あがり症の克服に大事なマイナス思考は比較すること

  • 2014年7月30日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

ポジティブ思考のようにになるには偏りがあるネガティブ思考をチェンジさせるのが重要であるといえます。

褒められないような考え方である人たちに共通するいただけないクセで特有的なのは周りの人か他の人などを比べて「自分は不幸だ…」というような人とは違う考え抱いてしまうということのさ。

一例を挙げてみると、友人の結婚する話ことを伝えられたら友人のどう思った?口では「結婚オメデトウ!」と友達の幸せをお祝いいても心では「おめでたいけど俺側には彼氏すら身近にいないしずっと一人なのかなと思うと不安だ…」なんてこういった悩ましい気持ちなどなど心に持ったりした経験はないでしょうか。

こちらが人とは違う思考になるのでこの見合わせて悪い方に考えたり捉えたりすることを改善するとポジティブ思考をすることができる人間になるであろう。

本来としては比べるものではなく区別みることが肝心です。

自分には自分自身の立派なところがあり相手には相手の立派なところがあり比較しようがない個性があるがあるということを100パーセントの納得をする大事なことなのです。

ポジティブ思考も暗い考えなどがありますが実は「常用癖」で決まります。

楽観的な思考が癖になっている方はどんなことでも良い方に考えてマイナス思考が癖になっている場合はダメな方に考えるようなシステムが生まれるのです。

もしも友人が結婚するといったり、仕事で昇進した場合は「どうして私は友達みたいに幸せになれないんだろう…」と思うことをやめて「友達も出来たんだから私にも出来るはず」という気持ちや見解を増やすのを慣れさせていき、自分のものにしていけばポジティブ思考が手に入ります。

他人の幸せと自分の幸運、どっちが幸か不幸かなんて考えてみるとキリがありません。

幸せになる為のプラス思考の人は果報感を人と天秤に掛けません。

今が一番幸せ。

「自分は自分、人は人」そんな気持ちがあれば大丈夫!今後は他人と明確に区別して比べるのをやめて各々が「素晴らしい個性」を秘めている事実を受け入れてお互いを尊敬いこーよ!そういうことで幸せになる為のプラス思考のように素晴らしい思考になることができるでしょう!

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。