舌磨きをしてもすぐに舌が白くなる…。それは細菌がバイオフィルムという膜に守られているから舌磨きでは取れないのです。

舌磨きをしてもすぐに舌が白くなる…。それは細菌がバイオフィルムという膜に守られているから舌磨きでは取れないのです。

舌の白い汚れが口臭の原因の1つ

鏡の前であっかんべーをした時に、舌が白く汚れている事はありませんか?実は、この「舌の汚れこそが口臭の原因」と言われています。口臭が気になると言う方の中には、食べ物や体調が原因と考える方も少なくないと思いますが、どんなに食べ物や体調に気を付けていても、舌の白い汚れが取り除かれない限り口臭が消える事はありません。もし口臭がきついと感じる場合は、歯磨きの時等に一度「舌のチェック」をしてみると良いでしょう。

舌の白い汚れの正体は舌苔(ぜったい)細菌、食べ物のカス、細胞が剥がれ落ちたもの

口臭の原因と言われる白い舌の汚れですが、この白い汚れの正体とは何でしょうか?実は、細菌や食べ物のカス、舌の細胞が剥がれ落ちたものが、舌の上にまるで苔の様に白く蓄積されていきます。この白い汚れこそが「舌苔」と呼ばれる口臭の原因であり、強い悪臭を放つ様になるのです。息が臭いと感じる場合「舌苔のせいで口内環境が悪化」して「細菌が発生」している場合がありますので、注意が必要です。

舌苔が出来る仕組み

舌苔が口臭の原因である事が分かりましたが、どの様な仕組みで舌苔が出来てしまうのでしょうか?まず、舌の表面を良く見てみると、ザラザラとしており凹凸がある事が確認できます。この凹凸には食べカスが入り込み易いだけで無く、剥がれ落ちた細胞もどんどん蓄積されていきます。これらがいつまでも取り除かれないと、やがて汚れが腐敗して細菌が発生して「舌苔」が出来てしまうのです。

舌苔とバイオフィルムの関係

舌苔にはバイオフィルムが関係していると言われています。この聞き慣れないバイオフィルムとは、簡単に言えば「細菌のかたまり」になります。バイオフィルムは歯の表面や隙間にも付着し易く、また膜の様に付着すると剥がれにくい性質を持っています。舌苔が取り除かれないままですと、細菌がどんどん発生してして、やがてバイオフィルムとなり、舌だけに留まらず「歯や歯茎にも悪影響」を及ぼします。

 

舌の白い汚れ(舌苔)を取れば口臭は一時的に消える

もし口臭が気になったり、誰かに指摘された場合には、すぐにでも口臭を何とかしたいと思いますよね。そんな時には、舌の白い汚れ(舌苔)を取り除く事で、口臭を一時的に消す事が出来るのです。舌苔はきちんと綺麗に取り除けば、あっと言う間にピンク色の綺麗な舌に生まれ変わり、口臭もスッキリと消えるのです。しかし、あくまでも「口臭が一時的に消える」だけなので、常に綺麗な息を目指す為には「舌苔を根本的に解決する専門のケア」が必要と言えるでしょう。

 

舌の白い汚れはタングスクレーパー(舌みがき)で綺麗に取れる

舌の白い汚れ(舌苔)を綺麗に取り除きたい場合には、タングスクレイパーと言う舌みがき専用の道具を使用すると、簡単に落とす事が出来ます。タングスクレイパーは、歯ブラシで擦っても落ちにくい舌の白い汚れ(舌苔)も、効率的に取り除いてくれますので、ネット通販等でも人気の高い口臭予防グッズとして知られています。また、歯磨きをする時に使う習慣をつけると、口内環境を清潔に保つ事ができるでしょう。

 

