振られた相手との復縁を成功させるには

振られた相手との復縁を成功させるには

1.振られた原因を考えましょう
さて、本日は復縁についてのお話をさせていただきます。世の中には復縁をしたくて悩んでいる人がたくさんいます。またケースとしては2つのパターンが考えられます。それは自分が相手のことを振ったのか、または振られたのかと言うことです。もし女性側が振った後の復縁であれば男性側にまだ未練があれば簡単に復縁が成功するかもしれません。しかしあなたが振られた場合にはもう一度相手のことを追いかけないといけない立場になりますので、自分はなぜ振られたのかを自分なりに分析をして理由を考えておくことです。なぜならその理由が分からなければ復縁をしてもまた同じことが起こってしまいますし、そもそも復縁までたどり着かないかも知れないからです。もちろん答えは一つだけである必要はありませんし、もしかすると皆さんがたくさん考えたのに相手が思っていた不満はその中にすら含まれていないのかも知れません。でもここで大切なことは過去の自分の言動を振り返って分析することになります。もしピッタリの答えが見出せれば良いですが今まで自分のことを振り返ったことすらなかった人にとっては自分自身のためにもなりますし同じ過ちを繰り返さないプロセスにもなるのです。
2.相手へのアプローチ
さて、自分なりの相手に振られた要因を見つけることが出来たら次のプロセスは相手にコンタクトを取ることです。これは怖いかも知れませんが、しかし自分が振られたパターンでの復縁の場合には待っていてもまず相手から自分の都合が良い様に連絡が来ることはありません。ですので恥ずかしくてもこちらからコンタクトをしないと何も始まりません。また自分が振られた場合には相手としたら直ぐにあなたとは連絡を取りたくないと思っている人もいるかも知れませんし、連絡を取ったとしても相手に話す内容が頭の中でまとまっていない場合には更に相手に対して不信感を与えてしまうことにもなりかねません。ですのであまりゆっくりし過ぎてもいけませんがだいたい3〜4週間の間で自分の気持ちに整理を付け自分自身で出した短所のことと今後は同じ様なことをしないと言う気持ちを言葉にする準備を終わらせて連絡をしましょう。その時には決して泣きつく姿勢ではなく真剣にもう一度相手と付き合いたいと言う気持ちがある上で連絡をすれば気持ちが伝わり会ってくれると思います。
3.告白の時に気をつけること
いざ告白をする時には気をつけることがあります。まず1番大切なことはガツガツしないことです。まして自分が振られた場合には立場的には弱い方ですので焦ると相手に意図が見透かされてしまいます。最終的には意図を伝えないといけませんが最初に話さないといけないことは別に謝ることでもありません。自分自身が反省をしてここが悪かったんだよね。と自分の言葉で話すことです。そうすると初めは無言の状態が続くかも知れませんがあなたが自己分析をした姿を見れば相手も腹を割って今まで話せなかったことを話し始めるはずです。実はこれが出来れば第一関門突破です。次のステップは今後は同じ過ちを絶対に繰り返さないと言うことを明言して先ずは相手に飲み込んでもらうことですが、これはその日ではなくても良いでしょう。
何故なら第一関門を突破したことでもう連絡を取りやすくなったからです。なのでその日に勢いでも話せれば良いですが一旦は腹を割って話せた所でその日は別れて後日、また話しても良いでしょう。段々とあなたが変わって行く姿を見ているうちに相手も必ず付き合っていた当時の愛おしさを思い出すはずです。そして相手があなたの決意を分かってくれたらもう一度付き合って欲しいと告白をしましょう。この様に段階を踏んで行くことでもう一度お互いの信頼関係が再構築されて行き復縁が成功します。