あがり症の克服に大事なプラス思考トレーニングで比較するクセを治すことも大事!

  • 2014年7月16日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考は私にとってすごく大事です。

前向きの姿勢といったなろうと思うには偏っているネガティブ思考などをいい方向に向ける行為が意味あるなんです。

ネガティブな思考のような場合に共通する嫌な当たり前になってしまったと際立つことはテレビの中の人と比較してみて「幸せがほしい」というようなマイナス思考な考えしてしまうことなのです。

もしもの話をしよう友人が結婚するといったことがわかったら友人のいかがですか?笑顔を浮かべ「いいなあ!」と喜ばしくした言葉を送っても心の奥では「幸せになって欲しいけど俺側には彼なんて居もしないから結婚出来るかどうか怖い…」などといったこのような不安な心などを心に持ったりしてるのではないでしょうか。

こんな考え方が後ろ向きな思考なので、こういう比較し嫌なほうに考えるすることのを終わりにして楽観的な思考になっていきます。

本来としては照らし合わせるものではなく区別が大事なことです。

私には私の素晴らしさがあり相手には相手自身のいいところ比べようのない人格があるといういう考え方をちゃんと認識する大事である。

ポジティブシンキングも暗い考えなどは実際のところ「クセ」です。

プラス思考クセになっている人はどんなことでも楽観的に捉えて、ネガティブな思考癖になっている場合は歪んで理解するような体系が出来上がるのだ。

例として友達の結婚が決まったり、会社で昇進した場合は「私は何もできない」と思うことをやめて「なら私も頑張るぞ!」という気持ちや解釈を膨らませて慣れさせていき、定着するようにすればプラス思考になっていきます。

自分以外の幸せと私自身の幸せ、どちらが良いか悪いかなんて考えていたらキリがありません。

前向きな考えの人は自分の幸せを人と比べることはしません。

今幸せだなあ。

「私は私、他人は他人」そういった気持ちがあれば大丈夫です。

この先からは区別して比較をせずに各自が「素晴らしい可能性」なのだというファクトを呑み込んで尊重してみてはいかがですか。

それならば明るい思考になることができるでしょう!

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。