粒が小さいマルチビタミンの特徴

サプリを選ぶとき、あなたは何を重視していますか。

メーカーや栄養素、品質など選ぶポイントはたくさんありますが、「粒が小さいこと」を基準にサプリを選ぶという人もいるでしょう。

粒を飲み込むのが苦手な人からすると、確かに粒が小さいサプリがいいと思いますよね。

ここでは、粒が小さいマルチビタミンの特徴について紹介します。

粒が小さいと数が多い

粒の小ささを基準にマルチビタミンサプリを選ぶと、大抵が「飲む数が多くなる」ことを覚えておかなくてはなりません。

1日に必要なビタミンをまとめたものがマルチビタミンなので、1日に必要な量が摂れるようになっています。

つまり、粒が小さくなればなるほど、たくさん飲まなければ1日分のビタミン量に該当しない、ということ。

粒が大きめのものなら1日1粒ですむものが多いですが、粒が小さいと3〜10粒ほど飲まなければならない場合もあるのです。

分けて飲めばすむ話ですので、粒を飲み込むのが苦手な人には小さい方がいい、という点は変わらないでしょう。

ただし、1日に何粒も飲みたくない、分けて飲むのが面倒だという人は、粒の大きさと飲む数のどちらを重視するか、自分できちんと考えて決めてくださいね。

まとめ

粒が小さいマルチビタミンサプリの特徴について、紹介しました。

粒が小さいことはメリットでもありますが、人によってはデメリットにもなりうるようです。

マルチビタミンは毎日飲むものですから、自分が納得するものを見つけられるといいですね。