しつこい爪水虫を完治・解決!自分で自力で治す方法!爪水虫は薬を使わず天然成分でも治せるって本当?

しつこい爪水虫を完治・解決!自分で自力で治す方法!爪水虫は薬を使わず天然成分でも治せるって本当?

水虫の原因は「白癬菌(はくせんきん)」というカビが原因の皮膚病です。
頭から足先、陰部など、どこにでも発生するものですが、一番多く発生する場所は足でしょう。更にそれを放置したりすると爪に菌が入って爪水虫になります。

爪水虫は痒みはありませんが、爪が白く濁ったり、厚みが増してくるのが特徴です。
患者の多くは「見た目が悪い」と思っている方がほとんどですが、あまり気にせずに放置している方が多いものです。

厚くなった爪が皮膚を圧迫して痛みの原因になったり、皮膚に食い込んで感染のもとにもなってしまいます。
皮膚の水虫は塗り薬で根気よく治療しますが、爪水虫の場合は塗り薬が爪の中に届かないので、飲み薬で新しく生えてくる爪を治さなければならないのです。
足の爪が生え替わるには1年ほど必要としますが、飲み薬で治療する場合は6月ヶ月間毎日飲み薬の内服が必要になります。

最近では「パルス療法」という短期で行う治療が用いられています。
毎日飲まなければならない飲み薬を、ひと月のうち最初の一週間に集中して一ヶ月間飲み、その後3週間は休薬します。
これを3回(3ヶ月)繰り返す治療です。
毎日約180日間内服する治療より、このパルス治療では21日間で終了します。

また、水虫は絨毯やバスマット、畳やスリッパからもうつりますので、常に洗濯や掃除、足の清潔を心がけておきましょう。

安心の天然成分で自宅で自力で治すなら

ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット

ドクターズチョイス 爪水虫対策 チモールリキッド

爪水虫で悩む人のためにぜひお勧めしたいのが、「ドクターズチョイス 爪水虫対策 チモールリキッド」です。日本未発売で、塗って水虫にアプローチしていきます。

チモールとは?

チモールとはハーブの一種であるタイムなどから採取できるもので、強い殺菌力を持っています。タイでは料理や薬草、ミイラ作りなど幅広く活用してきた歴史があり、昔から馴染み深い自然の成分です。

一方で水虫は、白癬菌という菌が肌に付くのが原因です。この菌は肌に元々いる常在菌ではなく、感染して水虫を発症させます。つまり、体に不要な菌なのです。だからチモールで殺菌しても問題なく、安心して撃退できるのです。

ドクターズチョイスのチモールリキッドに含まれる成分

ドクターズチョイスのチモールリキッドは、チモールと名前が付いてはいますが、配合しているのはチモールだけではありません。ウンデシレン酸も含まれています。

ウンデシレン酸とは人間の汗に近い成分で、皮膚表面を酸性にして菌が住みにくい環境作りを手伝ってくれます。汗に近い成分なので副作用の心配もあまりなく、安心して利用できる成分の一種です。実際に、一般的な水虫の塗り薬に配合される事もあります。

チモールで水虫の菌を殺し、ウンデシレン酸で水虫が住みにくい肌を作っているのがドクターズチョイスのチモールリキッドなのです。


ダブルの効果で水虫菌を殺す
ドクターズチョイス 爪水虫対策 チモールリキッド

より効率良く水虫にアプローチするためには?

