子育ての大切な事について

父親の私には14歳の子供がおります。
遊びたい真っ盛りの年頃です
産まれた頃から5歳位までは、キス、
もちろん間接な口づけ例えば、
『食事で口の中に含んで食べさせる』
などはしたいでしょうけど、我慢して下さい。
そうすれば虫歯に成りずらくなります。
子供の名前は占い師や他人では無く必ず親がつけてあげて下さい。
大きくなったら、それが愛情だったと感じますからね。
幼児期は甘やかしても良いですけど、
5歳位からは『叱る』事も覚えさせて下さい。
しかし、ただやみくもに叱るのでは無く、
なぜ叱られたか、理由を考えさせて、
叱られた理由が答えられた時は褒めてあげて下さい。
例えばこんなやりとりです、
親『なんで怒られたかわかるない?』
子『よくわからないよ〜』
親『君は一体何をしたかよ〜く考えてごらん。』
子『う〜んと、勝手にお菓子を食べちゃった事かなぁ?』
親『そうだよ〜よくわかったなぁ?偉いぞ!やれば出来るじゃないか?君は大切な子なんだから二度としちゃダメだぞ!約束出来るかい?』
とまぁこんな感じが一例です。
そして段々成長したらうんと遊ばせてあげて下さい。
子供は遊ぶ事で様々な事を学んでいきますので。
反抗期を迎えたら親の意見だけを押し付けないで下さい。
反抗期とは子供が自分の考えや思想を持ち、親の考えと理解し合うとゆう事ですから。

占い師になる!36時間プログラム Fortunate講座初級編

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)