発売してまもないカルピスゼリー67万個超が、容器に発生したカ

発売してまもないカルピスゼリー67万個超が、容器に発生したカビの為自主回収される見込みというニュースを見た。
月初めにスーパーで見かけたばかり。一個140円とお値段高めでその時は買わなかったが、たらみのゼリーよりずっしり入っており(200g)、一度食べてみたかったので残念だ。

食品のカビ発生という事で、昔弁当工場に勤めていた時の事を思い出した。
6〜9月はワサオーロという防カビシートを製品に乗せてパック詰めした。機器のスイッチは必ず殺菌水で拭き取り、手指細菌培養検査も隔月で受けた。結果は掲示され、取引先が改善視察に来た。
地方の小さな工場でもこの時期は食中毒対策に神経を尖らせていたものだった。

ニュースによると、マルハニチロ工場製のみ回収との事。
マルハニチロと聞いて思い出すのは、農薬事件のアクリフーズ。
異物混入等を許し易い体質の企業だとしたらとても残念だ。
名の通った会社なのだから、衛生管理のしっかりした企業に生まれ変わってもらいたい。
冷食フライを弁当用にリピ買いしている身として、切実にそう思う。

店頭に並ばないと思うと無性に食べたくなり、いっそカルピスゼリーを自分で作ろう!と思い立った。
ネット上のレシピに従い、カルピス本体150cc・お湯100cc・粉ゼラチン15gをボウルで撹拌。粗熱を取り、カップに分けて1時間位冷やした。
味は薄めで舌触りが固いものの、なかなか美味しかった。
次は果物缶を加えて少し贅沢してみよう。
カルピスといえばお中元の定番、かき氷にかけても楽しめる夏の風物詩。
今年の夏は、カルピスゼリーを手作りして楽しもうと思う。

[PR] 日本一売れているバストアップDVD
いつでも、どこでも、片手間バストアップ!
「2分26秒」の秘密を公開!ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』