チモールリキッドは、同じくドクターズチョイスから発売されているDr.G’sクリアネイルと併用すると、より効率良く水虫へアプローチできます。

Dr.G’sクリアネイルとは、爪水虫専用の外用薬として開発されたものです。有効成分のトルナフタートが菌にアプローチしていき、水虫対策していきます。特許を取得済みの期待できる薬なのです。

Dr.G’sクリアネイルを爪の上から塗り、チモールリキッドは爪と皮膚の間に注入する事でWでアプローチしていく事ができます。

口コミ

爪水虫に悩んでいたので内服薬を飲んでいました。しかし、アレルギーから体にかゆみが出てきていました。それがチモールリキッドを塗り始めたら、水虫が良くなってきました。

爪水虫に何十年も悩み、医者に内服薬を処方してもらいました。大量の薬のせいで肝臓が悪くなってきたので、チモールリキッドとDr.G’sクリアネイルに切り替えました。すると水虫がだいぶ良くなってきました。

チモールリキッドの口コミは他にもありました。そして、内服薬からチモールリキッドに乗り換えた人が多くいました。長年の爪水虫に悩んでいる、内服薬に嫌気がさしてきたなど、諦めかけた爪水虫にもチモールリキッドは利用しやすく、塗った結果として満足した人が多くいます。

チモールリキッドはチモールとウンデシレン酸が爪水虫にアプローチしていきます。塗るものなので、内服薬と違って体に負担をかけにくいのがメリットです。Dr.G’sクリアネイルと併用すれば、悩み続けた爪水虫の強力な助っ人になるでしょう。

ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット

爪水虫、という皮膚の病気を知っていますか?

ここでは、意外と知らない爪水虫について詳しく紹介したいと思います。

爪水虫は薬を使わなくても、天然成分で治すことができるそうですが、本当なのでしょうか。

爪水虫の原因は?

爪水虫は、誰でもなる可能性がある病気です。なんとなく男性に多いイメージがありますが、最近は若い女性にも増えているそう。ブーツやパンプスなど、足先が蒸れるファッションが流行しているのも、原因の1つと言えるでしょう。長時間ブーツを履く、雨で濡れたまま放っておくなどして足が蒸れると、ケラチンというタンパク質を含む汗や垢が溜まっていってしまいます。このケラチンをエサに爪水虫の原因菌が繁殖し、爪の周り、もしくは爪と皮膚の間から入り込むことで爪水虫を発症。

爪水虫は誰でもなる可能性があると言いましたが、爪水虫になる人はすでに足に水虫を患っていることが大半です。水虫のある人は爪水虫にもなりやすい、と覚えておきましょう。

爪水虫の原因菌は?

爪水虫の原因菌は、水虫の原因菌と同じ「白癬菌(はくせんきん)」。白癬菌は体のどこに感染するかで病名が変わります。体に感染すればタムシやゼニタムシ、頭ならシラクモ、股間ならインキンタムシ。そして爪に感染したものを「爪白癬」と呼ぶのですが、ここではみなさんにも馴染み深い「爪水虫」で統一させていただきます。白癬菌は真菌の一種で、カビの仲間。カビと聞くと驚いてしまいますが、爪水虫の原因菌は白癬菌というカビであり、白癬菌が爪の間に侵食することで起こります。

爪水虫が悪化すると?

爪水虫の症状は神経のない爪に出るので、痛みやかゆみなどはありません。そのため見た目以外に症状はなく、なかなか気づかないということも。かゆみや痛みなどの症状があればすぐに気づくことができますが、見た目だけだとつい見逃してしまうかもしれません。爪水虫の初期は爪の先が白く濁る程度ですが、悪化すると黄色っぽく変色していき、変色の部分も爪の先だけでなく爪の付け根の方にまで広がっていきます。

爪水虫が侵食すると最後には黒くなる

爪水虫は白濁色から黄色、そして最後には黒くなります。黒くなると爪はかなり脆くなり、爪としての機能を果たせていません。ここまで酷くなると、皮膚科では爪を剥がすという処置をすることもあるそうです。爪が黒くなるのは見た目的にも何だか嫌ですが、見た目以外にも日常生活に支障をきたすことがあるので気を付けなくてはなりません。爪水虫が悪化すると、爪がないため痛くて靴が履けない、歩行困難、そして糖尿病との合併症など様々な危険が。

そしてなりより、家族に移してしまうリスクがあることは忘れてはいけません。爪が黒くなっていたら、爪水虫がかなり侵食している証拠でもあるのです。ここまで悪化する前に、爪水虫に気づきたいものですね。

