復縁に必要なメール術!誠意を伝えるには?

復縁はとても難しいことです。もし、あなたが復縁したくても、相手の気持ちがすでに冷めてしまっていることも少なくはありません。おまけに喧嘩別れだったりすると、容易に呼び出して話し合ったり家に行ったりするとストーカーだと思われる等、ややこしい事態にもなりかねません。

そんな時に役立つ、復縁するための、もしくは復縁のきっかけを掴むためのメール術をご紹介いたします。ポイントは三つあります。

 ポイント1

まず一つ目は、あえて絵文字、顔文字は一切使わず文章のみで勝負することです。絵文字や顔文字のメリットは文章に喜怒哀楽を簡単に付け加えられることですが、デメリットとしては内容を軽く見られがちだったり、普段使い感がどうしても出てしまうことです。それにより「顔文字や絵文字の使用は真剣さが伝わりにくいデメリット」があるので文章だけで気持ちをストレートに伝えることが必要になってきます。文章のメリットとしては冷静に気持ちを伝えることが出来る点です。

また、親しき中にも礼儀ありと言うように、礼儀とは相手を尊敬する気持ちを表す形ですので礼儀は大事なことです。相手を「軽視しないことは何よりも大切」です。

 ポイント2

二つ目は、長文を避けることです。あまりにも長すぎる文章は場合によっては相手にとってとても重苦しく、うっとおしいものだと感じる可能性が高いと思います。何故なら、嫌だと思って別れたのですから、嫌なイメージがある以上、長文を見た瞬間、文章全体が嫌なイメージになりやすいのです。

特に、復縁のメールなんて相手に気持ちがない場合、長いと読まずに削除される可能性が高いのです。なので、長くてもページ内に収まるようにまとめます。良い長さはどんな文章でも一段落五行ぐらいとされています。内容に必要なのは誠意です。自分をあまり出さずに相手を尊重しましょう。

相手の心を無視した復縁など有り得ません。

 ポイント3

三つ目は、一文目に勝負をかけるということです。一文目が相手の心にとまれば、その後の内容は読んでもらえます。効果的なのは「謝罪と相手の期待を満たすこと」です。

復縁したいならひとまず謝ってみてください。「この間は本当にごめん、どうかしてた。原因も理解できた。」と1行目に書いてあるのと「この間のことなんだけど、聞いてくれる?」と書いてあるのでは随分印象が変わります。自分が悪くないとしても、復縁したいと最初に思ったのが自分なら相手を立ててみてください。

また、この三点プラス、誰かに頼らず自分の言葉で伝えることもとても大切なポイントです。

情報社会なので、口コミや知恵袋など相談できるところはたくさんあります。友達や家族も協力してくれるかもしれません。ですが、自分自身の言葉はあなたしか持っていないものです。包み隠さず自分自身の気持ちを文章にしてみてください。

もし、ダイレクトにメールにできないなら、紙に書いて気持ちを整理してみるのも一つです。いろんなことを文章にせずに書くことで、自分が本当に伝えたいことを見つけることができます。そうして考えた言葉は相手にも伝わるものです。

全てがメールで解決できるとは思いません。ですが、口下手で話せない、きっかけにしたいというのならメールはとても効果的です。本当に相手を大切に思うことを精一杯伝えて、その言葉が相手に届けばきっと復縁は叶うはずです。

そして、最期に大切な「相手の期待を満たす」こと。

とても重要なことをお伝えします。それは「人を行動させているものは期待」だということです。「相手を理解するということは相手の期待を理解する」ことです。

口先だけの理解は相手に届きません。

相手はあなたに何を期待していたのかが、しっかり理解できれば復縁の成功率は一気に上がります。相手にプラスになることを理解しましょう。

そして「癒し」とは「理解」のことなんです。皆さんも経験があると思いますが自分の気持ちをしっかりわかってもらえた時ってすごく嬉しいですよね?「理解」されることはすごく嬉しくて「癒し」になるのです。相手の期待を理解することは相手を癒すことにも繋がっていくので復縁を成功させるためにはとても大事なポイントになります。

相手を尊重して、理解して癒して、そして相手の期待を満たせる自分になること。それが最高の復縁の方法です。もっと色々知って本格的な復縁をしたい方は日本トップクラスの復縁メソッド「7つのステップ(復縁女性版)」「7つのステップ(復縁男性版)」をお試し下さい。

コメント投稿をして下さる方は、文章を読んで「復縁したい人は、文章中のここを深く理解する復縁しやすくなるかも!?」と思う部分をあなたの言葉で投稿してみて下さい。色々な視点から復縁をしたい方に情報を届けたいと思っています。