クエン酸で美肌!クエン酸を摂取し適度に運動!若返るには新陳代謝アップ・体脂肪減少・顔・体のたるみ減少・筋肉増強、腸内環境を整えて肌の再生力を高めることも大事!

クエン酸で美肌!クエン酸を摂取し適度に運動!若返るには新陳代謝アップ・体脂肪減少・顔・体のたるみ減少・筋肉増強、腸内環境を整えて肌の再生力を高めることも大事!

 

クエン酸の効果について

クエン酸の効果は大きく分けますと、疲労回復・血流改善・ミネラルの吸収促進やガンの予防・美肌効果・痛風の予防が挙げられます。

まず、私たちの体は疲れやちょっとしたストレスが溜まりますと、体に乳酸という名の疲労物質が発生し溜まります。ですが、クエン酸は乳酸とよばれる疲労物質を分解してくれるのです。分解された疲労物質の乳酸をクエン酸がさらに炭酸ガスに分解し、尿として排出してくれます。

なお、その乳酸そのものは筋肉痛の原因ともなりますので、クエン酸を摂ることで疲労物質を除去し、筋肉痛予防にもなります。

私たち人間だけでなく生き物ほぼ全てには、糖質や脂質などをエネルギーとして変換するクエン酸回路というものがありますが、それら不足しますと、糖質や脂質が十分エネルギーに変換されず、やはり乳酸としてなってしまいます。ですので、クエン酸を摂取することで乳酸の生産を抑制することができるのです。

クエン酸には血液をサラサラにして血流を改善する効果やミネラルの吸収促進により、美肌効果もあります。

クエン酸を日頃から摂取することで体の老化を防いでくれます。老化の原因は、やはりなんと言っても体の酸化です。その細胞を酸化する活性酸素をクエン酸は除去してくれるため、美肌効果があります。またクエン酸は痛風の予防やダイエットにも効果的です。

あと、若返りにとても良いのが、新陳代謝アップ・体脂肪減少・顔・体のたるみ減少・筋肉増強「ドクターズチョイス DHEA 7-KETO+CLA」ですね。こちらは副作用の無い若返りホルモンとして特許収得もされていて、2012年以降、全米で大注目のサプリメントです。ただし、オリンピック委員会では筋肉増強剤としてドーピング対象になっています。

クエン酸の摂取量は?

クエン酸の摂取量の目安としては1日に2gですが、スポーツをする習慣がある人や、疲労が溜まっている人は、少し多めの5gを目安として摂取すると良いかもしれません。

ですが、クエン酸を一度にたっぷり摂ることはお薦め出来ません。というのは、時間が経つと体外に排出されてしまうからです。ですので時間を置いて、こまめに摂ることが大事です。ビタミンB群を一緒に摂ることで、より効率のよいエネルギー産生ができます。スポーツ後は糖質と一緒に摂る。もしくは糖を含む100%ジュースや果物を補給するとリカバリーのためのエネルギー産生がスムーズになります。

副作用や健康被害のデータはありませんが、かと言って大量にクエン酸を摂ったり、1日1回摂ればよいというものでもありません。一番良いのはやはり、毎日規則正しい生活リズムをして、バランスのとれた食事、そしてこまめにクエン酸を摂ることが大事と言えます。

クエン酸とピーリングについて

最近注目を集めているクエン酸ピーリング。そもそもピーリングとは、英語で言うと「剥がす」とか「皮をむく」という意味で妙な違和感があるかもしれません。

しかし、肌が本来持っている力にいろいろと手をかけてあげてしみやニキビや夏の紫外線などで傷んだ肌を元の状態に戻し、お肌の古くなった角質ではがれずに残ってしまったものを、ピーリング剤を使って落とすという角質ケア方法が本来の目的です。

ピーリングを行うことで、お肌の奥にできてしまったメラニン色素を排出し、皮膚表面の代謝を促し、毛穴の詰まりを掃除したりすることで、シミやくすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビなど、様々なお肌トラブルの予防や改善効果、また真皮内のコラーゲンも増えるのでアンチエイジング効果があります。

しかも自宅で出来て、クエン酸だけでも、数百円で手軽に購入出来き、高い化粧品を購入する必要がないので経済的とも言えます。

作り方はとても簡単で、クエン酸と精製水、グリセリン、重層などを揃えるだけで手ごろに作れます。さらに市販の化粧品よりも、大変安上がりです。

しかし、ここで注意が必要です。まずクエン酸に保湿効果が一切ありません。乾燥肌や敏感肌の人は、肌にトラブルを引き起こす場合がなきにしもあらずですので、注意してやる必要があります。一歩間違えますと、肌荒れの原因にもなりますので、自己流ではやらず、やり方と仕組みをしっかりと理解することが大事です。