爪水虫の画像からわかる自力で治すための大切なポイント

爪水虫は、先程もお話ししたように症状がありません。かゆみや痛みなどがなく、見た目にしか変化がないため日頃から爪を細かく観察していなければ気づくのは難しいです。しかし、自力で爪水虫を治すためにはできるだけ早く爪水虫に気づかなくてはなりません。爪水虫の画像と自分の爪の状態とを見比べて、爪水虫かも?と疑いを持ちましょう。また、爪水虫を放っておくとどうなるのかも画像を見て知っておき、放っておくと危険だと自覚してください。

爪水虫は手にも出来る!

爪水虫は足の爪にできることが大半ですが、手の爪にできることもあります。白癬菌が付着した服やバスマットなどを手で触ったり、足の爪水虫を手で弄ることで、手の爪に白癬菌がつくことが原因。また、ネイルをしていると爪とネイルの間に入り込んだ水分で蒸れるため、白癬菌も繁殖しやすくなってしまいます。日常的にネイルをしている女性だと、爪の色の変化に気づきにくくなるため、手の爪水虫にも気がつきにくくなります。また、爪水虫があるとネイルサロンでの施術は断られることになるので、定期的にネイルを落として爪のチェックをしたいものですね。どちらにせよ、白癬菌は付いてもすぐに侵食することはなく、12時間以内に洗い流せば問題ないと言われているのでご安心を。

【爪水虫の治し方・治療方法(病院・薬)】

爪水虫を治すためには、皮膚科を受診するのが一般的です。

爪水虫は皮膚の病気なので、迷わず皮膚科に行きましょう。

皮膚科では爪の異変が本当に白癬菌によるものなのかを検査し、爪水虫だと分かれば治療を始めることになります。

爪水虫の治療は薬を用いることが一般的であり、皮膚科では薬以外の治療を行うことはほとんどありません。

[爪水虫に効果的な薬は?]

爪水虫の原因菌である白癬菌は、真菌の一種です。

そのため、治療に効果的な薬は真菌に対して効果を発揮する抗真菌薬。

むしろ、抗真菌薬でなければ爪水虫を治すことはできません。

皮膚科で最初に検査をするのは、きちんと爪水虫に効果のある薬を選ぶためのものなのです。

[爪水虫の飲み薬は?]

爪水虫だと塗り薬のイメージがありますが、実は爪水虫の治療に使われるのは飲み薬の方が一般的。

イトリゾールやラミシールという薬で、完治するまでには1年ほどの期間を要します。

飲み薬による完治率は90%以上と高いのですが、肝機能障害のリスクがあるため肝機能障害のある人は服用することができません。

また、副作用もあるため定期的に採血をしなくてはならないというデメリットもあります。

[爪水虫の塗り薬は?]

持病などの関係で飲み薬が使えない人には、クレナフィンやルコナックなどの塗り薬が処方されます。

塗り薬には肝機能障害などの副作用はありませんが、こちらは1年間治療をしても完治する確率はおよそ15%しかありません。

爪の奥深くにまで成分を浸透させることが難しく、爪の油分で弾かれてしまうこともあるからです。

1日1回塗るだけなので塗り薬は手軽ですが、完治率が低いため飲み薬が使えない人にしか処方されないようです。

爪水虫を自力で天然成分で治す

爪水虫の飲み薬は副作用があるし、塗り薬は効果があるか分からない…と薬を使うことをためらっている人におすすめなのが、爪水虫を天然成分を使って自力で治すというもの。

天然成分なら副作用もなく、安心して使うことができます。しかも水虫菌の99%を殺菌してくれるという優れものです。

ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット

[爪水虫・水虫菌の殺菌なら天然成分のティーツリーオイル]

ティーツリーオイルは、白癬菌を99.9%殺菌できる天然成分。

臨床実験で、その効果が認められている成分がティーツリーオイルなのです。

副作用の観点から長期間は使えない抗生物質よりも安全ということで、シャンプーやソープなどに配合されたものも増えてきました!

