浦沢直樹の「MONSTER」

先日、浦沢直樹の「MONSTER」を全巻買いました。
ベルリンの壁崩壊前後のドイツやチェコの社会情勢などがミステリーを軸にしたストーリーに盛り込まれていて、大変興味深く読みました。
最後の意味深な終わり方も、すごくゾクゾクしました。