「そんなんじゃ、いつか体壊しちゃいますよ」と言われ続けた上司がついに…。ウォーキングは健康の源です!

良く食べ、良く飲み、でも運動大嫌いな上司。
「そんなんじゃ、いつか体壊しちゃいますよ」と皆に言われ続け早や数年。
今年、ついにその時が来ました。
会社の健康診断で、血圧及び中性脂肪値が、基準をはるかに超える高数値。
「いやいや、ミスプリントか何かだろう」と、しぶしぶ再検査に向かった上司に下された診断結果は、
「あんた、このままじゃヤバいよ」
という、医師からの冷たい一言。大事には至らなかったものの、食事療法と毎日の運動を厳命されたのであります。
食事面は愛妻料理でなんとかなるものの、問題は運動。「俺はスポーツ観戦専門だからなぁ。」とボヤく上司。
そんな上司が唯一やる気を見せたのがウォーキングでした。
朝晩各30分、約3キロ歩くのを目標にした上司。
最初は、無事に歩けた自分へのご褒美と称して、帰りがてらコンビニでアイスを買い食いし、雨が降れば、風邪をひいたらいけないとタクシーに乗る始末。
おそらくウォーキングは続かないだろうと誰もが期待していなかったのですが、半年後の再検査の日まで、1日も休むことなく、上司のウォーキングが続いたのであります。
さて再検査の結果はというと、なんと数値がほぼ正常値!おまけに体重も10キロ減!タンスの肥やしになっていた細身のズボンがまた履けるようになったのです。
驚くことに、数値の改善やダイエットだけでなく、肌も艶々、下半身もキュッと引き締まり、まるでジムにいったかのよう。
ウォーキングは思わぬ効果をもたらしてくれるんですね!
体の内側も外側も健康にしてくれるウォーキング。少しずつでも、是非毎日の生活に取り入れたいものです。

低体温の方が増えています!低体温は癌が最も好むものなので低体温改善をしましょう。36.8℃の健康体温を取り戻そう!