あがり症の克服に大事なプラス思考トレーニングで比較するクセを治すことも大事!

  • 2014年7月17日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考ってどう思いますか?人生においても恋愛においても大事だと思います。

ポジティブシンキングのような考え方になるには偏りのある褒められないような考え方といったことをチェンジさせるようにすることが大切なことなのです。

ネガティブな思考な方がよくしてしまう好ましくない慣れていることなどで目につくことは有名な人と自分と見比べ「世の中不公平だ」とあまり受け入れてもらえない考え抱いてしまう日々を暮らすこと。

例として友人が結婚を決めたということを伝えられたらあなたはどのように感じますか。

言葉では「お祝いしなきゃ!」とお祝いしていても、心の奥では「お祝いしたいけど私自身には彼氏さえいないから将来、結婚できるのかどうか病む」などというように、こう心配といったことを抱えたりしてる?こんな考え方が暗い考えなので、こんな比較し歪んで思ってしまったりとなどを知らんぷりして明るい考え方を持てるようになっていくのです。

実際は人と比べるものではなく人と分けて考えることが大切です。

自分には自分のいいところがあり相手には相手の素晴らしさがあり比較できないいいところということを100パーセントの納得をすることが重要です。

楽観的な思考もしくはマイナスな思考も、とどのつまり「慣れていること」だったのです。

前向きの姿勢が決まってしまっている人は何でも前向きに考えて消極的な思考慣れてしまっている人よろしくない方に捉えるようなシステムが完成してしまっているのです。

一例を挙げてみると、友達の結婚が決まったり、役職に就いた場合は「私は友達と違ってダメだなぁ…」と比べるのではなく、「私だって友達のようになれる」という考え方や気持ちを増やすのを癖にしていき、それが定着したら幸せになる為のプラス思考になっていきます。

他人の幸せとこっちの幸せ、どっちが幸運か不幸か比べてみても尽きることがありません。

プラス思考の人は喜ばしい気持ちを人と比べることはしません。

ありのままで幸せ。

「自分と他人は違う」そんな気持ちを抱いていればいいのだ。

今からは自分と他人の考えを分けて比べることをやめて、おのおのが「磨けば光る個性」なんだとファクトを把握して周りの人を尊敬してしてはどうですか。

そうすることで物事を前向きに考えるプラス思考で取り組めるようになっていけるのです。
あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。