ここでクエン酸 ピーリングをする時の注意点として、手で行うこと。

また顔をそると角質層が削り取られて、刺激に敏感になるので、顔をそった日とその翌日や、ピーリングを行った日とその翌日は顔をそらないことが大事です。クエン酸ピーリング後は、質層が薄くなっているので、水分が逃げやすい状態になっています。充分な化粧水で保湿して下さい。

ピーリングを毎日連続で行うと、新しい細胞の供給が追いつかず、ピーリング中に突然痛みが生じて、皮膚が赤くなる危険があるので、週に1回、多くても週に2回が良いでしょう。

あとは、腸内環境を整えて肌の再生力を高めることも大事です。肌の再生力を高める「ドクターズチョイス ビオチン」が良いでしょう。こちらは、原料にこだわっていて保存料等も一切使っていない安全な商品です。

クエン酸と疲労について

不規則な生活をしていたり、過度の運動でストレスを溜めると、エネルギーがうまく作りだせず新陳代謝が悪くなってしまいます。

代謝の乱れは歳をとることで。引き起こされますが、何もしないで放置しておくと、疲労物質である乳酸が体内に蓄積され、いつまでも疲労感がぬけなかったり、太りやすくなったりするなど、体に多くの支障を与えます。ここで必要なのがクエン酸です。クエン酸には、血液さらさら効果や乳酸を筋肉から肝臓に回収してエネルギーに変換します。血液がさらさらになりますと、当然血流は良くなります。

さらに、乳酸をエネルギーに変えれば、疲れは基本的に溜まらないという仕組みです。疲労回復だけでなく、肩こりや筋肉痛の予防にも効果があります。

ちなみに、クエン酸は、「酸性」ではなく、アルカリ性で、梅干しやレモンなどいった柑橘類やお酢にも多く含まれています。クエン酸は、このように体内の新陳代謝を活発にしてくれるので、疲労回復だけでなく、肩こりや冷え症など、代謝不良による体の悩みにも、効果的な栄養成分と言えます。

あと、新陳代謝アップなら副作用の無い若返りホルモンとして特許収得されている「ドクターズチョイス DHEA 7-KETO+CLA」をお試し下さい。

クエン酸と肌について

クエン酸は食べ物や飲み物で摂取出来るだけでなく、実は皮膚からも体に吸収されます。クエン酸を摂ることで、エネルギーの生産が円滑になり、細胞一つ一つのサイクルにもよい影響を与えます。よって、皮膚の表皮の活性化などの効果も期待出来ます。細胞が活性化されるので、老化防止に役立ちます。

クエン酸は乾燥などからも守ってくれるので、クエン酸液を適量に薄めて顔や身体に付けるとスキンケアにもなります。クエン酸は細胞の再生効果があるため、美肌作りに欠かせない存在と言えます。クエン酸を洗顔として使用しますと、ピーリングと抗炎症作用の効果が高く、古い角質を取り除き、新しい肌へと再生させてくれる作用があります。

ただし、濃度が濃すぎると、肌荒れの原因にもなりますので注意が必要です。クエン酸で洗顔する場合は、3日に一度の割合で行うのが効果的かもしれません。最後にお湯を張った浴槽にクエン酸50グラムを入れてかき混ぜるとクエン酸風呂になります。弱酸性で殺菌効果があるクエン酸風呂は疲労回復だけでなく、美肌美白効果や、体臭予防効果、そして冷え性の改善効果があります。

是非試してみると良いかもしれません。

あと、肌の再生力も大事ですので、「ドクターズチョイス ビオチン」もおすすめです。美肌を手に入れている人は知っているかもしれませんが「ビオチン」はビタミンBの一種でお肌や髪の健康を保ってくれる素晴らしい成分です。

クエン酸と痛風について

痛風とは、尿中で排泄される尿酸の代謝異常が原因となり起こる疾患で、高尿酸血症とも呼ばれています。痛風の症状は激痛を伴う関節炎を起こして腎臓に付着したり、結石を作ったりするため、それが進行すると腎臓に機能障害をもたらし、動脈硬化などの合併症を引き起こす原因となってしまいます。

尿酸値が高くなる原因としては、アルコールの飲み過ぎ、動物性脂肪やたんぱく質の多い食事をいっぱい食べること、運動不足に、そして精神的に悪いストレスが原因とされています。そこで高くなった尿酸値を改善していく方法は、やはりクエン酸です。

