キャッシングで消費者金融は総量規制対象としているのですが、銀行フリーローンはなぜ総量規制対象外としているのですか?

総量規制は全てのフリーローンが対象としているわけではなく、銀行系のフリーローンに関しては総量規制対象外になります。
総量規制が出来た大きな原因としているのが、借り過ぎをしてしまい支払いができなくなってしまった人が増えてしまったからです。
なので知られている理由が、借り過ぎの防止をするためになります。
実はその他にも理由があって、消費者金融などで貸し過ぎをさせないためになります。
今は違ってきていますが、規制ができた時は借りる人も問題がありましたが貸す会社にも大きな問題がありました。
返済トラブルがない人はどんどんと貸すという会社が非常に多く、貸す側が制御をしていなかったからこそ問題がとても大きくなりました。
そのため貸す側にもそれなりの対処をしなければいけないので総量規制を作りグレーゾーンが廃止されています。
ただ銀行の場合は、かなり制御をして貸していたのでそこまで法律で規制しなくても大丈夫だと判断できるため対象外としています。
そしてもう一つ理由としているのが、借りる人がかなり困ってしまうケースが出てきてしまうからです。
総量規制で全てのフリーローンが制御されてしまうと、目的別ローンに当てはまらない目的の場合必要としている金額が借りられない場合が増えてしまいます。
これでは違う部分でトラブルになるため、フリーローンでも総量規制以上に借りられるようにするため比較的安全な銀行系はOKにしています。
これらの理由で全てのフリーローンが対象としているわけではありませんので覚えておきましょう。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。