ズワイガニは、そのまま食べるのが美味しいです。

お正月近くになると、急にカニのセールがふえませんか?上野のアメ横でもカニのセールをやってますし、通販サイトでもトップページにカニ特集が出てくる事があります。
しかしカニを買うと、大漁にあるカニの身をどうやって食べるか悩みます。そういう時は、シンプルに茹でて食べるか、焼いて食べるのが一番のオススメです。なぜなら、ズワイガニはカニの甘さや柔らかさがよく表れているカニだからです。サラダに混ぜたり、カニの混ぜご飯にしたりするのも美味しいんですが、カニの美味しさが十分に伝わってきません。カニはめでたい食材ですし、高級な食材でもあります。それをサラダやご飯でチョイ役にしてしまうのはかわいそうです。なのでズワイガニはシンプルに食べます。
ズワイガニを焼いたら、レモン汁を垂らす方法もあります。焼き方はできれば炭火焼きがいいです。そうすると、ズワイガニの甘みがよく分かります。また、ズワイガニの甘みとレモンの酸味がよくマッチングします。
もしズワイガニを茹でるならば、なにもつけずに食べます。マヨネーズをつけるのは禁止です。マヨネーズは食材の味を殺してしまうので、マヨネーズと一緒に食べられるカニが可愛そうです。なので、シンプルにそのまま食べましょう。