ただ、クエン酸を摂取する前にしておくこととして、1日の摂取エネルギー量を減らし、尿酸を産生する原因となるプリン体を多く含む食品を避け、尿酸の排泄を抑えるだけでなく、血中の尿酸値を高めるアルコールを禁止するか、もしくはなるべく避けるかして、そして塩分の多い食事や塩分の強めの飲み物を控えめにすることが大事です。

その後にクエン酸を充分に摂取しましょう。

そうすることで、体内のエネルギー産生を効率良くなって、飲んだり食べたものが、しっかりと消費できるため、肥満の改善及び尿酸の排泄がスムーズになります。痛風に伴う症状が徐々に改善されていきます。

クエン酸と熱中症について

熱中症とは、外の気温が皮膚の温度より非常に高い時と湿度が極度に高い時、激しい運動などによって、体の熱を冷まそうとしても、放熱や発汗ができにくくなり、熱けいれん、さらに脱水症状による頭痛や吐き気など、暑さによって引き起こされる障害のことを言います。そこで大事なのが充分な水分補給です。しかし、ただ水分補給をすればいいというものではありません。

いくら暑くて喉が渇いたとはいえ、水を大量に飲んでいると、喉の清涼感が得られても、次第に渇きは収まらなくなり、さらに胃液も薄まって食欲が落ちて夏バテの原因にもなってしまいます。水分補給のほかに大事なことは、さらに栄養補給をして、疲労回復をさせることです。人間は水分が出ていってしまうと身体が、非常に疲れた状態になってしまいます。

ここで人間の疲れた体を回復を促進してくれるのがクエン酸やクエン酸が入ったスポーツ飲料などです。クエン酸は夏バテ防止にも非常に効果的で、疲労回復どころか、疲労物質の乳酸や脂肪をエネルギーに変換してくれることで、体に活力を与えてくれるのです。ただし、クエン酸で水分補給をする場合は、クエン酸の量を増やして濃くすることが大事です。濃くしなければ体に効果が希薄だからです。しかし、胃腸が弱い人は、無理に濃くせず、オリゴ糖などを混ぜて飲むと良いかもしれません。

クエン酸とダイエットについて

まず、クエン酸だけでダイエットは出来ません。クエン酸でダイエットをするには、食事から摂った糖質や、疲労の原因物質である乳酸、体脂肪などを分解し、エネルギーに変換するなどといったクエン酸サイクルが必要不可欠なります。そのクエン酸サイクルで、クエン酸が良く働き、サイクルが活発になればなるほど体内のエネルギーを効率よく燃焼させるようになり、肥満を防止し、疲れにくく健康的なスリムな体になるよう作用してくれるのです。

そこで効率的にクエン酸でダイエットをするために、自分の体の具合や運動する時間、また体重などに合わせて、1日に約2-6グラムを1リットルの栄養がアミノ酸やビタミン、ミネラルが含まれているスポーツ飲料などでに溶かして飲むと良いです。

なぜただの水ではないのかというと、スポーツ飲料に含まれるミネラルがクエン酸効果を発揮するためには、大変重要な鍵となるからです。またクエン酸はお酢にも豊富に含まれていますので、お酢に水で薄めて飲むことも良いです。もっとも、お酢の中では黒酢や香酢などにアミノ酸が沢山入っております。

しかし、胃腸が弱い場合は胃を荒らしてしまったり、逆に食欲を促進して、ダイエット効果がデメリットに働く場合があるので、お酢でクエン酸を摂り、ダイエットをする場合は食後が良いです。お酢もただ、摂ってそれで終わりにしないようにしましょう。

つまり、運動です。運動をすることで有酸素という酸素が十分体内に取り込むため一番効果的です。お酢を摂取した後に、ウォーキングなどが実にシンプルでダイエット効果が上がります。

最後に、規則正しい生活をして、効率良くクエン酸を摂取し、適度に運動することで、自分の理想としているダイエット法になります。無理しない程度に是非やってみてください。

あと、ダイエットにとても良いのが、「ドクターズチョイス DHEA 7-KETO+CLA」です。こちらを摂取することで、リバウンド防止の為の筋肉が付きますので、ダイエット後、減った体重を維持することが出来る唯一のサプリメントです。このサプリメントには「脂肪分解効果のあるCLA」と「脂肪を運んでくれるL-カルチニン」が配合されています。注意点としては中年の方の場合は、このサプリメントに含まれている「脂肪分解効果のあるCLA」と「脂肪を運んでくれるL-カルチニン」の量では足りないため、「ドクターズチョイス L-カルニチン 500mg」の併用がおすすめです。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)