舌の隙間の白い汚れは舌ブラシで少し掃除出来る

舌の表面には深い溝や隙間がありますので、奥深くに汚れが入り込んでしまう場合があります。舌の隙間に入ってしまった汚れは細菌が発生して、白い汚れ(舌苔)として蓄積されていきます。この隙間に入ってしまった白い汚れは、舌ブラシを使用して、少し掃除する事が出来ます。舌ブラシは歯ブラシを変形させた様な形状で、あたりも優しいので舌の表面を軽く掃除するのに、適した道具と言えるでしょう。

 

舌ブラシやタングスクレーパーは舌を傷つけてしまう場合がある

舌ブラシやタングスクレイパーを使用する場合、気を付けて使用しないと舌を傷つけてしまう場合があります。例えば、舌ブラシを使い強く舌の表面を擦ってしまったり、タングスクレイパーを頻繁に使い過ぎてしまうと、味覚を感じる味蕾を傷つけてしまい味覚障害を引き起こしたり、舌をみがき過ぎてしまう事で、繊細な舌の細胞を刺激して炎症を起こし「かえって口臭が酷くなってしまう場合」もありますので、注意が必要です。

舌の舌乳頭が傷ついて角化すると更に舌の白い汚れが増える仕組み

舌には、舌乳頭と呼ばれる細かい突起が所狭しと密集しています。この舌乳頭が舌ブラシやタングスクレイパーの過度な使用により傷ついて、舌乳頭の一部である糸線乳頭が角化して長くなってしまいます。やがて、剥がれ落ちた舌の細胞や食べカスが、角化した糸線乳頭の間に溜まり易くなり、口の中に細菌が繁殖して白い汚れが増えていきます。舌の白い汚れを取り除く事は口臭を防ぐ為にも大切ですが、方法を間違ってしまうとかえって舌苔を増やしてしまう原因となるのです。

舌磨きでは見た目は綺麗になるけど舌の汚れ(細菌、食べ物のカス、細胞が剥がれ落ちたもの)はちゃんと取れない

舌磨きをする事で、舌の色は見違える程綺麗になります。しかし、見た目が綺麗になっていたとしても、細菌、食べ物のカス、細胞の剥がれ落ちたものは「完全に取れていない」事が多いのです。舌磨きでは、舌の表面を綺麗にお掃除する事は出来ますが、舌の溝はとても深く入り組んでいますし、細菌のかたまりであるバイオフィルムで覆われてしまうと、そう簡単に汚れを落とす事はできないのです。

 

舌苔はバイオフィルムという膜に守られているから舌磨きでは取れない

舌苔は言わば「細菌の温床」と言えます。舌苔を綺麗に取り除く事が出来ず、蓄積されていけば、やがて細菌が繁殖して舌苔は細菌のかたまりである「バイオフィルム」と言う膜に覆われてしまいます。バイオフィルムで守られた舌苔は、舌磨きで簡単に落とす事はできません。また、舌磨きでゴシゴシ磨いてしまうと、かえって舌を傷つけてしまい、舌乳頭(糸線乳頭)を角化させて舌苔を増やしてしまう原因となるのです。

 

バイオフィルムを溶かすにはアルカリイオン水

舌苔を覆う頑固なバイオフィルムを除去するのに、効果が期待出来ると言われるのが「アルカリイオン水」です。アルカリイオン水は有害な化学物質を含んでいないにも関わらず、除菌効果が高い事で知られています。また、舌苔についたバイオフィルムを、アルカリイオン水によって溶かす事が出来ますので、口臭を完全に元から断ちたいと考えている方でしたら、アルカリイオン水でうがいをするだけでも大変効果があるのです。

 

強アルカリイオン水の口臭予防歯磨き粉「美息美人」

口臭に悩んでいる方に是非おすすめしたいのが、舌苔や、舌苔を覆う細菌のかたまりであるバイオフィルムを除去して、口臭を予防、撃退するのに効果が高いと評判の口臭予防歯磨き粉「美息美人」になります。美息美人は、pH11.4の強アルカリイオン水を含んでいますが、大変安全性に優れており口臭の原因と言われる舌苔やバイオフィルムを、深部から取り除いてくれます。美息美人は歯磨き粉になりますので、無理無く毎日の習慣の中で口臭ケアを行う事が出来るでしょう。綺麗なピンク色の舌に戻しましょう!

