ミトコンドリアの機能とミトコンドリア機能障害が招く事とは?

ミトコンドリアの機能とは?

私たちの体を正常に機能させる為に必要とされるのが、細胞内にあるミトコンドリアなります。ミトコンドリアとは細胞の小器官であり棒状の形をしていますが、細胞内で増殖しながらエネルギーを作り出しています。ミトコンドリアは絶えず同じ数ある訳では無く、加齢、生活習慣、ストレス等によって減ったり増えたりを繰り返しており、ミトコンドリアが増えると人間の体は沢山のエネルギーを蓄える事ができますので、病気から体を守ったり、老化を食い止める等の効果を発揮します。しかし、加齢等の原因によりミトコンドリアが減少すると、体全体のエネルギーも低下しますので、体に様々な弊害が生まれてしまうのです。

ミトコンドリアの機能が狂うとどうなる?

ミトコンドリアの機能が狂ってしまうと、人間の体はエネルギーを作り出す事ができませんので、体調に変化を感じるだけで無く、見た目にも変化が生じると言われています。例えば、すぐに体調を崩し易い、疲れ易い、やる気が出ないと言った症状がある場合、病院を受診してもどこも悪く無いと診断された場合には、ミトコンドリアの機能が狂っているかもしれません。ミトコンドリアの機能は、ちょっとした生活習慣や運動を心がけるだけでも正常に戻す事ができますが、やはり継続してミトコンドリアの機能を正常に戻す為の生活習慣を送る必要がありますので、常に意識して生活を送る事がミトコンドリアの機能を正常に保つポイントと言えるでしょう。

ミトコンドリアの機能障害とは?

ミトコンドリアは人間の細胞内で、増加、減少をしていますので、細胞内に数千万いるミトコンドリアであっても、様々な理由で減少してしまうと、体の機能が衰えたり、病気にかかり易くなってしまいます。それがミトコンドリア機能障害と呼ばれる現象なのです。逆に、ミトコンドリアが増加すると人間の体は沢山のエネルギー物質を生産する事ができますので、全身の代謝が上がり、内臓機能の働きが活発になる等、同時に疲労も感じ難くなります。この状態はミトコンドリアが正常に働いている証拠と言えるでしょう。ミトコンドリアの機能障害は、ミトコンドリアの数を増加させる事で正常に戻す事ができます。

ミトコンドリアの機能障害が招く事

ミトコンドリアの機能障害が起こると、具体的にどの様な症状が体に起こるのでしょうか?まず、ミトコンドリアが注目される点として、細胞内でエネルギーを作り出していると言う事になります。ミトコンドリアの機能障害が起きた場合には、当然人間の元気の源であるエネルギーを作り出す事が困難になりますので、体力が低下して疲労を感じ易くなりますが、それ以外にも活性酸素が発生してガンのリスクが高まったり、皮膚の老化や内臓機能の老化を早めたり、アルツハイマーや躁鬱病と言った病を招いてしまう事でも知られています。他にも運動機能障害を引き起こす原因となりますので注意が必要です。

ミトコンドリアの働きを正常にするには

ミトコンドリアの働きを正常に保つ為には、積極的にミトコンドリアを増加させる事が重要になります。まず、ミトコンドリアを増やすのに適している運動の一つに、有酸素運動があります。有酸素運動は疲労感を伴う激しいものより、長く継続できる軽めのインターバル運動がオススメです。例えば、ゆっくり歩いた後に少しスピードを上げて歩くを繰り返す等、無理無くできる徒歩や速歩は、ミトコンドリアを効率的に増やす事ができるでしょう。軽い有酸素運動は、年齢や体力に関係無くどなたでも取り入れ易いのが特徴ですので、最近体力に自信が無いと言う方でも生活習慣の一つとして、是非実践して見ましょう。