インコとは?インコの種類。インコの飼い方

インコとは?インコの種類。インコの飼い方

インコとは?

インコとは、インコ目インコ科の鳥のことです
インコの種類によっては、インコ目オウム科に分類されるインコもいます。

インコは、アメリカ、アジア、オーストラリアや太平洋東方など広い区域に生息しているとされています。

インコは、基本的には果実やナッツなどを食する種子食です
インコの種類によっては、昆虫や他の動物を食するインコもいるようです。

ほとんどのインコは、一夫一婦でつがいを作ります。

インコは、体の色が鮮やかでキレイな色の種類が多く、
また、人間の声や物音などを真似したりする種類もいるため、
日本でも人気の鳥です

インコの種類

インコには、小型~大型まで様々な種類がいます
ここでは、一部のインコの種類の紹介です

■小型
セキセイインコ…カラフルな色の種類が多く、一般的に広く知られるインコ。
アキクサインコ…ノーマルのほかにオパーリンやルチノーといった種類があり、温厚な性格をしている小柄で可愛いインコ。
マメルリハインコ…あまり鳴かない種類のインコ。活発で好奇心旺盛な性格。

■中型
ボタンインコ…目のふちが白いのが特徴のインコ。
オカメインコ…頬にオレンジの丸い色がついたオカメ顔と頭の冠羽が特徴のおとなしい性格のインコ。
コザクラインコ…ずんぐりした体格と顔が赤色、体が緑など色がはっきりしているインコ。

■大型
ヨウム…灰色の体で赤色の尻尾が特徴。話をすることができるコンパニオンバードとして人気。
タイハクオウム…純白の体で、頭の冠羽が傘のように大きく広がるのが特徴。
キバタン…白い体に黄色の冠毛が特徴。雄たけびの声が高い。

他にもコザクラインコやワカケホンセイインコなど色々な種類の
インコがいます。「インコ 種類」のキーワードで検索してみてください

インコの飼い方

インコを飼う時の注意事項などをまとめたページです。

インコの適切な温度管理
インコを飼う時は鳥かご(ケージ)で飼う事がほとんどですが、温度が重要になります。
健康な鳥で約23~30度での保温が必要となります。それ以外の温度では、鳥の健康状態が保てずに
病気になったり体調を崩してしまいます。
なるべく、温度の差がない部屋で飼いましょう。
どうしても温度が不安定な部屋の場合は、ひよこ電気やヒーターなどを使ったり、
水槽やハムスター用のケージなど網カゴになっていないものを鳥かご代わりにして
一定の温度の中で生活できるようにしてあげるといいと思います。
夏場でも23~30度程度の温度を保つことが必要ですので、エアコンのきいた部屋に置かない、
直射日光は避けるなどして低温や高温にならないように十分に注意しましょう。

インコの食事
一般的にはホームセンターなどで購入できるアワなどの皮付餌や剥き餌のみを
与えることが多いと思いますが、下記のような食事の与え方がインコの健康上も
いいそうです。
①ペレット(完全栄養食で、海外輸入物が多い。)と
皮付餌か剥き餌の混合餌。
※ペレットだけでもいいという情報も多くありますが、高カロリーになり
肥満の原因にもなりそうなので、混ぜて与えるほうがいいような気がします。
②総合ビタミン剤を飲み水に1~2滴混ぜる。(お店ではネクトンSという商品があります。または、小鳥専門病院で処方してもらうことができます。)
③青菜(小松菜や豆苗など)、かぼちゃ、にんじんなどの野菜類。
※家のインコは、キャベツやレタスが好きみたいで、よく食べます。
④与えてはいけない食べ物
ポテトチップスなど人間が食べるスナック菓子。
果物、ご飯、パンなど。(基本的に人間の食べ物は与えない。)

①~③をバランスよく与えるのがいいとされているようですが、人間でも個人差があるように
インコによっても差があります。餌の量の調整や配合など飼っているインコにとって一番いい食事の与え方を考えていきましょう。
病院で相談するのもいいと思います。

インコの体調管理
インコなどの鳥類は、常に敵から身を守るために、本能で弱っている姿を隠すように
なっているそうです。
そのため、具合が悪くても人間が見ていると、平気なフリをしてしまうので病気になっていても
気づきにくいそうです。
人間が見ていてもグッタリしていれば、かなり危険な状態と認識していいと思います。

早めに具合が悪いことに気づくポイントは、
①羽に異常がないか確認する。…毛の色が変色していないか。地肌が見えるくらい毛が抜けていないか。
寄生虫がついていないか。など。
②便の状態を確認する。…水っぽくないか。便の回数が多すぎたり少なすぎたりしていないか。など。
③行動の確認をする。…昼間でもウトウトと居眠りしていないか。顔を背中の部分にくっつけて目をつぶって、ほとんど動かない。など、普段と違う行動をしていないか。

インコの異常に気づくためにも、普段の健康状態の把握をきちんとしておくことが
大切です。少しでも、おかしいな?と感じることがあれば、病院に相談して下さい。
電話で状態を伝えれば、アドバイスもしてくれます。

インコは小さな体で一生懸命に生きています。人間と同じように考えていれば、
インコの命が危険にさらされてしまう結果にもつながります。
一度飼うと決めたら、最後まで責任を持って飼いましょう。
どんなに小さくても人間と同じ大切な命ですから…。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)