東京湾花火大会

今年も、東京湾花火大会の季節が近づいてきましたね!
毎年、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
東京湾花火大会は、東京を代表する花火大会の1つでもあり、毎年12000発もの花火が打ち上げられる大規模な花火大会です。
そんな東京湾花火大会の日程は、毎年8月の第2土曜日に開催されるのが恒例になっていますが、2014年は8月10日の日曜日に開催されることが決まっています。
8月の第2土曜日が9日の場合は、翌日になるのが恒例になっているみたいで、今年は日曜日の開催を予定しているそうです。
日程を間違わないように注意しましょう。
東京湾花火大会が開催される時間は、
18:50〜20:10を予定しているそうです。
東京湾花火大会は、東京湾を囲むさまざまな場所から花火を楽しむことができるんです!
事前に用意されている観覧席の他にも、レストラン、屋形船やディナークルーズ、ホテルなど色々な場所から花火を堪能できますが、とても人気がある花火大会なので、すぐに花火の見れるスポットの予約は埋まってしまうそうです。
もう2014年の予約も受付が開始されていますので、早めに予約をしましょう。
毎年、ディナークルーズと屋形船は人気が高く、予約もすぐ埋まってしまうみたいなので、ディナークルーズや屋形船を検討中の方は、早めに予約をした方がいいかもしれません。
旅行会社でも、東京湾花火大会のプランを沢山提供しているので、それに予約するのもオススメです。
東京湾花火大会の有料の会場のチケットは、チケットぴあで入手できます。
東京湾花火大会2014のチケットは、6月中旬から受付しているそうです。
有料の会場は、ほっとプラザ晴海会場、日の出会場、豊洲第1会場の3ヶ所です。
最も人気が高く、すぐにチケットが売り切れるのが、ほっとプラザ晴海会場です。
打ち上げ場所から1番近くて迫力のある花火が楽しめます!
値段は7000円です。
日の出会場は、会場が横に広く、目の前に障害物がないので、水面から打ち上げられる花火をしっかり楽しむことができます!
値段は7000円です。
豊洲第1会場は、打ち上げ場所から少し離れますが、広々した会場なので、ゆったり花火が観賞できます!
値段は5000円です。
東京湾花火大会を人混みが苦手だから見に行くのを躊躇している。という方は、屋形船から花火を見るのがオススメですよ!
屋形船は、人の混雑もありませんし、ゆっくり食事をしながら迫力満点の花火を堪能することができます。
屋形船には、貸切船と乗合船があります。
乗合船は、だいたい2名から予約ができます。
もう2014年の予約は受付を開始しています。
乗合船は、とても人気があるので早めに予約して下さい。
初めて屋形船の予約をする方は、どの屋形船がいいのか分からない方が多いと思いますので、屋形船の総合サイトから予約するのが簡単でオススメです。
いつもと違った花火の楽しみ方ができるので、カップルなどに屋形船はオススメですよ!
東京湾花火大会では、屋形船の他にも、大型の豪華な船で花火を楽しむ花火ディナークルーズもオススメです。
屋形船やホテルなどに比べると少々お高めではありますが、東京湾花火大会の夜を特別なな思い出にしたい方には、最高なプランだと思います。
2014年の花火ディナークルーズの予約は、もう開始されていて、人気の船は既に予約が埋まってしまったものあるので、いつもと違う花火の楽しみ方をしたいと思っている方は、早めに予約をしましょう。
特に花火ディナークルーズは、カップルにオススメです。
豪華な船で、素晴らしい食事と花火を楽しむことができるので、カップルにとっては最高にロマンチックで素敵な思い出になること間違いなしですよ!
東京湾花火大会を会場以外で、ゆっくり見たい方は、ホテルだと誰にも邪魔されず見ることができます。
ホテルでは、東京湾花火大会のためのプランを提供しているところがいくつもありますので、少し紹介したいと思います。
ホテル日航東京は、東京湾が一望できます。
ホテルグランパシフィックLE DAIBAも、東京湾を一望できます。
ホテルマリナーズコート東京は、花火大会の会場からも近いので、迫力満点の花火を楽しめます。
他にも、様々なホテルが花火大会のプランを用意しています。
2014年の予約は、もう始まっているところもあります。どこも人気のホテルなので、早めに、ホテルのプランの詳細をチェックして、予約することをオススメします。
2014年の東京湾花火大会の打ち上げ場所は、毎年打ち上げられる場所と同じです。
晴海ふ頭公園から打ち上げられます。
晴海主会場の目の前で、花火が打ち上げられるので、晴海主会場で花火を見るのは迫力満点で、とても見ごたえがありますよ!
他にも、打ち上げ場所を中心にしたさまざまな場所で花火を楽しむことができます。
沢山の人達が、打ち上げ場所を中心に集まりますので、どこもとても混雑します。
東京湾花火大会の当日は、周辺の道路もあちこちで交通規制がかかりますので、車で会場まで向かう予定の方は、注意しましょう。
電車やバスなどで会場に向かう予定の方も、混雑が予想されますので、早めに行動したほうがよろしいかと思います。
2014年の東京湾花火大会の観覧席は、無料の観覧席と有料の観覧席に別れています。
無料の観覧席は晴海主会場、晴海第二会場、豊海運動公園会場です。
晴海主会場と晴海第二会場は、抽選なので、中央区の東京湾花火大会サイトから応募できます。
豊海運動公園会場は、誰でも入場できますが、場所取り合戦が激しいので、朝早く、又は午前中には行かないと良い場所で見ることはできません。
有料の観覧席は、晴海個人協賛会場、日の出会場、豊洲第1会場です。
こちらは、チケットぴあで購入できます。
他にも、ららぽーと豊洲では、当日に中庭を無料で開放しているので、そこで花火を楽しむこともできます。
また、アクアシティお台場も当日にチケットを配って、全席指定で無料で屋上から花火を楽しむことができます。