夜のウォーキングがおすすめです。血流がよくなれば、眠りの質も上がり、肩こりや頭痛も軽減されますよ。

健康維持を考えるなら、ジョギングよりもウォーキングのほうが効果が高いです。
特に自律神経のバランスが崩れているなあ、と思っている方にはウォーキングがおすすめですよ。
ジョギングは運動量があり、呼吸が速く浅くなるので副交感神経のレベルが低くなってしまいます。
中高年の方々は、副交感神経がどうしても低い傾向にあり、ジョギングをすればますます下がってしまい、逆に老化を招く原因になってしまうのです。

ウォーキングならば、呼吸を意識する事ができて呼吸が深まり、副交感神経を上げられるのです。
呼吸は、自律神経をコントロールできるので、副交感神経が刺激され血流が良くなって体がリラックスできるのです。
だから、健康な生活を送りたいなら、ウォーキングくらいの軽い運動がいいのです。
そして、ウォーキングをするなら夜がいいですよ。

夕食後から寝る1時間前までに、30分〜1時間位ゆっくりとウォーキングをしましょう。
一日中仕事をしてのうっ血による肉体疲労には、夜の適度な運動がかえって疲れをとる事に効果があるのです。
ウォーキングなどの軽い運動を夜に行うと、末梢の血管が開いて血流がよくなるからなのです。
血流がよくなれば、眠りの質も上がり、肩こりや頭痛も軽減されますよ。

低体温の方が増えています!低体温は癌が最も好むものなので低体温改善をしましょう。36.8℃の健康体温を取り戻そう!

冷え性に!血液サラサラで身体の芯までポカポカ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