物を消化する為に必要な胃酸の分泌を促進させます。またこの胃酸は強い酸性ですので刺激が強く深いな症状を導いてしまいますので吐き気を催してしまうのです。ですのでとにかく二日酔いで吐く事を阻止したい場合には胃薬を飲む事が一番のケア方法となるのです。因みに前の晩に何度か吐いてしまっていると既に胃が荒れている可能性が高いですので、そんな時には胃酸を抑える「制酸薬」が良い効果を期待できます。
その他にも整腸剤や乳酸菌製剤でも中枢神経を抑えて吐き気を止めてくれる効果が期待できますので、先ずは胃の環境を普通に戻す事を優先して考える様に致しましょう。

【二日酔い予防の薬について】

お酒を飲む前から「今日は絶対に飲む」と分かっている場合があります。例えば周りのメンバーがお酒が強かったり歓送迎会や忘年会などです。その様な場合にはお酒を飲む前に予防の為の薬を飲んでおくと良いでしょう。最近ではテレビコマーシャルでも放映されていますが、ウコンやシジミエキスを活用してある物です。ある一説ではむしろ鉄分を含むウコンやシジミと言うのは過剰に摂り過ぎると肝臓を老化させてしまうと言う話もありますが、でもウコンやシジミの成分が二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを害がない成分に変換する手助けをしてくれる効果も期待できるのです。ですので摂取する事に意味はあるので是非試して見ましょう。

ドクターズチョイス N-アセチルシステイン プラス(二日酔い用)

【二日酔いの吐き気を解消する方法】

お酒を飲んで二日酔いになった時には時すでに遅しとはいえ、吐きたくて吐く人なんて何処にもいません。できれば吐き気を解消させたいと誰しもが願う事となります。そんな場合にはどうしたら良いのかと言いますと、きっと吐き気がある場合にはあまり食欲はないと思います。ですのでそんな時にはフルーツを食べる事がお勧めです。この理屈としてはフルーツには豊富なビタミン類やクエン酸が含まれております。そしてこれらの成分は肝臓の働きを助けてくれる効果が期待できるのです。ですので肝臓でアセトアルデヒドを分解を促進させてくれる事が期待でき、吐き気を解消させてくれるサポートをしてくれるのです。

【二日酔いの時の食べ物について】

二日酔いになってしまったとは言え、何かを食べないと体に良くないと思った時にはどの様な食べ物が体に良いのかが気になります。
ガッツリ系とは行きませんが幾つかご紹介を致しますので、覚えておくと必ず為になると思います。先ず始めにご紹介するのは柿になります。実は柿は二日酔いに効果が高いとされており、その理由と致しましてはビタミンCと果糖がふんだんに含まれておりますので、果糖はアルコールを効果的に解毒してくれますし、また肝機能を高めてくれるのです。そして特に熟した柿または干し柿には果糖が多く含まれているのでお勧めとなります。またシジミは二日酔いに良いと言う事はご存じある方も多いかと思います。これはシジミに含まれているオルチニンが肝機能を高めてくれて二日酔いを改善してくれるからなのです。また朝に卵を食べる習慣がある方は卵は卵黄に含まれているシステインが二日酔いの原因物質を分解してくれますので是非摂取する様に致しましょう。

【二日酔いの治し方について】

二日酔いの治し方はご自身なりの方法でも結構ですのでパターンを作っておく事でかなり楽になります。それと言うのも二日酔いになってからどうしようかと調べ事をする時間も元気も実際の所はそんな余裕はないのではないかと思うからです。幾つかの治し方のパターンをご紹介致しますと、二日酔い時は舌の筋肉が緩んでいるので空気の通り道が狭く、喉がガラガラになってしまいます。なので横向きに寝ると舌の位置が安定をして深く呼吸をする事ができると言われています。また抱き枕を使用すると体の重みを自然に分散してくれますので気持ちを楽にしてくれる効果があります。ですのでもし抱き枕がない場合には毛布や掛布団で抱く様に横向きに寝ると良いでしょう。また少し余裕が出てきた場合にはお風呂に入る事で新陳代謝を向上させる事ができます。そうするとアルコールの分解が高まって酔いを醒ます事ができます。

【二日酔いとヘパリーゼについて】

みなさんも一度は聞かれた事があるかと思うヘパリーゼですが、成分と致しましては肝臓エキスとウコンエキスがダブルで入っておりますので、アルコールとアセトアルデヒドの分解を促してくれます。ですので皆さまの二日酔いの悪体調をサポートしてくれます。またヘパリーゼの飲むタイミングは何時が良いかと言いますと、お酒や食事を召し上がる直前に飲んでおくことがお勧めとなりまして、かなり体調を軽減する事ができるのです。ですのでお酒を飲む前やまたは飲んでいる途中などご自身が結果を出しやすいタイミングを覚えておくようにしましょう。また二日酔いになりやすい方が事前のヘパリーゼを飲んでおくことでお酒を飲んでも翌朝大丈夫であったと言う効果もありますので、飲み会の際には1~2本カバンに用意しておくと良いでしょう。

まとめ

二日酔いを防ぐためにウコンを飲む、あまりお酒を飲まないようにしてるなどの工夫をしてるなら、ドクターズチョイスのN-アセチルシステインプラスを飲んでみたらどうでしょうか。

N-アセチルシステインという成分が二日酔いの原因であるアセトアルデヒド(毒素)を分解する事が、米国の臨床実験で証明されました。この成分が配合されている「N-アセチルシステインプラス」を飲む30分前に1粒飲めば二日酔いの心配なし!

そして、お酒を飲んだ後にもう1度、サプリを飲むともっと効果が期待できます。

口コミでもサプリで二日酔いしなくなったとの声が多数あるので、二日酔いを防ぐのに期待できますよね。

ドクターズチョイス N-アセチルシステイン プラス(二日酔い用)

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)