ティーツリーオイルなら、白癬菌を99.9%殺菌できるため爪水虫も治すことができるでしょう。

ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット

世界最高品質を目指しているメーカーから発売されている製品が「ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット」です。こちらのセットは、爪水虫と水虫の原因となる白癬菌や細菌を99%強力殺菌してくれる製品です。

3点ともドクターズチョイス製品なので「90日間全額返金保証」までついていて、更に、安心の「天然成分」です。天然成分などの副作用の心配なしで使用することが出来ます。これほどの根本的な対策セットは今まで見たことがありません。

詳しくはリンク先で詳細をご確認ください。

ファンガソープEX(ティーツリーオイルが菌を99%殺菌)
ファンガクリーム(ティーツリーオイルが菌を99%殺菌)
チモールリキッド(天然成分チモールで強力殺菌)

こちらの3点セットです。

菌はしつこいので、これくらいの徹底対策がおすすめです。

爪水虫と水虫は原因菌が同じで、両方患っている人も多いことから、同時に治療しなくては意味がありません。日々の生活の中でも付着する白癬菌をファンガソープEXで洗い流し、水虫の症状のあるところはファンガクリームを、爪水虫のところにはチモールリキッドを塗布しましょう。

爪水虫向けのチモールリキッドは、爪の間にも浸透しやすいよう、クリームではなく液体タイプになっています。それぞれを単品で購入することもできますが、この「爪水虫と水虫完治セット」として購入すると若干安くなるので、爪水虫だけでなく水虫もあるという人は、こちらの完治セットがおすすめです。

爪水虫は本当にしつこい。爪が生え変わるまで根気よく取り組んでいくことが必要です。「ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット」を最後までしっかり使い切れば綺麗になります。

ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット

[ファンガソープEXが爪水虫対策に良い理由]

ファンガソープEXは、白癬菌を99.9%殺菌できるティーツリーオイル配合のソープ。

白癬菌をきれいに洗い流すことができるので、白癬菌の増殖はもちろん、爪水虫の再発防止にもおすすめです。

爪水虫は完治するまでには長い年月を要するもの。

しかし、治ったと思っても白癬菌に触れればまた再発してしまいます。

せっかく治ったと思ったのに、また繰り返すなんて嫌ですよね?

ファンガソープEXは、繰り返しやすい爪水虫の再発を食い止めるという意味でも、対策グッズとしてはかなり優秀だと言えるでしょう。

[ファンガクリームが爪水虫対策に良い理由]

ファンガクリームを足全体に塗ることで、より爪水虫を治す効果が高まります。

特に爪の付け根の甘皮の部分に塗り込むことで、白癬菌の殺菌効果が高まると言えるでしょう。

ファンガクリームは水分を一切含まないクリームなので、爪のバリアの役割も果たしてくれますよ。

【爪水虫対策】

爪水虫は繰り返しやすいので、しっかりと対策をしなくてはなりません。

さらに、家族に感染させてしまうリスクもありますから、爪水虫は自分だけの問題ではないのです。

しっかりと対策をしていきましょう。

[爪水虫対策のための靴の殺菌方法]

爪水虫ができたということは、爪水虫の原因菌である白癬菌が繁殖している、ということ。

爪水虫ができるのは主に足の爪で、足が蒸れる場所といったらどこが思い浮かびますか?

恐らく多くの人が思い浮かべたのが、靴ではないでしょうか。

靴の中は蒸れやすく、白癬菌も繁殖しやすいといえます。

爪水虫対策のためには、できることなら靴は毎日交換しましょう。

靴を履いている時間を短くするのも、蒸れるのを予防するという意味では爪水虫対策として効果があります。

また、抗菌性のある中敷きを使用したり、定期的に熱湯で靴を洗うのもおすすめ。

白癬菌は60度以上になると死滅することが分かっているので、洗って乾燥させることが手軽な殺菌方法としてはおすすめです。

ただし、濡れたまま放っておくと意味がないので、洗ったあとは必ず乾かすようにしてください。

[爪水虫対策のための靴下]

爪水虫対策のためには、靴下の選び方も重要です。

普段、あなたはどんな靴下を履いていますか?