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

重曹水で舌苔が取れる

口臭の原因となる舌苔を取る効果が期待出来るのが、重曹になります。重曹とはお掃除やお料理にも使われている「炭酸水素ナトリウム」ですが、この重曹をお水に溶かしたものが重曹水です。重曹水はタンパク質を分解する作用がありますので、重曹水で口をゆすいだり歯磨きをする事で、舌苔をスッキリと取る事が出来るのです。ただし、重曹水の濃度によっては、口の粘膜に刺激を与えてしまう事がありますので、重曹水で舌苔を取る場合には注意して行いましょう。

 

天然重曹と化学合成重曹の違い

口臭の原因となる舌苔を取り除く効果の高い重曹ですが、重曹には天然重曹と化学合成重曹があります。天然の重曹とは、自然から取れた成分のみで作られていますので、環境や人体にも極めて安全性が高いものになります。化学合成重曹の重曹とは、添加物が含まれている等、天然重曹とは純度にも違いがあります。重曹には、食用とお掃除用に分かれている商品も多く、天然重曹なのか化学合成重曹なのかも含め、購入前にチェックしておくのが良いかもしれません。

唾液が舌苔を洗い流す

唾液は舌苔を洗い流すと言われています。その理由とは、唾液が消化液の一部でありタンパク質を分解したり、口臭を予防する効果があるからです。口の中が乾いてしまうと、舌苔が少し残っているだけでも細菌が増殖し易い環境になりますので、更に舌苔が増えたり口臭も強くなってしまいます。唾液がちゃんと出ていると舌苔やバイオフィルムも作られにくくなりますので、普段から鼻呼吸を心掛け、ガムを噛む等して口腔内が乾くのを防いだり、唾液がちゃんと出るようにしておきましょう。

 

唾液分泌が少ない原因

唾液分泌が少ない原因として、緊張、ストレス、口呼吸、咀嚼回数の少なさ、生活習慣、加齢による筋肉の衰え、ホルモンの低下等が考えられます。唾液分泌が少なくなると、細菌が増加し舌苔が増えたり口臭がきつくなるだけで無く、風邪をひきやすくなったり、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいますので、普段から食べ物をしっかり噛んで食べる習慣をつけたり、ドライマウスにならない様に鼻呼吸を心がける様にしましょう。

 

はちみつが口臭や舌苔に効果的な理由

はちみつには殺菌効果や抗菌効果が高く、口臭や舌苔の予防に効果が期待出来ると言われています。口臭の原因は、舌に残った舌苔により、細菌が発生して口内環境が悪化したり、細菌の増殖で歯の周りをバイオフィルムが覆いつくすと、歯茎等にも悪影響を与えて、口臭が強くなる原因の一つである歯周病等も引き起こしてしまいます。口臭を予防する為に、普段からはちみつを積極的に摂取する様に心がけましょう。

 

にんにくが舌苔を取るのに効果的な理由

にんにくは舌苔を取るのに効果的と言われています。にんにくと言えば独特の臭いを放つ事から、口臭が強くなるイメージがありますが、実は舌苔を取るのに良いと言われる、タンパク質分解酵素が含まれているのです。最近では無臭にんにくや、にんにくの臭いを和らげた加工食品も多く販売されていますので、口臭の原因となる舌苔を予防する為にも、にんにくを食事に取り入れてみましょう。

 

まとめ

口臭を予防する為に舌苔を取り除く事は、美しい息を作るだけで無く、口内環境を整えて虫歯や歯周病、その他の病気を防ぐ効果も期待出来ます。口臭は、毎日の生活習慣の中で舌苔を取り除く事で、簡単に解消する事が出来ますので、息が臭うのは生まれつき、どうせ治らないと諦めずに、アルカリイオン水を含む歯磨き粉や、舌クリーナー等を使い予防改善される事をおすすめします。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)