プラス思考は無意識レベルから尊重の感情を!

時間が空いたので以前から気になっていたプラス思考について調べてみました。

楽観的な思考のようになるようにするには極度の嫌な考え方を変えるにするとても大事であるといえます。

異常な思考な方々がするよくない当たり前になってしまったで特有なのはそばにいる人か自分と比べてみて「自分は不幸だ…」などとネガティブな考えを持ち流されることなのです。

もしもの話をしよう友達が結婚するというを聞いたら貴方個人としてはいかがだろうか?笑顔を浮かべ「結婚おめでとう!幸せになってね!」と喜び祝福したように振舞っても心では「祝福するべきことだけど自分の方は好意を寄せている人も居もしないから結婚出来るかどうか考えると辛い…」などのようなこれらの病んでいるようななどを抱いてはいないでしょうか。

このようなことがマイナス思考なので、この照らし合わせて暗いほうに考えるとようなことを改めると楽観的な思考の考え方に変化するのです。

現実は見合わせるものではなく人と区別してが肝心です。

私自身には優れたところがあり相手には相手の強みがあり褒められるような個性があるという現実を100パーセントの納得をする重要なのです。

プラス思考なんかやマイナスな思考も、いずれにしても「クセ」に影響されます。

前向きの姿勢がクセになっている場合は何が起きても明るく考えてネガティブ思考がクセになっている人良くない方に考えるようなシステムが出来るのだ。

一例としては友人のおめでたいことや仕事でうまくいった場合は「私は友達と違ってダメだなぁ…」と思わずに、「友達に出来たなら私にもきっと出来る」という思考や考え方を多くしてパターン化していき、自分自身のものにしていけば楽観的な思考となるだろう。

自分以外の幸せと私自身の幸せ、どっちが幸か不幸かと考えていたら永遠にキリがありません。

ポジティブ思考の人は幸福感を人と比較するなんてことはしません。

今が幸せ。

「私は私、人は人」そういった考え方があれば大丈夫です。

今からは他人と明確に区別して比べることをやめて、それぞれが「可能性を秘めた個性」である現実をわかり尊重ししていきませんか。

そういうことで明るい思考になることができるでしょう! プラス思考になる為に知っておこう!「考える」は生産的でステップアップ!「悩む」は非生産的でループする