爪は対策をするのなら、靴下は通気性の良い綿で5本指のものがおすすめ。

5本指ソックスは足の指が単独で動かせるため、通常の形の靴下よりも足先が蒸れません。

5本指ソックスは初めて履くと違和感が強いですが、慣れると心地いいものです。

蒸れやすい環境は爪水虫を悪化、再発させることになりますので、靴下は5本指のものを選ぶようにしてみてください。

[爪水虫対策のための家の掃除]

爪水虫の原因菌である白癬菌は、フローリングやカーペットの上でも長時間生息することができます。

ある実験では、白癬菌はフローリングで3ヶ月も生き続けたのだとか。

特に爪水虫は悪化すると爪がかなり脆くなり、ポロポロと剥がれることも少なくありません。

この剥がれた爪にも白癬菌は付いていますので、剥がれた爪を踏むことで、また爪水虫もしくは水虫に感染してしまいます。

白癬菌を家の中からなくすために、掃除機はこまめにかけましょう。

また、白癬菌は60度以上で死滅しますから、スチームクリーナーをかけるのもおすすめ。

手で床を拭くときは、手に白癬菌が付くことも考えられますから、掃除のあとにはしっかりと手を洗ってくださいね。

もちろん、バスマットやバスタオルは毎日交換し、洗濯するのを忘れずに。

[爪水虫対策のための足の洗い方・足湯]

爪水虫対策として絶対に覚えておいてほしいのが、「洗ったら乾燥させる」ということ。

つい濡れたままや半乾きの状態で放置してしまっていませんか?

白癬菌を繁殖させないためにも、洗ったら必ず乾燥させてください。

洗うときは、白癬菌を殺菌できるファンガソープEXがおすすめです。

普通の石鹸で洗っても白癬菌を殺菌することはできないので、新たに付いた白癬菌を侵食させないためにも、ファンガソープEXなどの白癬菌を殺菌できるソープを使いましょう。

また、足湯をすることも爪水虫対策としてはおすすめです。

42度から43度くらいの、若干熱めのお湯で足湯をしましょう。

重曹を入れて行うと、より清潔を保つことができます。

ただし、バスマットやバスタオルは他の人と共有しないように気を付けましょう。

公共の場で足湯をするときも、お湯の中で白癬菌が移ることはないので安心してください。

この場合も自分用のタオルを持参し、他の人が使ったマットやタオルは使わないように心掛けることを推奨します。

【爪水虫対策でやってはいけないこと】

爪水虫対策をする上で、これだけはやってはいけない!ということをお話しします。

・足をゴシゴシ洗う
・爪切りやスリッパなどを共有する
・爪水虫だけを治そうとする

足をゴシゴシ洗っても白癬菌は殺菌できません。

むしろ皮膚が傷ついて、余計に感染しやすくなってしまいます。

そして、バスマットやバスタオルだけでなく、爪切りやスリッパを他人と共有するのもNG。

爪水虫のある人は、常に家族に移してしまうリスクがあることを忘れないでください。

そして3つ目は、爪水虫だけを治そうとすること。

水虫も患っている場合、必ず水虫の治療も同時に行ってくださいね。

【まとめ】

爪水虫について、爪水虫を天然成分で自力で治す方法について詳しくお話ししました。

爪水虫になると、治るまでには長い時間がかかります。

しかし、やっとの思いで治ったのも束の間、繰り返してしまうリスクの高いものでもあります。

爪水虫は治療だけでなく、予防も大切なのだと言えるでしょう。

天然成分を用いた方法なら、爪水虫の治療はもちろん爪水虫の再発予防にも効果的。

副作用もありませんので、安心して使うことができますよね。

爪水虫で悩んでいるのなら、天然成分で殺菌、そして予防をしていくことをおすすめします。

ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)