プラス思考は無意識レベルから尊重の感情を!

幸せになるにはプラス思考って必要不可欠ですよね。

プラス思考のようにそのようにするには重度のマイナスな思考を改善させるにする大切なんです。

マイナス思考な人のよくない慣れていることと目につくことは他者か自分といった身近な人見比べてみて「自分は幸せではない…」といった後ろ向きな考えをにとりつかれ流されることだ。

一例をあげると友人が結婚するといったことを伝えてきたとき貴方個人としてはどう思う?笑顔を浮かべ「お祝いしなきゃ!」と祝福あげていても本音では「幸せを喜ぶべきだけど俺なんてパートナーも身近にいないし結婚したいのに怖い…」など、これらといった悩ましい気持ち的なものを心で思ったりしていませんか。

こちらがマイナスな思考な考え方なのでこの周りと比較して暗いほうに考えるするなんかを終了にして前向きの思考を持てるようになるであろう。

実は比較するものではなく分けて考えることが必要で大事です。

私には私の素晴らしさがあり自分以外の人にもいいところがあり比較できない個性があるがあるんだという事実と納得することがことができるようになる必要があります。

物事を前向きに考えるプラス思考もマイナスな思考などは本当は「慣れていること」によるものです。

ポジティブ思考が常用癖のある人はなんでもすべて前向きになるように捉えて、ネガティブな思考常用癖のある人マイナスに捉えるような思考が出来上がるのだ。

もしも友達の結婚が決まったり、仕事で上手くいったことを知った場合は「私は友達と違って不幸だ…」と思考するのはやめ、「友達に出来たなら私にもきっと出来る」という考えや考え方を増やしてパターン化していき、自分自身のものにしていけば前向きな考えになることができます。

周りの幸せとこっちの幸せ、幸せなのはどっちかの不毛な悩みは終わりがありません。

ポジティブ思考の人は喜ばしい気持ちを人と天秤にかけたりしません。

今が一番幸せ。

「自分は自分、人とは違う」その考えがあれば心配いりません。

今からは自分と他人との違いを認め比べることをやめて、ひとりひとりが「素晴らしい可能性」があるファクトを呑み込みお互いを尊敬いきましょう。

実践していくと物事を前向きに考えるプラス思考で人生も前向きになっていくことができるでしょう。

「考える」は生産的でステップアップ!「悩む」は非生産的でループする!プラス思考は大事