マイナス思考は比較すること

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

本日はプラス思考について参考までに読んでみてください。

楽観的な思考という素晴らしい考え方そのようにするには少し傾いた暗い考えなんかを変化させる行動力が大切である異常な思考な私たちのよくする悪い習慣と目につくことは他の人もしくは自分自身と比較して「自分は不幸だ…」などと後ろ向きな考えをを持ちながらことことなのです。

一例をあげると周りの人が結婚する連絡をしてきたとき君はどのように感じますか。

言葉としてもメッセージでは「いい報告を聞けて嬉しい」喜んで振る舞っていても本当の気持ちは「祝うべきことだけどあたしには彼がいないもんで婚姻関係を結べるかどか悩んでいる…」というようなこれらの落ち込んだ気持ちみたいなもの心で感じたりしていませんか。

これがマイナス思考はよくないのでこういった天秤にかけて好ましくないほうに進んでいってしまったりするいうのを改善すると幸せになる為のプラス思考を持てるようになるのである。

本当なら他人と比較するものではなく分けて考えられる思考が大切である。

本人には本人の褒められるところ他人には他人の強みがあり素敵な個性という事実と完全に納得することがことができるようになる必要があります。

明るい思考なんかやマイナスな思考はいずれにしても「決まり」である。

プラス思考が癖になっている場合はなんでもすべて良い方に考えてマイナスな思考がクセになっている場合はよろしくない方に捉えるような思考の組立が出来上がってしまっているのです。

仮に友達の結婚を知ったり、会社で昇進した場合は「私は友達と違ってダメだなぁ…」と考えたりするのではなく、「出来ることから始めよう!」いう考えや読み取りを多くして決めていき、自分自身のものにしていけばポジティブ思考になっていきます。

相手の幸せと自分自身の幸福、どちらが良いか悪いかなどといったことは永遠にキリがありません。

ポジティブ思考の人は幸せと感じることを人と比べて測ったりしません。

幸せってこのことだな。

「私は人とは違う」そんな気持ちを抱いていれば大丈夫です。

これからとしては自分と他人を同じにせず比べることをやめて、自分自身が「ハイポテンシャルの個性」があるいうことを把握してお互い尊敬していこーよ!そうすることで楽観的な思考で人生も前向きになることができるでしょう!プラス思考は比較しない思考